人間関係をリセットしたい時にすべきこと。SNSをやめて引っ越ししよう

最終更新日:2015年12月23日

人間関係は積み重ねが大事ですが、人間関係をリセットしたいと思うこともありますよね。

ですが、人生において大事な人間関係をリセットするというのはやり方もよくわかりませんし、不安ですよね。

そこで今回は人間関係をリセットしたいと思った時にすべきことをご紹介します。

1.引っ越しの準備

人間関係をリセットしたいと考えた時に、まず行いたいのが「引っ越し」でしょう。

近所に住んでいる友人やご近所の知り合いなどと近くのコンビニやスーパーで出くわしてしまったら、挨拶をしたり小話をしたりしなくてはならず面倒だと感じてしまいますし何よりも人間関係をリセットできないですよね。

そこで、人間関係をリセットしたいと思ったのであれば引っ越しなどをして周りに知っている人が全くいない環境を作ってしまうと楽でしょう。

近所を歩いても初めて会う人ばかりですし、知っている人もあなたのことを知っている人もいないというのは人間関係をリセットして新しい人間関係を築くのにいい環境と言えるでしょう。

会社の出張制度や移動制度、ワーキングホリデーなどの留学制度を使ってみても新しい土地に引っ越して人間関係をリセットすることができるのでオススメです。


2.SNSをやめる

現代ではSNSによって子供のころからの人間関係にがんじがらめになっています。

昔は、高校を過ぎたら大学へとそれぞれ別の道を進み、就職や結婚などを機にさらに別の人間関係ができて、連絡手段が手紙・電話しかありませんでした。

そのため子供のころの人間関係と言うのは何年かに一度の同窓会程度であり、年数が進むにつれて環境が変わりその環境によって新しい人間関係ができていたのです。

ですが、現代では良くも悪くもSNSやネットなどで幼稚園のころの友達から社会人になったときの同期、転職先の職場関係の人間関係などすべてSNSを通じてつながっていることになります。

そのため、SNS疲れをしてしまうこともあります。

人間関係をつないでいると言ってもいいこの「SNS」の利用をやめることでかなり多くの人間関係をリセットすることができるでしょう。

ただし、LINEなどの通話アプリの場合両親や職場などの連絡先を登録している場合はアプリをアンインストールはやめましょう。

必要なものだけ残してあとはブロックをしたりフェイスブックなどのSNSはアカウントを消さなくてもログアウトしておくだけにしましょう。

アカウントはいざというときのために残しておきながら目にはいれない環境を作ることができます。


3.電話番号やメールアドレスを変える

SNSと同じように、スマホ・携帯電話と言うのは人間関係のつなぎになっているものです。

人間関係をリセットしたいと考えた時に相手からもう連絡が来ないようにしておく必要がありそのためには電話番号やメールアドレスなどを変えてしまって連絡がつかない状態にしてしまうという方法があります。

この方法は、周りを心配させてしまうのであまりオススメすることはできませんが、両親などの最低限連絡を取らなければならない人には教えておくといいでしょう。

また、海外に行くので連絡できませんなどという風にSNSなどに掲示をするか、メールでつながっている相手などに連絡をしておきましょう。

すると海外にいる相手とは連絡がとれないことをわかっているので相手を心配させずに人間関係をリセットすることができるでしょう。


4.後悔をしないか確認する

一時の感情で人間関係をリセットしたいと考えていても、いざ連絡を取れない状況にしてしまった後に「あの人に頼むことができたら…」「私もやっぱり仲間に入りたい」と思っていても手遅れになったり時間がかかってしまうなどの場合があります。

人間関係をリセットしたいからといって思い出の写真などを捨ててしまうと一つも思い出がなくなって悲しくなってしまうこともあります。

人間関係をリセットする際には、人間関係をリセットするために行動を起こす前に本当に自分が後悔しないか、リセットをすることによって相手を悲しませないかどうか…など考えをしっかりと整理してリセットした後の自分の行動にもある程度の予定を立てておくといいでしょう。

人間関係をリセットしよう

人間関係をリセットするのは少し難しいものです。

何の連絡もなしにリセットしてしまうと心配をかけてしまいますし、中途半端にリセットしてしまうとトラブルの原因になってしまうこともあります。

人生の岐路に人間関係をリセットする際はよく考えておこないましょう。

とはいえ、リセットをすることで新しい世界が見えることもありますので状況に応じて行動していきましょう。