後悔しない生き方をする方法5つ

最終更新日:2015年10月18日

人生を後悔しない生き方をするにはどうしたらいいのでしょうか。

誰しも楽しくない人生など送りたくないと思っているはずです。

それでも人は後悔する出来事に遭遇します。

そこで今回は後悔しない生き方をする方法をご紹介します。

1.相手の気持ちを考え伝える

言いたい事が言える人、言いたい事が言えない人、人間には性格というものがあります。

言いたい事が言えるから良いという事ではありません。

言ったがために相手を傷つけてしまったという後悔をする人もいます。

しかし、言いたい事が言えない人はここぞという時に言えずとても損をします。

そして、あの時言っていれば…という後悔に繋がる事が多いのです。

どっちでも後悔するじゃないかと思うかもしれませんが、伝える相手の気持ちを考えるだけでそれは変わると思うのです。

伝えた事で自分が傷つく事もあるかもしれません。

でも、相手を想って伝える事で、相手が傷つくことなく、自分も伝える事が出来たという気持ちになります。

自分が傷つくよりも相手が傷つく事のがずっと後まで後悔に繋がる事が多いのです。

だったら相手の気持ちを想って伝える事のがずっと後悔しないと思うのです。


2.気になる事はネガティブに考えず挑戦

人は色んな事に興味を持つ生き物です。

どんな物に興味を持つかは人それぞれです。

でもその先に「私に出来るだろうか?」「こんな風に思われたら嫌だな」といったネガティブな気持ちが邪魔をする事があります。

他の人は自分が思っている程気にしていないものです。

逆にすぐに「あの人がやるんだ…」など思われる人はそれなりに何か悪い面が見えてしまっている人かもしれません。

気になる事をやらずに時は過ぎ、あの時こうしていれば…と後悔するよりは、ネガティブに考えずに挑戦してみる事が一番です。

自分の新しい姿を見つける事が出来るかもしれません。


3.時には決断も必要

曖昧なままで無駄な時間を過ごして後悔をしてしまったとします。

それは後悔に繋がります。

例えば、恋人と付き合っていて、価値観や合わなくなったり、気持ちがぶれてきてしまったりといった事があったとします。

でも、他にいないし…と曖昧なまま時間が過ぎ、完全に合わないと思った頃には1年、2年と過ぎていたりして無駄だったなと後悔する。

もし、ちょっとずれてきたなと思った時点で、よく考え、別れるという決断をしていたなら1年、2年の間にもっと素敵な人に出会えたかもしれません。

恋愛に限った事ではありませんが、曖昧なままにしてしまうよりも、時には決断する事も必要です。

人生は1度きり。

ちょっとでも疑問に思った時はちょっとした時間でもいいので、考え、決断する事で後悔しないで済む事もあります。


4.自分を嫌いにならずに好きになる

大半の人が自分の事を嫌いと答えるでしょう。

それは容姿だったり、性格だったり、自分の中のコンプレックスな部分を感じての事です。

でも、それが引っかかって行動出来ずに後悔してしまう場合もあります。

日本には自分が思っているよりもたくさんの人がいます。

容姿も違ければ、性格も違います。

自分の周りには自分を認めてくれる人がいなかったとしても、日本のどこかには自分にぴったりの人が必ずいるはずです。

例えば、A子さんがいたとして、10人全員が可愛いと思うかと言われれば違うでしょう。

人には好みというものがあり、必ずしも同じものを好きとは限らないからです。

ではどうやって自分を好きになるか。

自分が可愛いなと思う人を真似てみたり、こんな性格だったらいいなと自分が好きなタイプの人の真似から始めてみてもいいかもしれません。

それが自分のなりたいタイプであり、結果的に自分を好きになれるからです。


5.生きてる間に相手を思いやる

タイトルだけにしたら重そうなタイトルだなと思うかもしれませんが、生物には寿命というものがあります。

家族、ペット、恋人、友達、恩師と色々な関係があるでしょう。

一緒に居られるのが当たり前と思っている時期もあるでしょう。

気づいた時にはもう傍にはいなかった。

あの時伝えていれば…、もっと何かしてあげたかったといった後悔を一番感じる事かもしれません。

一緒にいる事が当たり前だと思わない事。

相手を想い、伝えたり、何かしてあげたいと思った事は素直にする事。

それが後悔をしない事に繋がるでしょう。

後悔しない生き方を見つけよう

5つの後悔しない生き方をする方法をご紹介しました。

人は後悔する生き物です。

ですが、後悔しないで生きていく方法も必ずあります。

後悔をしない方法を見つけていきましょう。