嫉妬している女性がとる態度や行動。嫉妬心を見抜こう

最終更新日:2015年12月9日

周りにいる女性からなんだか当たりが強いような気がする…。

女性が女性につらく当たるのは多くの場合嫉妬心からになります。

嫉妬を女性から受けてしまったら早めに対策をしないといじめなどにつながってしまう可能性もあります。

そこで今回は嫉妬をしている女性がとる態度や行動をご紹介します。

1.避けたり無視をする

相手のことがうらやましくて嫉妬をしているとき、女性は憎しみに近いような感情を抱きます。

でも、大人の女性として職場や学校など公の場所であからさまに一人の女性に対して嫌っているような態度を取ったりすると、自分が嫉妬の対象よりも劣っていることを認めることになります。

さらに嫉妬して嫌がらせをしているのがばれた時のみじめさと言ったら耐え難いものです。

そのため、嫉妬をしている女性と言うのは、嫉妬の対象に対して極力近づかないようにしたり避けるような行動をとり、必要最低限の会話しかせずにSNSなどでも絡まないなど徹底的に嫉妬している相手から離れるようにします。

これは実に平和的な嫉妬をするタイプの女性で、小さな職場やクラスの中では関係が密接なのでなかなかこのように距離を取ることができないのが難点かもしれません。


2.比べたがる

嫉妬している相手となかなか適度な距離を保てなくなってくると、理性が嫉妬に負けて様々な態度や行動をしてしまいます。

その序盤として「比べたがる」という行動がああります。

嫉妬をするということはうらやましいと感じるだけあって自分にないものを持っている人に対して出る感情です。

そのため「すべてが劣っている」とまだ認めたくない嫉妬心が相手と自分を端から端まで比べることで自分が相手に劣っていない部分を探そうとしています。

例えば、とても美人でミスキャンパスになるような女性でも、部屋が穢かったり男癖が悪かったり育ちが悪かったり、人それぞれ探せばほこりの一つや二つは出てくるでしょう。

嫉妬をしている女性にとってこのような劣っている部分は非常に大きな部分になってくるのです。

嫉妬している相手が自分より劣っている部分が見つかれば「この部分はあの子よりのほうが私の方が上よ」という気持ちになることができます。

相手と自分が頭の中では平等な関係になるようなので、嫉妬に狂って悪口などを言わずに済むのかもしれません。

3.マウンティングをする

マウンティングとは学歴や彼氏のスペック、実家の金銭事情などを自慢・暗に自慢することで相手よりも自分が上の立場であることをわからせる行為だそうで、嫉妬をしている女性はそういった行為を頻繁にやってくるようです。

特に嫉妬の対象が友達やサークルの仲間などの身近な女性の場合、彼氏ができたとか少しいい思いをしただけでも嫉妬の対象になってしまいます。

そういった場合、身近にいる女性なので様々な点でマウンティングをして自分の方が上だということを示そうとします。

顔は笑顔を作っていても「○○ちゃんはメイクほんとに上手だもんね」などと嫌味たっぷりに人を見下すような発言をしてくる可能性があります。

陰湿な場合だともっとストレートに言われたくないことを言ってきたり、時には集団であざ笑うようなことをしてくるいわゆる集団マウンティングなどでいじめまがいのことをしてくる可能性もあるので注意しましょう。


4.蹴落とそうとする

嫉妬に狂ってしまった女性と言うのは時にとても恐ろしいものになるでしょう。

特に、恋絡みの嫉妬は恐ろしいものです。

親友の恋を応援していたのに自分が彼と付き合ってしまった・彼氏がいない同盟として仲良くしていたのに実はずっと彼氏がいた…など恋愛がらみで女性に嫉妬を買う理由はいくらでもあります。

その中でもほとんどの女性は割り切って付き合いをやめたり自分も頑張ることで嫉妬とうまく向き合うことができますが、思春期の学生やごく一部の人は嫉妬で相手の女性を蹴落とそうとしてしまいます。

仕事でわざとミスをするように罠を張ったり、罪をなすりつけたり…やり方は様々ありますが本当に恐ろしいものです。

一瞬の嫉妬でこのような行動をしてしまう女性もいるようですが、嫉妬を抑えきれなくなってしまったとは嫉妬される側の女性が無意識にその女性を馬鹿にしていたり、自慢をしていたりして女性の嫉妬をどんどんとあおってしまっていたのかもしれません。

特に幸せなことがあって頭がハッピーになってしまっていると余計なお世話であることをしてしまったり、傷つけるような行為をしてしまっているのかもしれません。

嫉妬時の行動を見抜こう

女性は嫉妬にかられても大人の常識を踏まえたうえである程度我慢が効くようですが、嫉妬される側の態度によって、女性を狂気に変えてしまうのかもしれません。

嫉妬というのは負けず嫌いに変換すれば糧に、嫉妬のまま嫌がらせに走れば悪になってしまうのかもしれません。