耳を触る人の心理や意味とは。不安やストレスを抱えているのかも

最終更新日:2016年4月26日

気づいたらよく自分の耳を触ってしまうという方はいらっしゃいませんか?

どうしてこのような癖を持っているのか気になりますよね?

そこで今回は耳を触る人の心理や特徴をご紹介します。

1.不安を感じて落ち着かないから

人が耳を触るのは「不安」から逃れようとする心理が働いています。

人は不安を感じると心がざわざわしてしまって、気づいたら耳を触っていることが多いのです。

耳を触ると心が落ち着く効果があります。

ぷにぷにの耳を触ることで落ち着きを取り戻せるのです。

不安に襲われてどんどん心細くなって、なんとか冷静になろうとして耳を触っているのかもしれませんね。

このように不安な気持ちを落ち着かせる心理から、人はついつい耳を触るのです。


2.ストレスを感じてイライラしているから

ストレスを感じてイライラしているときも、これまた落ち着きを取り戻すために耳を触ってしまうことがあります。

心がイライラむしゃくしゃしているとこのストレスをどうにかしようとして耳を触ります。

耳を触ることで心をどうにかして落ち着かせようとします。

耳を触っている間はなんらかのストレスを感じているのかもしれませんね。

そういう心理から人は耳を触り出すのですよ。


3.嫌悪感を抱いてこれ以上しゃべりたくないから

耳を触る行動はおしゃべりをしている相手に嫌悪感を抱いているときにも表れます。

話の内容に怒りを感じたり、彼の態度や発言を聞いて「もうやめて」「会話したくない」などの嫌悪感を感じているのです。

そういう心理のときにも耳を触ってしまうことがあります。

本当は耳を塞ぎたいくらいに嫌悪しているのですが、それをぐっと我慢しているので耳を触るだけに留めているのです。

嫌いな上司からお説教を受けたり、気持ちの悪い異性から話しかけられたときなどに「嫌悪感」を感じて耳を触ってしまうことがありますね。

仕草は正直に人の心を表してしまうものなのですね。


4.他のことに関心が向いていて話を聞いていないから

耳を触るというのは他のことに関心が向いてしまっているからではないでしょうか?相手の話を聞いていなかったり、聞いたふりをしながら別のことを考えている場合も耳を触ってしまうことがあります。

あなたは会話に集中できていないのでしょうね。

もしくはあまり聞きたくなくて話を聞いていないのかもしれません。

耳を触るという仕草は相手への関心度が低いときに行われるものです。

気づいたら耳を触っていたと言うのなら、きっと他のことを考えていたのでしょう。

このような心理からも人は耳を触るのです。


5.会話が楽しくてもっと話が聞きたいから

イライラしていたり、嫌悪感を抱いていてもやってしまう耳を触るという仕草ですけど、実は会話がとっても楽しいときにもこのような仕草を行うことがあります。

2人の間の会話が楽しくて「もっと聞きたい」「もっとしゃべりたい」と思うからこそ、耳を触ってしまいます。

このような心理のために耳を触る人はいるのです。

イライラのときとはまったく真逆の心理なので、間違えないようにしましょうね。


6.人に甘えたいシグナルを発しているから

耳を触ってしまうのには実は寂しくて甘えたくなるという心理が働いていることもあります。

人は寂しいと生きていけませんよね?だからちょいちょい人に甘えます。

この甘えが足りていないと思うと「人に甘えたい」シグナルを発信して耳を触るのです。

耳をよく触る人は愛情深く、甘えん坊な性格をしている場合が多いですよ。

誰かに甘えたいという気持ちから耳を触ってしまいます。

心細い一人の夜などになんだか耳を触ってしまうのは「寂しい」とか「甘えたい」という心理が働いているのでしょう。

甘えらえる相手を見つけるようにしましょうね。


7.単に自分の耳の感触が気持ちいいから

耳を触ってしまう最後の心理はシンプルです。

それは「自分の耳がタプタプしてほどよく柔らかく気持ちいいから」と言う単純な心理です。

耳たぶってちょっと冷たくて、ぷにっという感触で触っていたら心地よくなってしまいます。

この心地よさが癖になって、つい耳に触ってしまうのでしょうね。

特に悪い感情があるわけでも、良い感情があるわけでもなく、触りたいから触っているのです。

耳を触るのはこのようにシンプルな心理が働いている場合もありますね。

人の耳も自分の耳も触り心地がいいとつい触ってしまいたくなりませんか?このような7つの心理から、人は耳を触るのです。

耳を触る仕草の意味を知ろう

耳を触る仕草はこのように心の状態が反映していることが多いのです。

耳を触ってしまったときは自分がどんな心理状態なのか確認して見るといいですよ。