警察官の彼氏と上手に付き合う方法6つ

最終更新日:2015年10月14日

みなさんの付き合っている彼氏はどんな職業についていますか?

営業職や内勤などが一般的ですが、特殊な職業の方もいますよね。

特殊な職業についていると、勤務形態も普通とは違うので付き合っていく上で把握しておかなければいけません。

今回は警察官の彼氏と上手に付き合うためのポイントをご紹介します。

1.自分も正しくいなければいけない

警察官が彼氏であると、自分が粗相などするわけにはいきません。

警察官は街を守る、悪い事などを取り締まる職業。

その付き合っている相手が粗相をしては彼氏の立場がなくなってしまいます。

事によっては転勤など大事にもなりかねません。

警察官の彼女になったからには、そういう点を頭に常においていれば、普通の振る舞いができるでしょう。

また警察官でも交番勤務なのか本署などに勤務なのかでも形態などは変わります。

いずれにしても彼氏の身近な人の振る舞いは少なからず仕事に影響しますので気を付けましょう。


2.相手のシフトに合わせる

交番勤務、本署などの勤務にしても警察官という職業はシフトを組まれている場合があります。

休みも交代制なのでその彼氏のシフトに合わせてデートなど約束をする事になります。

長期休暇もありますが、世間の連休などとはかぶらない場合もあります。

それは警察署などは365日24時間稼動しているところですので、誰かが絶対に待機していなければならないからです。

どんな方でも休みは必要です。

みんなまとめて休むわけにはいかず、ずらして交代で休みを取るという事になります。

そういった点でも時々寂しく思う部分も出てきますが、全く休みが取れないわけではないので、自分が彼氏に合わせるのが基本と思い、譲歩しましょう。

3.急な出勤も常に頭においておく

休みであっても急に呼び出される事があり得る仕事の1つですので、デートしていても気が気でないですが、仕方ない部分はあります。

勤務地が都会であればあるほど、毎日色々な事が起こります。

人手が足りなければかり出される事もあるでしょう。

しかし、彼氏や他の警察官のおかげで、街のどこかの人が今この瞬間に助けられたなどと思うと、とがめる気持ちではなくむしろそんな彼氏と付き合っているのが嬉しく誇らしく思えてきます。

休みがつぶれてしまうのは寂しい事ですが、毎度の事ではないと思うので、そういう時はおおらかな気持ちで送り出してあげましょう。


4.支える側になる

警察官という職業についていると、ストレスなどもたまりやすいでしょう。

色々な人、初対面の人を相手に毎日対応におわれているでしょう。

また、警察官は頼られる側なので市民を影ながらでも支えていなくてはいけません。

ですので、彼女としてはそんな彼氏を支えてあげる存在でなくてはいけません。

なるべく負担を増やさぬように、自分1人でも大丈夫だというくらいの強さを持つと良いでしょう。

そして、会う時は笑顔を絶さず優しくしてあげましょう。

彼女が唯一気の抜ける場所としていてあげる事で、警察官としての仕事もはかどると思いますよ。

5.仕事については詮索しない

警察官という職業につくと色々な現場や出来事などの情報が彼氏の中にはインプットされています。

しかし、職場以外への口外は禁止です。

今の時代は個人情報も簡単に漏洩されてしまう世の中。

警察官はそれも取り締まる役目があります。

ですので、地域で起きた事や彼氏の管轄内での出来事について興味はあっても聞く事はやめましょう。

言わないからといってあれこれ詮索したり責め立てたりするのも間違っています。

守秘義務ですので彼氏は当然の事をしているまでのことです。

それを聞き出そうとする方が間違いと言えます。

会う時は、仕事の事など忘れて彼氏もゆっくり彼女と楽しく過ごしたいはずです。

仕事に関係ない会話で楽しく過ごしましょう。


6.警戒心も必要

警察官にも部署によっては危険と隣り合わせ。

彼氏も危険にさらされる事もありますが、その彼氏の身近な人にも危険が及ぶ可能性もあります。

ですので、常に警戒心を持っている事が大事です。

警察官と付き合っているという事が他に知れるのもあまりよくありません。

それにつけ入ってくる人などもいますので充分注意しましょう。

いかがでしたか?警察官の彼氏と上手に付き合うためのポイントはまず、自分の日頃の振る舞いなどに気を付ける事。

そして警戒心を常に持っておく事。

また職業柄、満足に楽しめなかったり2人の時間や休みが削られる事もありますが、それでも快くおおらかな気持ちでいる事が大事です。

警察官の彼氏を支えよう

警察官は街のヒーロー。

毎日誰かのお役にたっている職業です。

そんな彼氏を誇らしく思い、優しくしてあげましょう。

そして自分が彼氏の支えになってあげましょう。

支えになって安らげる居場所になってあげる事です。

そうすれば、特殊な勤務形態であっても上手に付き合っていく事ができるでしょう。