土日休みと平日休みで休みが合わないカップルが上手に付き合う方法

恋愛最終更新日:2019年5月7日
休日に一緒にいるカップル

社会人などどちらも働いているカップルだと、休みの日がどうしても合わないですよね。

特に土日休みと平日休みで休みが合わないカップルの場合、事態は深刻です。

デートができなかったり、なかなか会えないという悩みを抱えていることもあるのではないでしょうか。

そういった場合に、どうすれば二人のすれ違いを緩和して上手に付き合いを続けることができるのでしょうか。

今回はそんな土日休みと平日休みのカップルがより良い関係を築くための方法をご紹介します。

仕事終わりを活用してデートをする

お互いの休みを合わせるのが難しい場合、休日にデートするのは最初から諦めるようにしましょう。

恋人に合わせて無理にお休みをもらっても、自分の職場での立場が悪くなってしまうこともあります。

自分だけが苦労していると、相手に不満を感じることもあるでしょう。

その反対に相手に自分の休みに合わせてもらうのも心苦しいと感じてしまいます。

それなら基本的に休日は別行動をすると考え、割り切ってみるのがオススメです。

その代わりに、日常的なデートはアフターファイブにするようにしましょう。

例えばこちらが土日休みだとします。

相手の仕事の定休日が火曜日だとしたら、月曜のアフターファイブに会うようにすると翌日の火曜日の朝までどちらかの部屋で過ごすことができます。

そして火曜日の朝はそのまま出勤します。

お家デートであればお互いの部屋でまったり過ごせますし、ちょっとした「新婚気分」も味わえます。

また、土日休みの人に合わせる方法もあります。

その場合には金曜日の夜から一緒に過ごすようにします。

オシャレな雰囲気のレストランで食事を楽しんだり、お酒を一緒に飲んだりすることもできます。

休日を丸々一日一緒に過ごすことはできませんが、時間制限があるからこそのトキメキや楽しさもあります。

好きな人に少しでも会えると思うだけで幸せな気分になりますし、デートまでに仕事を終わらせようと頑張ることができます。

限られた貴重な時間を一緒に過ごすことで、二人の愛も深まりますし絆を強くすることもできます。

会えない時間が二人の愛を育ててくれます。

土日休の方が平日に有給休暇を取る

どうしても休日を一緒に過ごしたいという時には、どちらかが有給休暇を取って休みを合わせるという方法もあります。

その際にオススメなのは、普段土日休みの人が平日に有給休暇を取得する方法です。

平日休みの人が土日に休む方がいいのではないかと思われるかもしれません。

しかし、平日休みの人が土日に休みを取るのは想像以上にとても大変です。

ショップなどは週末が忙しいことが多いので、土日にお休みすること自体がよく思われません。

人手が足りないと周りに迷惑をかけてしまいます。

どうしても外せない用事があって土日に有給休暇を取りたくても、なかなか認めてもらえないことが多くなります。

また、認めてもらえたとしても、一緒に働いている人達の反感を買ってしまうこともあります。

職場で円滑な人間関係を築くためにも、土日に有給休暇を使うのはできれば避けたいところです。

その点、土日休みの人が平日に休むのは、勤務している会社の雰囲気や職種にもよりますが比較的ハードルが低いといえます。

そうしょっちゅうというわけにはいかないでしょうが、どうせ有給休暇を取るのであれば平日に利用するのがオススメです。

最近は働き方改革などもあり、有給休暇の取得を積極的に推奨している会社も増えてきました。

ワークライフバランスという言葉もあるように、休む時はしっかりと休んでリフレッシュすることで仕事にも良い影響があると言われています。

もちろん、繁忙期を避けるといった配慮は必要ですし、仕事の引継ぎなどもしっかりとしておく必要があります。

お休みする際にきちんとフォローしておくことで周囲の理解も得られ、次回有給を使う際にも休みやすくなります。

このように上手に休日を使うことで、恋人と一緒にいられる時間を増やすことができます。

まとまった休みは、計画的に早めに申し出る

夏休みや年末年始には、まとまったお休みがもらえる会社が多くあります。

夏休みや年末年始休暇を利用して遠方の実家に帰省したり、海外旅行に出かけるという人もいるでしょう。

まとまったお休みがもらえるのであれば、当然恋人とも一緒に過ごしたいと思うでしょう。

一緒に旅行にいけるチャンスでもあります。

ただし、夏休みや年末年始の休みもなかなか合わせるのが難しいケースもあります。

一般的な会社では、お盆の時期が夏休みになっていることが多くなります。

ただ、お盆の時に休める人ばかりではありません。

お盆の時期は仕事で、その前後に一週間程度の夏休みをもらえるという人もいます。

夏休みは会社によって違いますが、比較的自由に時期を選べる場合も多くなります。

その際には、相手の休みに合わせて夏休みを申請するようにしましょう。

二人で話し合って、夏休みを合わせるのがオススメです。

そのためには、できるだけ早く上司に「この日に休みたい」と申し出る必要があります。

遅くなると他の人の希望が優先されてしまうこともあるので、早めに意志表示しておくことが大切です。

長期休暇は分散して取得する

可能であれば休みを分散して取得するという方法もあります。

一週間の長期休暇を2日、2日、3日に分けて取得するといった方法です。

一週間休み全てを相手に合わせるのは難しいですが、そのうちの2~3日であれば合わせられることもあります。

2~3日の休みでも1泊2日の旅いくらいならいくことができますし、近場のレジャー施設などに日帰り旅行もできます。

いずれにしても、早めにプランニングして上司に申し出ておくことがポイントになります。

そのために二人の話し合いが欠かせません。

忙しいとついつい後回しにしがちですが、早めに話し合って予定を立てることが重要です。

平日休みと土日休みのカップルでも工夫次第でいくらでも一緒に会える

平日休みと土日休みのカップルで思うように会えないのは、カップルにとってとても辛くて寂しいことです。

肩を寄せ合う他のカップルを目にすると、悲しい気持ちになってしまうこともあるでしょう。

けれど、二人で工夫して一緒に過ごす努力を重ねれば、愛が深まることは間違いありません。

二人の絆も強くなります。

ですから土日休みと平日休みでは、休みが合わなくて一緒にいられないと嘆く必要は全くないのです。

二人の工夫次第では一緒に過ごす時間は増やすことができます。

 

    「土日休みと平日休みで休みが合わないカップルが上手に付き合う方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。