ストールとマフラーの違い6つ。肩にかけるか首周りにかけるか

最終更新日:2015年12月13日

秋から冬にかけて女性に人気のファッションアイテム、ストールやマフラー。

このストールとマフラー、どう違うのかご存じですか?

今回はストールとマフラーの違いをご紹介します。

1.肩掛け、襟巻

まず、日本語に置き換えてみましょう。

ストールは肩掛けでマフラーは襟巻です。

この名前からもわかるように、ストールは両肩にかけることのできる大きなもので、マフラーは洋服の上から首のまわりに巻く細長いものだという違いがあります。


2.形が違う

ストールは広げると正方形です。

1辺が100cm~150cmと広げるとかなり大きいです。

三角に折れば肩掛けにして使うことができます。

折り方によってはマフラーのように使うこともできます。

マフラーは長方形です。

幅は15cm前後、長さは150cmから2mくらいが多いようです。

首まわりに巻くので幅は細めです。


3.生地の厚さが違う

ストールの生地は薄手で、シルクやレーヨン、薄手のウールなどでできています。

もともと半分に折って使うので、1枚の生地の厚さは薄いのです。

薄手なので巻き方にも色々と工夫ができます。

スカーフのようにドレープを活かした上品で女性らしい巻き方もできます。

薄いのでジャケットの内側に入れ、襟元から見せるようにすれば防寒とおしゃれの両方に役立ちます。

広げると大きいのですがキレイにたためば思いのほか小さくなるので、持ち運びにも便利です。

もしかするとちょっと冷えるかも、そんな時にバッグに1枚入れておくことができる便利なアイテムでもあります。

一方、マフラーは毛糸で手編みができることからわかるように厚手の生地でできています。

冬の寒い日に首元を寒さから守るのに最適なアイテムといえるでしょう。

均一になりがちな冬のコートのワンポイントにもなりますし、顔近くに好みのさし色を持ってくることもできます。

冷えやすい首元を防寒することで、着ぶくれしなくて済むためバランスの良いコーディネートにも役立ちます。

なんといってもマフラーさえあれば冬らしいファッションになるという、最強の冬アイテムでもあります。

ただ、分厚いので外すとかさばって場所を取るという一面もあります。


4.使用するシーズン

ストールは基本的に薄手なので、防寒目的の場合は秋から初冬にかけて活躍します。

カシミヤやウールなど、保温性の高い素材のものもあるので、真冬にマフラー代わりにすることもできます。

明るい色や柄を選べば春先まで使えるでしょう。

さらに薄手で軽いイメージのリネン素材のものを選べば春から夏にかけて使うこともできます。

リネンは吸汗性と速乾性もあるので春夏に適した素材です。

さみしくなりがちな夏のファッションに、またはクーラー対策にもストールは使えるのです。

したがって、ストールはオールシーズンのファッションアイテムといえるでしょう。

マフラーはどうでしょうか。

生地が厚手で冬のイメージが強いアイテムですので、やはり冬がメインとなりそうです。

秋が深まって急に寒くなった日に巻くマフラーは、季節を先取りしたイメージになるでしょう。

マフラーでも薄手で大き目なものもあり、ストールのような巻き方ができるものもあります。

これなら秋から冬の終わりまで活躍するでしょう。


5.デザインの違い

ストールは様々な柄のデザインがあります。

無地のものはもちろん、ペイズリー柄や小花柄などとても多くのデザインがあるので目移りするでしょう。

こういった柄を活かした巻き方を工夫したり、季節感を出すことで楽しめます。

マフラーは無地、チェック、ボーダーなどが多いようです。

ニット素材であれば網目自体で様々なデザインを形作っています。

雪の結晶のように冬をイメージしたデザインが多いです。


6.与える印象の違い

ストールは薄手でデザイン性が高く、巻き方によっても様々な印象を作ることができます。

ドレープを活かしてゴージャスな雰囲気にしたり、ぐるぐるまいてカジュアルなスタイルにすることもできます。

おしゃれの工夫を活かすことのできるアイテムと言えるでしょう。

そのため、全体的にはデイリーユースのカジュアルな印象が強くなります。

マフラーは冬の定番アイテムで、黒やグレーなど押さえた色柄のものも多く、スーツに合わせるのにも選びやすいアイテムです。

かっちりした印象の巻き方も容易で一般的なため、よりフォーマルな印象が強いと言えるでしょう。

ストールとマフラーの違いを知ろう

ストールとマフラーの違いは沢山あります。

細かい違いはあっても、どちらも見ているだけでワクワクするアイテムですよね。

秋冬以外に春夏も使えるストール、真冬らしくほっこり温まるマフラー、それぞれにいいところがあります。

素材や色柄、使う場面に合わせていろいろとそろえて使い分けてみたいものですね。