臆病な性格を克服する方法5つ。勇気を出していこう

最終更新日:2015年10月6日

臆病な性格の人は起こってもいない事に対しても不安を抱く傾向があります。

危機管理能力としては優れていますが、時として考えすぎな部分が前面に出てしまうので、何も行動がとれなくなってしまいます。

この臆病な性格を改善させるにはどういった事に気をつければ良いのでしょう。

1.考えずにまずは直感で行動してみる

臆病な性格の人は起こってもいない事を自分の頭で考えるので、もしそうなったら嫌だと思い何も行動ができなくなります。

頭の中ではほとんどが自分の危機管理能力という点においては、常に最悪のケースを想定して行動できればよいのですが、普段から考えすぎる事で自分の行動に制限を掛けてしまっています。

考える事イコール自分の妄想とも捉えられるので、どんどん自分の頭の中がマイナス思考に向かっていってしまいます。

考えるのは悪い事ではありませんが、考えすぎる事で自分の行動を制限してしまうので、まずは考える事を止めて直感で行動してみる事をしてみましょう。

中で考えられる最悪のケースを想像していることが多いです。

実際に最悪のケースになった時には、想定をしているのでパニックに陥る事はないでしょうが、なってほしくない事が現実に起こってしまうとやはり行動ができなくなってしまします。


2.失敗を恐れない

考える事でいろいろなケースが頭の中でシミュレーションすることができます。

最悪なケースが起こった時の事が頭の中を駆け巡り、それにより失敗したくないと思って何も行動できなくなったり、躊躇してしまったりします。

臆病なのは怖いから動けない事が多く、頭の中で考えた事で体が萎縮kしてしまいます。

失敗を経験しない人は成長する事ができませんし、失敗から学ぶ事はとても多いです。

臆病な人の中にはその失敗を恥ずかしいと捉えている人が多いのです。

失敗をしたら笑われる、恥ずかしいの他にも全てにおいて成功していと思っています。

失敗から学ぶ事があるよりも、失敗をした事実が嫌です。

臆病な性格を克服するならば、失敗を恐れずに失敗から学ぶように考え方を変えていく必要があります。

3.先の事を考えすぎない

何か物事が起きた時に、瞬時に自分の中で先の事を予測して行動する事ができる人がいます。

臆病な人もこれに似ていてすぐに先の事を考える事ができます。

決定的に違うのが、行動に移せるかどうかです。

もし最悪なケースを想定していても、そうならないように行動すればよく、その時の自分の中で最善の行動をとれば良いでしょう。

先の事ばかり考えていると、今の事がおろそかになりますから、今の時点での最善の考え、行動をとることを優先します。

出たとこ勝負という感じで、先の事は考えないで今の現実を常に良くしていこうと考えて行動していれば、自ずと未来は良くなっていくという考え方です。

先の事ばかりを考えずに、今の時間を大切に行動していけば臆病な性格も少しずつ克服していけるはずです。


4.自分の行動に後悔しない

何かの行動をする時には必ず自分の意思で行動をしています。

誰かに言われても、それを決めたのは自分ですし、最終的には自分の判断で決めた事です。

臆病な人の考えは悪い事ばかりを考えている事が多い傾向にあります。

もしその事態が起こっても、考えていたよりも良かったと思えれば安心する事ができます。

常に自分が安心していたいのです。

もし自分が思っていた事よりも悪い事が起きたら、とても後悔をするはずです。

その次からはもっと最悪なケースを考えながら行動するので、更に臆病な性格になっていき行動もしなくなっていきます。

選択肢は常に2つあります。

やるか、やめるかといった場合で、どちらを選択しても自分の未来となります。

一方を選んだ時にはもう一方の未来は永遠に見る事ができません。

どちらも自分の未来なので後悔しないで、今できる最善の事をしていくだけです。


5.自分に自信を持つ

臆病な人は自分に自信を持っていない事が多いです。

常に他人と比べているので、自分のマイナスな部分ばかり見ています。

自分にコンプレックスがあったとしても、それを自分の個性だと思って行動している人は多くいます。

自分に自身が無い人は、まずは自分の良い所を自分で探してみる事がから始めてください。

経済力や学歴、容姿に至るまで誰かと比べられる所はたくさんあります。

しかし臆病な人はもし学歴で一番だったとしても、容姿では負けているからと自分に自信を持てなくなってしまうでしょう。

臆病な人の考えは、何かにつけて自分を低く評価してしまう傾向のあります。

自分に自信を持つには誰とも比べない事です。

全てにおいて個性だと考え、劣っている所も全ては個性です。

常に誰かと比べていても、それがいつかは無意味だと分かるハズです。

世界中に自分という存在はオンリーワンだからです。

臆病な性格を改善していこう

臆病な人は自分に自信を持てないでいる人が多いです。

何でも誰かと比べて、自分の評価の低い所だけを見ているのです。

もっと自分という存在が他にはいないので、自分の良い所や個性を見てあげる事も大切です。

世界中で自分という存在は1人なので、自信を持って行動をしてみましょう。

そうすれば自ずと臆病な性格を克服する事ができるでしょう。