内面よりも外見が大事だと言う人の心理とは

人の特徴最終更新日:2017年4月21日

内面なんかより、外見の方が大事だと、少し残酷にも思えることを言う男性はまだまだいます。

長く一緒にいる上では内面を大事にすべきだと感じる人が多い中、どうして外見の方だ大事だと思っているのでしょうか。

内面より外見と言う人の心理に迫ってみましょう。

1.第一印象を決めるのは外見だから

いくら内面が素晴らしいと言っても、初めて会う人に与える印象のほとんどが外見になるでしょう。

その外見が素晴らしい人であれば、紹介することにも抵抗が出ず、また「いいな」と羨ましく思われることもあるため、外見が大事だと考える人もいます。

例えばその相手と結婚をした場合、近所の人、親戚の人、友人といった人たちと関わることが増えると、その第一印象はかなり重要なものとなることもあります。

素敵な人、美しい人と周りに思ってもらえることで、自分にとっても嬉しく感じてしまいます。

このように考えて外見が大事だと考える人は、見栄やプライドが高い人に多く見られます。

第一印象が素晴らしい人と一緒にいる「自分」が褒められていると感じるのでしょう。

2.パートナーはアクセサリー

その人にとってパートナーとなる人をアクセサリー感覚として見ていれば、外見が良いに越したことはないでしょう。

一緒にいるだけで自分の価値まで上がった気がする、オシャレな人に見えていそう、レベルが上がった気がするなど、外見の良い人を隣に置くことで、自分に自信を得ている人は、パートナーのことをアクセサリー感覚で見ています。

もしかしたらこのような人の場合は、恋愛感情を持つことがなく、まだ「好き」という気持ちが分からないのかもしれません。

あるいは、人からの評価を気にしすぎて、何か自分に自信をつけたくて、隣にいるパートナーに頼っているのかもしれません。

どちらの理由にしても、相手のことを本当の意味で好きだとは思っておらず、人として見ているというよりも、アクセサリーのような軽い気持ちで見ていることが多くなります。

そのため扱いが雑になったり、時にアクセサリーを外したりと、気分が変わることで振り回されてしまうこともあります。

決して温かい心を持っているとは言えないため、一緒にいて傷つくことが多かったり、辛い状況が生まれやすい人と言えるでしょう。

3.外見が良い子供が欲しい

子孫を残す上で外見は重要と考える人もいるでしょう。

可愛い子供が欲しい、皆から可愛がられる子供が欲しいと思っている人は、パートナーの外見を気にするかもしれませんね。

いくら内面が良くても、その内面が表面に出て引き継がれるということはないため、そうなると大事に思えてくるのが外見です。

目がクリッとした愛らしい顔、太りにくくスタイルが良い体など引き継がれる可能性が高い外見。

自分が可愛がるためにも、周りから愛されるためにも、より良い外見で生まれてきてほしいと子供に対しての希望を持っている人は、恋愛の時点で外見を重視するかもしれません。

4.優越感を得たい

「あの美人と付き合ってるの?」「どうやってものにしたの?」と尊敬される自分。

その優越感を得たいために、外見だけを重視しているのかもしれません。

皆が羨む人を恋人にできた場合、多くの人に見てもらいたい、見せびらかしたいと思うでしょう。

それは、その素敵な外見の人が「自分を選んだ」という優越感を抱きたいと思っているからであり、自分が認められている、尊敬されているという思いにふけることができるため、内面よりも外見を重要視するのでしょう。

多少性格に問題があったとしても「こんな美人は他にもういない」「優越感が味わえなくなる」と思えば我慢できることもあります。

それだけ自分のことを大事に思っていると、内面なんかより外見、という見方が強くなります。

5.より貴重な人をものにしたい

内面が良い人は山ほどいるかもしれませんが、外見が良い人は限られた人になりますよね。

同じような性格だとしても、外見が優れていれば人気も高くなり、それだけその人を手に入れることは難しくなります。

ある意味外見の良い人はレアな存在であり、貴重で数少ない存在であることから、手に入れたくなるという心理もあります。

特に男性は「限定品」「プレミア」といった特別な存在、価値の物に対して反応する傾向にある為、外見が優れている人を見ると、好奇心をくすぐりものにしたくなります。

内面が良い人を逃しても同じような内面の人と次々と出会う可能性は高いです。

しかし外見が良い人を一度逃してしまえば、次のチャンスは訪れにくいと考え、外見を重視している人も多いのです。

内面より外見と言う人の心理を知ろう

外見は悪いより良いに越したことはありませんよね。

第一印象でも好感を得やすく、人から注目を浴びるといった点でも、外見が良い方が有利です。

内面をないがしろにはできないと感じつつも、どうしても外見を重視してしまうという人は、こうした心理を持っていることが多く、すぐにその価値観を変えることは難しいでしょう。

その人の見栄やプライドがそうさせていたり、隣にいる人を「物」のような感覚で見ている人もいるため、こうした思いを抱えている人には少し注意が必要ですね。

 

    「内面よりも外見が大事だと言う人の心理とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。