きつくて履けないパンプスを上手に広げる方法

最終更新日:2016年8月17日

自分に合うサイズを購入したはずなのに、パンプスがきつかった、という経験をしたことはないですか?

ゆるいのならインソールやパッドで簡単に調節ができますが、きついとなるとあきらめるしかなさそうに思えます。

でも、ちょっと待ってください。きついパンプスを広げて履けるようになる方法があります。

1.シューズストレッチャーを使う

きついパンプスを広げるには、まずはシューズストレッチャーを使ってみましょう。

シューズストレッチャーとは、足の形をしたシューキーパーのようなもので、パンプスに挿入してアッパー部分をストレッチさせる道具です。

スプリングの力で広げるものや、ネジを回して徐々に広げるものがあり、付属のペグをストレッチャーに差し込んで特に痛む部分を広げることができるものもあります。

パンプスに入れて調節し、しばらくそのままにしておきましょう。

パンプス全体を押し広げるタイプのものや、前方半分だけのタイプ、横幅だけをストレッチさせる部分タイプのものなど、種類も値段もバラエティに富んでいます。

どれが自分に合っているか、よく考えて購入しましょう。

迷ってしまったときは、全体をストレッチさせるものがオススメです。

シューズストレッチャーは、デパートやDIYのお店、インターネットなどで売られています。

100円ショップにもありますが、きついパンプスをのばしていくのですから、しっかりとした素材と作りのものを選んだほうがいいでしょう。

婦人靴専用のものもありますが、色々な種類の靴をのばす場合や家族がいる場合には、男女兼用の足幅が調節できるものを購入してくと、なにかと重宝します。


2.ポイントストレッチャーを使う

ウオノメやタコ、外反母趾などがあって部分的にのばしたい場所があるときや、シューズストレッチャーのペグの差し込む位置が広げたいところとずれているときは、ポイントストレッチャーが便利です。

ペンチのような形をしており、アッパーののばしたいところを挟み込み、ストレッチさせます。

1部分ごとにのばしていくので、のばしたい箇所がたくさんある場合や、パンプス全体がきつい場合には適しません。

また、ゆっくりストレッチさせるシューズストレッチャーと違って短時間で強引にのばすので、アッパーが傷みやすいというデメリットがあります。

パンプスの表面にキズがつかないよう、やわらかい布やスポンジを当ててからはさみましょう。

3.皮革柔軟剤を使う

本革のパンプスには、レザーストレッチとも呼ばれる皮革柔軟剤が有効です。

皮革柔軟剤を内側から塗り、パンプスに詰め物をしたり、足を入れて歩いたり足踏みしたりスイングさせたりして広げていきます。

スプレータイプのものやクリーム状のもの、ローションタイプのものがありますので、使いやすいものを選んでください。

スエード用など、皮革の種類に特化した製品もありますので、商品特徴をよくチェックしてから購入しましょう。

足を入れてストレッチさせる場合には、足を傷めないように、少しずつ何度か繰り返してのばしていくのがコツです。

シューズストレッチャーと併用するとさらに効果的です。

皮革柔軟剤は革をやわらかくしてのばしやすくするので、きつい本革をのばすには重宝しますが、合成皮革や布素材のパンプスには効果がありませんので注意してください。


4.靴の修理屋にのばしてもらう

靴の修理を請け負っている業者の中には、きつい靴を広げてくれるサービスをしているところがあります。

こうした業者には、業務用の本格的なシューズストレッチ専用の機器があり、時間をかけてゆっくり確実に広げていくので、パンプスを傷めずにのばすことができます。

特にのばしたいところをオーダーしておくと、重点的にのばしてくれます。

靴の修理屋に依頼するメリットとしては、靴のプロが専用の機械を使って丁寧に広げるので、自分でストレッチャーをなどを使ってのばすより、キレイに確実に仕上がることです。

料金は業者ごとに違いがありますが、だいたい1足1、500円~2,000円が相場です。

デザインや素材、アッパーの面積によっては広げることができないパンプスもあるので、実物を持参して相談してみてから依頼したほうがいいでしょう。

5.その他の裏ワザ

今までご紹介した方法はいわば正攻法ですが、このほかにもきついパンプスを広げる裏ワザが存在します。

パンプスを履いた状態で、ドライヤーを当てたり、暖房器具の前に置いたりして温めます。

皮革や合成皮革は、熱でのびやすくなります。

そしてパンプスの中に水が入ったビニールを詰め、パンプスごと冷凍庫に入れて凍らせます。

水が凍るとき、徐々に体積が増す現象を利用します。

更に分厚い靴下を履いて足を保護し、毎日少しずつ散歩します。

きついパンプスを適度に広げよう

きついパンプスを広げる方法はたくさんありますが、どれもどこまでも広げられるというわけでなく、限界があります。

いろいろと試してみて、それでも足が痛くなるようでしたら、そのパンプスはきっぱりとあきらめましょう。

無理してきついパンプスを履いていると、外反母趾やタコなどの足の疾患はもちろん、血行不良で冷え性になったり、足をかばう歩き方で骨格にゆがみが生じたりと、全身に影響をおよぼすこともあります。