寝る時にイヤホンをつけるメリットとは。イヤホンをつけて眠ることで快適な睡眠へ

睡眠最終更新日:2018年5月18日

ストレスや気になることかあったりで大事な日を目前に寝られないループに陥っているケースも多いのではないでしょうか。

快適に質のいい眠りを得るために、寝る時にイヤホンをつけるメリットにはどういった効果があるのかポイントを見ていきましょう。

1.イヤホンをつける習慣で副交感神経を優位にさせる癖をつけられる

眠ってといわれてもなかなか急には寝られないという場合、眠るための習慣や癖をつることで、ベッドに入ってから入眠するまでの時間を少なくすることができます。

それには、イヤホンをつけることも副交感神経を優位にさせる合図を送ることに役立ちます。

つまり眠るという自然な流れをイヤホンを装着することで習慣づけるということです。

副交感神経は意識的に出せるものではないので、無意識下で寝る準備をしてあげないといけません。

それがイヤホンをつけて寝ようとすることです。

普段通勤や通学時にイヤホンで音楽などを聴いていない人は、よりその癖が定着しやすいでしょう。

副交感神経を出すための第一歩に、イヤホンをつける行動が当てはまります。

2.ヒーリング音楽を聴くことで入眠を早める

ただイヤホンをつけるだけでなく音楽を聴きながら眠ることも、入眠を素早くして睡眠時間を延ばすための工夫です。

現代では世界的に見ても日本人の睡眠時間は少ないといわれているので、眠る時間を増やすことは眠るまでの時間を短くすることと同じです。

ベッドで聴くのに向いている音楽は、リズムや演奏がゆったりとしていて心拍数をあげたりどきどきさせないものの方が適切です。

また、ボーカル入りのものよりもインストゥルメンタルやクラシックなど演奏のみの方が眠りに集中しやすく、途中覚醒も起きにくいです。

特にいいのはヒーリングミュージックで、寝る時に聞くものとして生み出された音楽でしょう。

ゆったりした音楽ですがイヤホンで聴いていくうちに、リラックスできます。

イライラしている時でも音楽に集中することで、眠りを引き寄せます。

3.慣れない環境でも眠るためのルーティンを作りやすい

普段は眠りに問題ないという人でも、出張先や旅行先など慣れない環境だと眠りにくいことはあるでしょう。

よく枕が変わると眠れないといいますが、そういった普段とは違う環境でもきちんと眠るにはイヤホンで眠るためのルーティンをつくってあげることが大事です。

アスリートも実践しているルーティンは、同じ動作を意識的に作り出すことで、緊張しにくくなりストレスを感じにくくなります。

毎日イヤホンを耳につけて寝ている場合、どんな場所であっても同じイヤホンをつけることで外部からのストレスや刺激を受けにくくなります。

プラスいつもと同じ音楽を聴くこともルーティンとなり、TPOに左右されにくい睡眠を確保しやすいのです。

4.緊張や不安で寝れない時の気分転換になる

失敗したり怒られたりした時にその時のことが頭から離れずにまったく寝られない時もあるのではないでしょうか。

かといって毎日、深酒をしたりゲームやスマホなどを使用して夜遅くまで起きているのは健康にもよくありません。

だからこそそういった時は、寝る時のイヤホンで簡単に気分転換ができるでしょう。

強いストレスを感じている場合、気分転換をはかりたい時は、ヒーリング音楽でなくてもかまいません。

好きな音楽を聴くことでストレス解消になります。

ストレスを解消するとベッドで横になっていることも苦痛に感じにくくなり、交感神経を落ち着かせることに寄与します。

特に寝る前のストレス解消は、睡眠を深くするのに有益です。

中途半端に起きていたり覚醒したりといった睡眠のトラブルが少なくなるでしょう。

5.スピーカーとは違いまわりに迷惑をかけないでリラックス

音楽目的だという場合、寝る時にパソコンなどのスピーカーで音楽を聴いている人もいるでしょう。

ではイヤホンとスピーカーはどちらが眠りに向いているアイテムかというと、まずイヤホンだと耳の中に音がダイレクトに流れ込むので音に集中しやすくなります。

スピーカーだと風や雨の強い日だと、外の物音と音楽が変にぶつかりあって入眠を妨げることもあります。

特に騒音がある場所で眠るのなら、スピーカーでは音を大きくしないと聞こえづらくなってしまいます。

けれどイヤホンでは、耳の形にあったものてあれば音漏れしにくく聞き取りやすくなります。

また、同じ部屋や近くで眠る家族やパートナーを起こしてしまう心配もなくなり、余計な心配事をしなくて済むでしょう。

つまりまわりを気にせず音楽を聴くことができるイヤホンは、個人的なリラックス環境を構築するのに最も適しているといえます。

寝る時にイヤホンをつけてみよう

寝る時にイヤホンをつけるメリットは、耳から入る情報を限定的にできることでしょう。

快適な睡眠をとりやすくなります。

好きな音楽やリラックスできるヒーリングミュージックと組み合わせることでイヤホンのメリットは最大限活用できるでしょう。

習慣となることも一つのメリットなので、ただ闇雲に眠れない時間を過ごすよりも、イヤホンで副交感神経を優位にさせる時間に変えるのも一手です。

 

    「寝る時にイヤホンをつけるメリットとは。イヤホンをつけて眠ることで快適な睡眠へ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。