九州地方の魅力とは。新幹線開通で便利に温泉やグルメを楽しめる

最終更新日:2016年3月20日

九州のイメージといえばなんでしょうか。

食べ物が美味しそう?方言が可愛い?西郷さん?などなど中々行った事がない方は、遠い南の地方都市、知っている事って意外と少ないですよね。

「百聞は一見に如かず」ではありますが、九州の魅力を少しだけご紹介します。

1.九州新幹線や東九州道の開通で交通が便利に

九州地方は最近ぐっと便利になったのをご存知ですか?

2011年3月の九州新幹線の開通で福岡博多駅から鹿児島中央駅まで平均90分で行けるようになりました。

これまでは在来線や特急乗り継ぎまたは車で4時間以上かかっていたことを考えると、格段に速く便利になりました。

また新幹線がない東側も北九州〜大分間(一部未開通)、大分〜宮崎間の高速道路が開通したことで陸路もずっと便利になりました。

おかげさまで九州一周旅行も手軽になったという訳です。

ゆっくり旅したい方はJRの由布院号でトトロの森のような景色を抜けていく旅もいいですし、ななつ星に乗ってワンランク上の優雅な旅をというのも素敵ですね。


2.やっぱり美味しいものがいっぱい

九州グルメに目がないという方も少なくないのではないでしょうか。

福岡ならもつ鍋やラーメン、長崎のちゃんぽんや旬アジ、熊本の馬刺し、宮崎のチキン南蛮、大分の唐揚げや鳥天、鹿児島の黒豚、沖縄のソーキそばなど挙げればキリがありません。

宮崎でマンゴープリンを食べたり、熊本の阿蘇でジャージ牛乳ソフトクリームを食べるなどスイーツの旅をやってみるのも女性には魅力的かもしれませんね。

あとは、海産物が豊富ですから新鮮で安い、というのもありがたいところ。

とにかく安くて美味しいものがいっぱいあります。

知る人ぞ知る名物の宝庫九州、是非あなたのお気に入りを見つけてみてください。

3.他県にはない観光スポットがいっぱい

九州は文化的にも歴史的にも他県にはない独自性がある地域です。

観光地も同様に他では味わえない経験が出来ることも魅力の1つです。

福岡博多の屋台しかり、中洲の川を見ながら食べる屋台の味は格別です。

長崎にあるハウステンボスやグラバー園では、テーマパークとして楽しめますが、オランダの雰囲気そのままに異国情緒に触れる事が出来ます。

長崎なら帰りに稲佐山で夜景をみてロマンチックな雰囲気を味わったり、珍しい路面電車に乗って、中華街まで行き、皿うどんや角煮まんじゅうに舌鼓をうつなんていうルートも贅沢ですね。

他にも落ち着いた雰囲気が好きなら大分の由布院で馬車に乗ったり、はじめて体験がしたいなら鹿児島の種子島でJAXAで宇宙体験なんかもいいかも。

お友達に自慢出来る個性的で新鮮な経験がきっとできますよ。


4.九州といえば温泉ですよね

九州には温泉がたくさんあります。

一時期話題になりましたが「おんせんけん」で有名な温泉湧出量日本一を誇る大分を筆頭に、九州にはそこかしこに温泉があるといっても過言ではありません。

王道の福岡の黒川温泉や大分の湯布院温泉もありますが、熊本の阿蘇温泉や佐賀の嬉野温泉、大分の別府温泉は比較的リーズナブルで大衆的な雰囲気で、老舗の宿が多いという特徴があります。

敷居は高くないにも関わらず、泉質の良い温泉が堪能できます。

目的や予算、雰囲気に合わせて宿を探せるのも嬉しいですね。

鹿児島指宿の砂蒸し風呂なんていう変わり種の温泉もありますよ。

日頃の疲れを癒す目的で「温泉宿はしごの旅」なんていうのも面白いかもしれませんね。

5.景勝地でパワーを貰おう

九州は魅力的な景勝地もいっぱい。

鹿児島の屋久島でたくさんの木々に囲まれて森林浴をするも良し、長崎の世界遺産、軍艦島で廃墟になった都市を眺めながら感慨に耽るも良し。

いずれも行くだけでも感動しますが、パワースポットとしてもとても有名です。

夏になれば宮崎の日南海岸のビーチでマリンスポーツなんかもいいですね。

九州は離島が多いので島でのんびりするのも素敵な休日が過ごせるかもしれません。

中でも沖縄の海は最高です。

透き通る海や珊瑚の景色はうっとりすること間違いなしです。

時間があるなら沖縄の石垣島などが連なる八重山諸島まで足を伸ばしてはどうでしょうか。

特に波照間島の目前一面に見える景色が全てスカイブルーの景観は日本ではなかなかお目にかかれるところはないと思いますよ。

沖縄に行くなら首里城もオススメです。

魅力一杯の九州地方

魅力いっぱいの九州ですが、まだまだ紹介しきれない事が山程あります。

地元の人とお話しをして、知る人ぞ知るその土地の魅力を発掘するのも旅の醍醐味の一つです。

九州を訪れて、あなただけの感動を発見してみてください。