表情がかたいと言われた時どうすれば良いの?まずはリラックスして笑顔を出そう

最終更新日:2016年6月14日

誰かに表情がかたいと言われてしまったら、思わずどぎまぎしてしまいます。

無理やり笑顔を作った方がいいのか、それとも「そんなことないですよ~」などと言ってごまかしてしまおうか、慌ててしまうかもしれません。

どうすればいいのと考え込んでしまうかもしれません。

表情がかたいと言われた時の対処法を知って、上手に切り抜けていきましょう。

1.無理やり笑顔を作って見せる

表情がかたいと言われた時の対処法に、無理やりにでも笑顔を作って見せるという方法があります。

無理にでも笑顔を見せれば、その努力をきっと相手は認めてくれるでしょう。

表情がかたいと言われたら、そっとほっぺたを挟んで上に持ち上げて見せましょう。

口角が上がって笑ったような顔になります。

また「え~、そうですか、すみません」なんて言いながら、微笑んで見せるのもいいですね。

その笑顔は無理やり作ったものかもしれませんが、それでも笑顔を見せようとするあなたの気持ちが、相手にきっと伝わるはずです。

一生懸命な笑顔は、たとえぎこちなくてもキレイなはずです。

表情がかたいと言われて、すぐにキレイな笑顔を作ることが出来る人は少ないはずです。

でも、頑張って精一杯笑おうとするあなたの笑顔は、きっと相手にとって見ていて気持ちがいい笑顔となるでしょう。


2.「実は緊張してしまって」と話してみる

もし表情がかたいと言われてしまったら、その時の対処法に「実は緊張してしまって」と素直に話してみるというのがあります。

そうすれば、きっと相手もあなた表情がかたくなっているのを分かってくれるでしょう。

これから気が重い会議があったり、気難しいクライアントに会うような場合、どうしてもリラックスできずに緊張してしまいます。

いくら考えないようにしていても、そういう気持ちは顔に出てしまいます。

それを無理にほぐそうと思っても、難しいこともあります。

正直に今の気持ちを素直に伝えてみれば、無理に笑ったりすることを求められなくなります。

誰だって気持ちがしんどい時には、表情がかたくなってしまうこともあります。

自分の気持ちを伝えれば、相手の理解も得やすくなります。

3.深呼吸してリラックスする

表情がかたいと言われた時の対処法として、深呼吸してリラックスするという方法があります。

表情がかたいのは、どこか緊張しているからです。

思いっきり息を吸って吐いて、リラックスするようにしてみましょう。

表情がかたいという時は、きっと顔だけでなく全身に力が入っていたりして、不自然な状態です。

できるだけ身体の状態をニュートラルに戻してあげましょう。

深呼吸することは、顔も身体も良い意味で弛緩させます。

かたまっていた表情筋が和らいで、自然と微笑むことができるでしょう。

また、深呼吸は気持ちを楽にする上でもとても効果的です。

「表情がかたい」なんて言われたら、びっくりしてしまいますし、何だか相手に悪いような気がして、気持ちが縮こまってしまいます。

そういう気持ちを楽にしてあげるために、深くゆっくりと深呼吸をしてみましょう。

きっと心も顔も、そして体もうまくリラックスできるはずです。

そうすれば、自然な笑顔をすることができるでしょう。


4.あまり気にしないようにしつつ家で笑顔の練習をする

表情がかたいと言われた時、あまりその言葉を気にしてしまうと、かえってがちがちになってしまって、ますます笑えなくなってしまいます。

そういう時の対処法は「あまり気にしない」ことです。

一言「すみません」と謝って、あとはその言葉にとらわれないようにしましょう。

一言「すみません」という時は、そのセリフがひねくれたりふてくされた印象を与えないように気を付けましょう。

「表情がかたいと言われて怒ってしまったかな」と、相手に誤解された困ります。

また、気にしないでいることがリラックスすることにつながりますが、家に帰った後は、鏡の前で笑顔の練習をしてみましょう。

もしかしたら、自分でも知らないうちに、いつも無表情でいるのが癖になっているかもしれません。

そういう表情を和らげて笑顔が出やすくなるように、笑顔の練習をしてみたり、顔のマッサージをしてみるのもいい方法です。

表情がかたいと言われたら、それをきっかけにもっと素敵な笑顔ができる女性を目指しましょう。

今日はそう言われても、また明日や明後日、一週間後にキレイな笑顔を作ることができれば、かえって素敵な女性になれるはずです。

あまり気にしすぎないで、笑顔の練習を家でトライしてみましょう。

表情がかたい時にはリラックスをしよう

表情がかたいと言われた時、その言葉にびっくりしてしまって、かえって顔が固まってしまうこともあるはずです。

そういう時は、どぎまぎせずにともかくリラックスするようにしましょう。

そうすれば、自然と顔の表情もゆるんで、かたくなってしまった顔も笑うことができるでしょう。

相手も悪気があって言っているわけではありません。

あなたへのアドバイスと思って、素敵な笑顔を作るきっかけにしてみましょう。