洗顔のために効果的に泡立てる方法4選

最終更新日:2015年2月18日

洗顔の時にはしっかり泡を作って、泡で優しく洗うというのはもはや常識になっていますよね。
きめの細かい泡を作ることによって、泡がお肌に接する表面積が大きくなるため汚れをしっかり取ることができます。

汚れを落としきれないと、肌トラブルを起こしやすくなりますので、たっぷりの泡で洗顔したいものです。

そこで今回は洗顔料で泡を作れる方法をご紹介します。

1.泡立てネットを使って泡立てる

最もオーソドックスな方法に、泡立てネットを使う方法があります。

固形の洗顔料でもクリームタイプでも液体や粉末のものでも、様々なタイプのものを泡立てられるので便利ですね。

洗顔ネット洗顔料を泡立てることを目的に設計されているため、それほど頑張らなくても、綺麗な泡を簡単に作ることができます。

使い方は泡立てネットを軽く湿らせ、洗顔料を泡立てネットの上に乗せ石鹸ならこすり付けたらもみ転がすように泡立てます。

また、洗顔ネットを使って泡を作る時は、泡立ったと思った時よりももうひと頑張り泡立てると、よりしっかりした泡ができ上がります。
泡立ったらきゅっとしごくようにして泡を手のひらに移します。

さらにどうしても泡立てネットで泡立てるときめが粗くなってしまうので、最後に手のひらできめを整えるように泡立てるといいですね。

使用後の泡立てネットをそのままで置いておくと、雑菌が繁殖する恐れがあります。
使った後はしっかりとすすぎ、きちんと乾かすのを忘れないでください。

100円均一のお店などでも売っているので、古くなったものはこまめに新しいものと取り換えるのも清潔に使える方法です。

2.スポンジを使って泡立てる

意外に簡単に泡立つのがスポンジを使った泡立てです。

デザインや色もさまざまなものがあるので、自分の好きなものを選んだり、洗面所の雰囲気に合わせたものを選んだりといったことも楽しめます。

使い方はスポンジをぬるま湯につけ、軽く絞ったところに洗顔料を適量載せて、あとはわしゃわしゃともみこむと、もこもこの泡が簡単にできます。

泡を手のひらに移す時はギュッと絞り込んで、せっかく作った泡を無駄なくたっぷり使うようにしましょう。

泡立てネットの時と同様、最後に自分の手のひらできめを整えるといいですね。

そして、スポンジも使用後はきれいに洗ってしっかりと乾燥させないといけません。
雑菌が繁殖するだけでなく、カビが生えてしまう恐れがあります。

スポンジのほうが泡立てネットに比べて使用後に洗うとき、時間がかかってしまうのが難点ですが、しっかりと洗うようにしてください。

できれば時々外で干してあげるといいですね。

3.ポンプ式の洗顔料を使って泡立てる

いろいろ考えるのは大変、朝は時間がもったいないのですぐに泡になってほしい、という方にお勧めなのが、ポンプ式の容器の洗顔料を利用したり、泡が出るポンプに液体の洗顔料を詰めて使用する方法です。

プッシュするだけで簡単に泡立った状態で出てくるのでとても便利ですね。
特にメーカーさんはよく研究し、自社製品が一番いい状態の泡を作るように研究しているはずなので、最適な泡ができる可能性が高いです。

液体の洗顔料で肌に合うものがある人はぜひ利用してみてください。

ポンプ容器を利用するときの注意は、詰め替えるときです。
特に別のメーカーのものを詰め替えたりするときは、必ずよく洗って完全に乾かしてから詰め替えるようにしましょう。

また、デメリットとしてワンプッシュの量が決まっているので、量の増減が難しかったり、自分好みの触感の泡が作れないということもあります。

4.自分の手で泡立てる

道具を用意するのはめんどくさい、洗顔後の手入れが面倒、という方には自分の手のひらを使ってしっかり泡立てましょう。

自分の手を使うときは特に、手に汚れや油分が残っていると、泡が作りにくくなりますので、しっかり手を洗ってから、洗顔料を手に取るようにします。

洗顔料の分量が少ないと、きれいに泡が立ちませんので、正しい分量を使いましょう。

手を受け皿のように軽くまげて、少しぬるま湯を加えて指先で、空気を混ぜるようにして泡立てていきます。

泡が立ってきたら、さらにぬるま湯少し足して泡立てるという作業を2~3回繰り返して泡立てていきます。
指の腹でこすると泡がつぶれてしまうので、優しく泡立てるのがポイントです。
泡立ちの目安は手の平を下にしても落ちないくらいです。

自分好みの泡になりますが、慣れるまで大変なのと、ほかの方法に比べてどうしても時間がかかってしまうというデメリットはありますが、一番経済的かもしれないですね。

どの方法が最も自分の肌に合うかを試してみよう

以上が洗顔時に効率的な泡立てについてになります。
ご自身に合う泡立て方は見つかりましたでしょうか。

時間があるとき・ない時で使い分けるのも方法かなと思いますが、どの方法で泡立てたとしても、顔を洗うときは泡で転がすように優しく洗顔しましょう。

せっかく綺麗に泡立てても、ごしごし洗いをしてしまうと、お肌へのダメージになってしますので要注意です。