周囲に認められる人と認められない人の違いはどこにあるのか

最終更新日:2016年5月1日

誰からも認められる人、人望が厚い人はかっこいいですよね。見ていて憧れるものです。

しかし、反対に認められない人もいますよね。

もしかしたら、あなた自身もそう感じているのでは?一体、この人達にはどういった違いがあるのでしょうか?

両者の違いについてご紹介します。

1.仕事ができる

やはりなんといっても、人から認められるにはまずは第一に仕事ができる、能力があるというのが認められる最低条件です。

例えば、あなたの周りにも何回も同じことを聞いてきたり、いつまでも同じミスをする人がいるとして、あなたはそんな人をどう思いますか?

最初はいいとしてもそれが長いとうんざりしてくると思いますし、なにより自分の足を引っ張られるのは勘弁して欲しいと感じてしまいますよね。

やはりいつまでたってもできることが少ない人、レベルアップしているのが見えない人は、人から呆れられたりして人望がないものです。

まず周囲から認められたいのであれば日々の仕事に全力で取り組み、自分の能力をレベルアップさせましょう。

仕事ができる人は黙っていても頼られます。


2.やる気が感じられる

もし、あなたが何かを頼もうとしたのに、相手が覇気がなかったりやる気を感じなかったらどう思うでしょうか?

言動もやる気が感じられなかったりすると、その人に任せたいという気持ちにはなりませんよね。

人から認められる人というのは信頼のおける人です。

そういった態度の積み重ねで人は人を評価します。

また、人から認められる人は見ていてエネルギッシュです。

てきぱきと行動する人はしっかりとやる気があると感じれますし、ずっと仕事を任せていきたいと思いますよね。

そういった態度は周りにもいい影響を与えていきます。

積極的な人は周りも変えるのです。


3.黙って行動をする

黙ってやることをやる人は周囲からの人望も厚いですよね。

例えば、仕事で上司に難しい案件を任された時でも「はい、わかりました」の一言でスムーズにこなしている人は見ていてかっこいいものです。

逆に影で「こんな難しいことできない」などと言っている人を見たらどう思うでしょうか?やってもいないのに甘えるんじゃないと思ってしまいますよね。

またよくいると思いますが、悪口、影口をよく叩いている人も人望はないですよね。

そういった人ほど行動が伴っていないですし、自分もなにかあったら影で言われるのではないかと思って信頼できないでしょう。

そして、なにより聞いていてあまりいい気持ちのするものではないですよね。


4.周りの人に優しい

周囲から認められる人というのは人間性も良いものです。

攻撃的な人とはあまり一緒にいたくないですよね。

仕事でも常にピリピリしている方というのはなるべく避けて、聞きやすい人に相談をしたいものです。

特に部下や年下など自分より立場の低い人に対する対応というのは人間性が出るところであります。

部下のミスに対しても多くを攻めずに、きちんとした指導をする人は尊敬できますよね。

逆に、部下のミスに対して、烈火のごとく怒る方もいらっしゃいますよね。

職場の空気も悪くなりますし、いいものではないです。

そういった姿を人は見ていないようで見ているものです。

周囲から認められる人は人当たりがよく、部下からの人望も厚いものです。


5.気配りができる

周りの人が困っている時に、進んで助けてくれたり自分を犠牲にしてくれる人がいたらどう思うでしょうか。

今度、もしなにかあったら助けてあげたいと思いますよね。

逆に大変そうなのを見て見ぬふりをしている人を見たらどう思うでしょうか。

自分が困っている時には助けてあげたいと思いませんよね。

悪い評価もそうですが、良い評価というのも、自然と伝わっていくものです。

そして、そういったことは思っていなくても巡り巡っていつか自分にも返ってくるものです。

また小さな気配りも人の評価につながっていくものです。

例えば、レディーファーストであったり、お年寄りに気を使うなどでいいです。

気配りのできる方は常に周りのことを考えている知的で気持ちに余裕のある人という評価に繋がっていきます。

周りの人に常に気を配って、日々行動していきましょう。


6.しっかりと筋が通った行動をする

年配の方で意外と多いですが、もし不手際があった際でも、プライドが邪魔してかしっかりと謝れない人がいますよね。

そればかりか、言ってた言動を認めなかったりコロコロ変えたりする方もいますよね。

言ってることとやっていることが違う人というのは意外と多いもので、そういった方というのは周りからどんどん信頼を失っていきます。

逆にそういった時に誠実な対応を取っていれば、相手からしっかりとした対応をしてもらったと思わぬ高い評価に繋がることもあります。

自分の言動には、しっかりと責任を持って行動をしていきましょう。

周囲の人にから認められる人のことを知ろう

まずは自分の能力を上げていくようにスキル等を磨いていきましょう。

どんな人でも実力がなければ行動に説得力がでないものです。

そうした中でも、真面目に黙々と行動する姿を見せていけば、人は頼りたいと思うものです。

また、気配りを持ち、誠実に行動でき、人間性のある人というのは周りの人から好かれます。

そうしたことの積み重ねが周囲から認められることに繋がっていくのです。

これらのことを参考にして、あなたもより周囲の人に認めてもらえるように頑張っていきましょう。