清潔感が大事な理由3つ。なぜ清潔感が重要視されるのか

最終更新日:2016年5月9日

清潔感という言葉は意外とよく使う機会がありますyo
ね。

「あの人は清潔感があっていいわね」のように人を判断したり評価したりするときに使いますが、清潔感っいったいどういうことって改めて言われるとなかなか難しいですよね。

それはこれを満たしていれば清潔感があるなんていう明確な基準があるわけではなく、それぞれの人の印象によるものだからです。

外見や内面のすべてを含めて、清潔感は成り立っているのです。

清潔感がなぜ大事なのかご紹介します。

1.相手を不快にしない最低限のマナー

まずは、至極当たり前のことですが、相手を不快にしないための最低限のマナーということです。

例えば爪が伸びていたり、髪の毛がぼさぼさでフケがついていたり、お風呂にろくに入っていなくて臭ってしまっていたり。

そういったことは周りの人が迷惑だったり、嫌な気分になりますよね。

あとは、肌が油ぎっていたり、歯がきちんと磨かれていなくて口臭がしたり、耳垢がたまっていたりするのも近くにいるといい気分はしませんね。

実際に衛生面でも清潔ではありませんし、人として誰かと接するときには必ず守っておきたいレベルのマナーです。

これは心掛ければすぐに直せることなので、今一度振り返って心当たりがあるものはきちっと直していきましょう。

ポイントは相手が不快に思わないかということです。


2.信頼感を与える外観振る舞い

もう一つ清潔感の大事な役割は相手に信頼感を与える、ということです。

ここでいう清潔感というのは本当に衛生面上の清潔ということとは少し異なります。

衛生面上の清潔は当たり前として、そのもう1つ上の段階として、人の印象に関わるようなものです。

一番わかりやすいのは、服装です。

例えばきちん自分にあったサイズの服を着ているとか、服がしわしわになっていないか、靴が汚れていないかといったところです。

こうした日常のことがちゃんと行えている、自分で自分のことを客観視して、相手に良い印象を与えるために気を付けることができているということが、相手への信頼につながります。

サイズのあったスーツをキレイに着こなしている人と、よれよれで薄汚れたたスーツを着ている人であれば、前者の人のほうが一緒に仕事がしたくなりますよね。

よく、真面目で信頼できる人のことを「あの人はちゃんとしてる」と言いますよね。

清潔感はそういう印象を与えるために必要です。

服装の他に食事のときなどのマナーがしっかりしているかということも大事です。

口をあけてしゃべりながら食べていたり、ぼろぼろ食べ物をこぼしたりするのは清潔ではありませんよね。

その他にも日常の生活を振り返ってみて、清潔感がかけているものがないか考えてみてください。

もしあれば、すぐに直しましょう。

これも心がけ次第ですぐに直せるものです。


3.人間性を表す

最後の清潔感の役割はその人の人間性を表す、ということです。

これまではどちらかといえばわかりやすい見た目の話をしてきました。

ただし、清潔感というのはそうした見た目だけのものではありません。

例えば、上司だろうが部下だろうが、好きな人だろうがそうでながろうが、分け隔てなく公平に接することです。

また、嘘をつかないことやずるいことをしないといった誠実さも清潔感となります。

これは一朝一夕でどうにかなるものではないですが、どうせなら外見も内面も清潔感のある人であるように一つ一つ日常の中で見直していきましょう。

見直しの方法としては、まず1日を過ごしてみて、今日自分は誠実に過ごせただろうかと、自分の行動や言動を思い返すことです。

何か気になることがあればそれをメモして、次にあったときはどういう風にしたらいいのかまで考えておくことです。

本当に些細で地道なことですが、続けることが大事です。

清潔感のさらなる向上を目指して頑張りましょう。

清潔感の大事さを知ろう

清潔感といっても本当に衛生上の清潔であるということから、見た目はもちろん、その人の人間性を表すものでもあります。

だからこそ清潔感という短い言葉であるのにもかかわらず、人が人を評価判断する上で重要なポイントになっているのです。

表面上だけではなく内面も含めて「清潔感」のある人間でいられるよう、また、さらに「清潔感」を向上させることができるよう、日々を振り返ることから始めてみてはどうでしょうか。

そうやって振り返ることから清潔感が始まります。