感受性が強すぎる時の改善方法。強い感受性をポジティブにとらえよう

最終更新日:2015年12月13日

感受性が強いのはとてもいいことですが、あまりにも強すぎてしまうと傷つきやすかったり被害妄想しやすかったりして人生が辛くなってしまうことも。

感受性と言うのはそもそも人の性格なので治すのは難しいですが人生を辛く生きるのは嫌ですね。

そこで今回は感受性が強すぎる時に改善する方法をご紹介します。

1.芸術に打ち込む

感受性の強い人と言うのは、自分の感情やストレスが膨大過ぎてそのやり場に困ってしまうことがありますよね。

ストレスをため込んでしまうと繊細になりすぎてしまったり、傷つきやすくなってしまいます。

そこでこのストレスをぶつける方法としてオススメなのが「芸術」です。

そもそも感受性の強い人というのは芸術の才能があると言われています。

様々なものからインスピレーションを受け取ることができる才能は大切にしたほうがいいかもしれません。

芸術と言ってもさまざまで絵・習字・工作・小説など自分の思いを一番ぶつけやすいものを選ぶといいでしょう。

有名な芸術家や小説家も感受性が豊かだった人が多く、もしかしたら仕事や学校でのストレスをぶつけて生み出したもので一発逆転できるかもしれません。

しかし感受性が強い場合、何かしらのガス抜きをしないとどんどんストレスが溜まって繊細になっていきます。

疲れやすくなってしまうので自分が打ち込める趣味などを見つけてガス抜きをすることによってだいぶ楽になるかもしれません。


2.ポジティブに考える

感受性が強く辛くなってしまうというのは、感受性が強すぎるゆえに人の言動や行動をネガティブにとらえてそれをどんどんと悪い方に考えてしまうことによって傷ついてしまうのです。

相手には何の悪意もないようなことでも感受性が強く敏感で繊細になってしまっている人の前では悪意のあるような発言に聞こえてしまい、その結果二人の間に気まずい空気が流れたり場の雰囲気が悪くなってしまうこともあります。

そういった場合、ネガティブ思考をポジティブ思考に変えてしまうといいかもしれません。

考えを前向きに買えてしまうことで感受性が強すぎることによるネガティブな被害妄想と止めることができますし、なによりもいいように考える癖がつけば小さなことで悩むことが少なくなるでしょう。

ポジティブに意識を改革するのはなかなか個人では難しいですが小さなことからポジティブに考えるようにしてみるといいでしょう。

もしも不安な場合は心理カウンセリングなどに行って臨床心理士などと相談をしながら確認をしながら考えてみてもいいかもしれません。

3.心を休める

感受性が強い人と言うのはストレスの多い環境に長くいることで大きな不安に襲われたり被害妄想にとらわれたりして精神に異常が出てしまうことがあるそうです。

実際に、感受性が豊かすぎるゆえに多くの芸術家や小説家が自殺をしてしまったりしているそうです。

そのため、感受性を弱くするのを意識するよりも自分の心とうまく付き合ってあげたほうがいいそうです。

もしも、ストレスなどで敏感になりすぎてしまったら、自然の多い温泉や景色のいい場所などを訪れるなどして自分の感受性を美しくてキレイで楽しいものでいっぱいにしてあげましょう。

そうすることである程度心が穏やかになって敏感になっていたり不安になっていた心も少しは緩和されるでしょう。

感受性が強くなりすぎてしまったときはガス抜きをする必要があります。

キレイな景色を見たり新しいものに触れて楽しむことは気分転換になっていいですし、仕事や学校などの休みに出かけるのを楽しみにしていれば感受性が高くなりすぎずに済むかも知れません。


4.病院での治療をする

感受性が強すぎる人は、時に大きな不安に駆られる強迫性障害などの心の病気にかかってしまっていることがあるそうです。

また、遺伝によって感受性が豊かになりすぎてしまう「HSP」という特性がある場合も。

こういった場合、自分で考え方をポジティブに変えたりストレスのガス抜きをするだけでは不安や敏感な感受性を取り除くことはできません。

HSPの場合は特性なので治療法はないようですが、カウンセラーなどと相談をして敏感になってしまうこと・周りを気にしすぎてしまうことを話してみるだけでもいいかもしれません。

また、強迫性障害など大きな不安に襲われてしまう場合は心療内科で治療をすることである程度改善されることもあるようなので相談に行ってみてもいいかもしれません。

感受性が高いというのはいいことですが、考え方によっては自分を生きにくくしてしまうこともあります。

強い感受性を改善していこう

感受性が強すぎる時は感受性を押さえてあげるような心に優しい行動をとりましょう。

それによってポジティブに変えてあげたり、時には病院やカウンセラーに通って自分の心としっかりと向き合うことも必要になってくるのかもしれません。