恋人の身内に不幸があったらどうすれば良い?

最終更新日:2017年1月26日

恋人の身内が亡くなってしまった時、恋人としてどう対応して良いのか迷ってしまいますよね。

恋人の家族を知らなくても、あなたは恋人にとって大切な存在です。

自分にできることをし、恋人を支えてあげましょう。

1.彼に優しい言葉をかける

恋人の身内が亡くなってしまった時には、彼に優しい言葉をかけてあげると良いでしょう。

彼との付き合いが短くても、婚約中など長い付き合いでも、まずは優しい言葉をかけてあげましょう。

彼にメールで連絡をもらったら、心配で電話をしてしまいたくなりますが、彼が忙しいことも考えて、メールで返事をしましょう。

そして「大丈夫?」「悲しいと思うけれど、元気出してね」「体に気を付けてね」などの言葉をかけましょう。

恋人にとってはあなたからの優しい言葉によって、辛くて悲しい時を乗り越えることができるものです。

間違っても、死因を聞くなど、失礼な態度は取らないように気を付けましょう。

2.お通夜や告別式に参列させてもらう

恋人の身内が亡くなってしまった時には、お通夜や告別式に参加させてもらいましょう。

付き合いが短い場合は、彼がお通夜や告別式が終わり、落ち着いたことに身内の死を報告してくることもあります。

けれど身内が亡くなってすぐに連絡が来た場合には、お通夜や告別式に参加しましょう。

もちろん彼女としての立場を考え、普通の参列者として参加するのが無難です。

家族ぐるみの付き合いがあった場合は、あなたの両親や兄弟にも参加してもらうと良いでしょう。

あなたがお通夜や告別式に参加することで、彼の家族のことを大切に思っているということを間接的に伝えることができるはずです。

3.手伝えることがあるか尋ねる

恋人の身内が亡くなった時には、何か自分に手伝えることがあるか尋ねると良いでしょう。

とくに彼の家族が皆高齢であったり、極端に身内の数が少なかったりすると、彼は忙しくお葬式などの手配や身の回りのことをしなければいけません。

必ず「そっちに行って手伝おうか」と聞きましょう。

彼が手伝いを断ることがほとんどだと思いますが、社交辞令として聞くことが大切です。

もし彼が手伝ってほしいと言ってきたら、彼の家族と一緒になってお葬式の準備などをしましょう。

彼のところに行って、しゃべっていたり、手持無沙汰でウロウロしていたりすると迷惑になってしまうので、家族の一員として積極的に動くと、彼も彼の家族も助かるはずです。

4.連絡が普段通りに取れなくてもそっとしておく

恋人の身内に不幸があった時には、彼との連絡が普段通りに取れなくてもそっとしておくと良いでしょう。

普段は1日に何度も連絡しあっているカップルでも、そこは我慢する必要があります。

連絡が彼から来ない時には、単純に彼がとても忙しくしているか、身内の死を悲しみ、連絡を取る気分ではない、ということが考えられます。

また恋人が自分の家族との時間を静かに過ごしたい、と思っているのかもしれません。

あなたから「大丈夫?心配だから早く連絡して」などと要求してしまうと、彼の負担になりかねません。

数週間連絡がなかったとしても、彼が落ち着くまでは辛抱強く連絡が来るのを待つと、彼にとっては一番ありがたいことです。

5.そばにいてあげる

恋人の身内に不幸があった時、数日は彼が忙しくしているかもしれませんが、少し落ち着いてきたら、彼のそばにいてあげると良いでしょう。

とくに身内が亡くなった場合、悲しみの大きさは非常に大きく、誰かにそばにいてほしい、一人でいたくない、と思うものです。

ただ男性はそんな気持ちを周りに伝えることができず、一人で悲しみ、苦しむこともあります。

そうならないように、彼女であるあなたがそばにいてあげるのです。

友人との食事会や飲み会は少し普段より早めに切り上げたり、休日の予定を空けておいたりして、彼のそばにいられるように準備しておきましょう。

もちろん彼に「しばらく一人でいたい」と言われたらその通りにしておくことが大切です。

6.家事をやってあげる

恋人の身内が亡くなると、彼はお葬式の準備などで忙しくなったり、精神的なショックで料理などの家事ができなくなってしまったりします。

そんな時には、彼女であるあなたが家事をやってあげると良いでしょう。

とくに忙しく、精神的に落ち込んでいる時には、食事内容に気を配れないものです。

健康的で風邪予防になる野菜たっぷりの料理を作ってあげると良いでしょう。

また洗濯や掃除なども積極的にやってあげると彼の負担が軽減されるはずです。

もちろん彼の許可なく、家におしかけて無理やり家事をしてあげるのは、逆に迷惑になるのでやめましょう。

恋人の身内に不幸があったらまずは優しい言葉を

恋人の身内に不幸があった時は、まず彼に優しい言葉をかけるようにしましょう。

またお通夜や告別式に参列し、手伝えることがあるか聞いてみると良いでしょう。

他にも、彼が落ち込んでいたらそばにいてあげ、家事を手伝ってあげると恋人のためになるはずです。

恋人の身内が亡くなったら、あなたにできることをしてあげられるようにしたいですね。