恋が辛い理由とは。なぜ恋をすると辛くなるのか

最終更新日:2017年2月23日

恋愛は、片思いでも両思いでも本来はドキドキワクワクしてとても楽しいものです。

ですが、ふと相手の気持ちが見えなくなったりして辛くなる時があります。

ここでは、恋をすると辛くなる理由についてご紹介します。

1.片思い中の場合、相手の気持ちや本音がわからないから不安になる

恋をすると辛くなる一番の理由、それはこの相手の気持ちや本音がわからないという事です。

自分はこんなに相手の事を好きなのに、相手はどうか分からないので不安で辛くなってしまいます。

片思いの場合は、やはり今よりも距離を少しでも縮めるようにする事がこの不安を消すための一番の対処法です。

まず、片思い中の人に自分への脈があるかどうかを探りましょう。

脈があるかどうか一番分かりやすいのがアイコンタクトです。

人を好きになったら、気になって仕方ないのでいつの間にか自然とその人の事を見てしまうものです。

ですので、一日にかなりアイコンタクトがあったら、それは相手も自分の事を気にしているという事です。

また、飲み会等の集まりでいつもさり気なく自分のそばにいる場合もかなり脈ありです。

何故なら、パーソナルスペースに入る事を許しているからです。

脈ありの場合は、思い切ってメール等を自分から少しずつしてみましょう。

そして二人きりで食事に誘ってみたり、共通の友達がいるなら一緒に遊びにいく計画を立てて少しずつ仲良くなるようにしましょう。

少しずつ仲良くなる事で相手の気持ちが分かるようになるので、辛いという気持ちは消え、恋愛がとても楽しくなります。

脈が無い場合は、まず自分の事を認識してもらう事から始めましょう。

職場の場合は、仕事をもっと頑張って周りから評価してもらうのも相手に認識してもらう有効的な方法です。

認識してもらうためにはやはり自分から積極的に動く事が大切です。

片思いの場合、フラれたら怖いと思ってしまいがちですが、認識してもらわない事には両思いになるのは不可能です。

ですので、アイコンタクトをしてみたりと少しずつ自分から両思いになるために行動しましょう。

そして相手の気持ちや本音を少しずつ読み取りながら両思いを目指しましょう。

人生は一度しかありません。

あの時告白していたらよかったと後悔するより、アプローチや告白をして少しでも両思いになるチャンスを増やしましょう。

2.両思いだけど、相手が自分を好きか分からなくなるから辛い

両思いの場合でも、相手の反応がクールな場合、相手が自分を本当に好きなのかどうか分からなくなる事は多いです。

両思いで付き合っているばずなのに、本当に相手が自分を好きかどうか本心がイマイチ分からないので恋愛が辛くなってしまいます。

相手の反応がクールな場合は、自分と一緒にいる時間やメールがすぐに返ってくるかどうかで彼の本心を知る事ができます。

いつも一緒にいてくれたり、メール等の返信が速い場合は、クールに見えて実は彼女の事を大好きです。

この場合、彼は本心を彼女に見せるのが恥ずかしかったり、自分の感情を表に出すのが苦手な事が多いです。

ですので、さり気ない彼の優しさを自分が理解してあげましょう。

そうする事で恋愛が辛くなくなります。

また、彼がとても優しくて自分を優先しすぎる場合もそれはそれで自分が相手に対して何もできていないような気がして辛くなるものです。

こういう場合はその気持ちを素直に彼に伝え、お互い支え合う関係になるようにしましょう。

3.彼との仲が上手くいかなくて辛い

恋愛をしていて辛い理由で案外多いのが、付き合っている彼との仲がなかなか上手くいかなくてすれ違いが多くなり、結果辛くなってしまうという事です。

大好きな彼と両思いになって、理想の恋愛が始まるかと思いきや、実際は彼と価値観や考えが違っていたりして言い争いが多くなり自分が彼を本当に好きなのか分からなくなってしまったというケースはよくある事です。

好きだったはずの彼をむしろ嫌いになり始めている、でもやっぱり好きと自分の心が分からなくなってしまうので恋愛が辛くなってしまったという方はとても多いです。

こういう場合、いくつかの対処法があります。

まずは彼と一旦距離を置く方法です。

自分が辛いという事は、彼もきっと辛いはずです。

ですので、距離を置く事で相手への気持ちをお互い冷静に考える事が必要になります。

しばらく一人きりですごしてみる事で自分の相手への気持ちがよりハッキリと分かるようになります。

離れてみて好きだと分かった時、今度はお互いもっと素直に仲良くなる事ができるでしょう。

二人でじっくり時間をかけて話し合いをするのもいい対処法です。

自分の気持ちを素直に話し、相手の気持ちを冷静に聞く事ですれ違いを無くし、価値観や考えの違いを理解する事ができます。

ただし、これは、お互いが冷静になっている時に限ります。

どちらかが感情的になっている場合言い争いになる可能性があるからです。

恋が辛い理由を知ろう

恋をすると辛くなる理由についてご紹介しました。

恋は人生を彩るとても素敵な事です。

素敵な恋をするとこれ以上無い幸せを感じる事ができます。

ですが、そんな恋は同時に辛さもあります。

夢中になっているからこそ辛く、苦しいのです。

そして、辛いままだと恋愛そのものがいつか苦痛になってしまいます。

ですので、苦痛になる前に対処をしましょう。

そうする事で辛さはいつの間にか消え、恋愛はやっぱり素敵だと思う事ができます。