スタバに甘くない飲み物ってあるの?

最終更新日:2015年6月21日

スターバックスといえば、マグカップもちょっと大きめでドリンクも味が濃いイメージが強いですよね。

甘みも濃いのでカロリー気になるし、一回飲むとしばらくお腹一杯なんてことも時々あったりしませんか。

でも実はスターバックスにも甘くないドリンクも色々とあったりします。

そこで今回はスタバにある甘くない飲み物をご紹介します。

1.ドリップコーヒー

カフェですから、いつ行っても淹れたてドリップコーヒーが飲めます。

その日によって、豆の種類が違いますので、ブラックで飲む方には、豆の楽しみを味わうには一番オススメのドリンクです。

ホットとアイス、どちらも甘みは入っていません。

もし、ミルクやポーションを追加したい場合は、店内にある無料の無脂肪ミルクやホールミルクを選んで入れることもできます。

氷の量を少なめにとか、ホットコーヒーが熱過ぎるのが嫌いな方は、氷を1~2個入れて欲しいと頼むとよいです。

氷があっという間に溶けて少しコーヒーの温度が下がり飲みやすくなります。

また、お時間があるのであれば、自分の好きな豆をチョイスして、プレスでコーヒーをオーダーすることもできます。

プレスにコーヒーを仕込んでテーブルに運んでくださるので、プレスの中でコーヒーの香りがだんだん引き立つのを感じることができます。


2.エスプレッソ

あまり知られていませんが、ラテやカプチーノは、エスプレッソショットにミルクを入れて作っています。

スターバックスではそのエスプレッソショットだけを頼んで飲むことができます。

エスプレッソは1ショットはソロ、2ショットはドピオとオーダーします。

ドリップコーヒー等と比べてほんの少量ですので、ぐびっと飲んで、苦味の後のナッツの香ばしさを楽しむような飲み方がよいと思います。

もしゆっくり飲みたい場合は、少しミルクを足すとエスプレッソのおとしたての美味しさも保たれるので、店内のミルクを追加するか、エスプレッソにホイップクリームを追加するエスプレッソコンパナというドリンクをオーダーするのも良いでしょう。

また、エスプレッソにお湯やお水を入れてエスプレッソの味を楽しむカフェアメリカーノというドリンクもあります。

日替わりの豆がお気に入りのものでなかった場合に、このアメリカーノをチョイスすると、いつも同じ味を楽しめます。


3.ドリップコーヒーやエスプレッソにミルク、豆乳を混ぜたドリンク

上に上げた2点は豆のおいしさをそのまま味わえる甘みのないドリンクでしたが、スターバックスにはミルクを入れたドリンクでも甘みのないものがあります。

ドリップコーヒーにスチームミルクを入れたカフェミスト、こちらはホットのみです。

エスプレッソにミルクを入れたスターバックスラテ、カプチーノ。

そしてどのドリンクも、ミルクは無脂肪、低脂肪、豆乳に変更できます。

これらのドリンクには甘みは入っていません。

その日の気分で、コーヒー少なめミルクを多めにしたいと思ったら、そのことを店員に伝えれば、量を加減して作ってくれます。

ドリップコーヒーで作るカフェミストの場合は、その日のドリップコーヒー豆の種類で、普通のミルクより無脂肪乳、低脂肪乳の方がコーヒーの味が引き立つ場合もあるので、オーダーする時に相談すると良いでしょう。


4.ティーラテシロップなし

スターバックスにはコーヒーしかない、若しくはティーはいまいちですのではと思っておられる方ってけっこういらっしゃるかもしれません。

しかしスターバックス、ティーもなかなかいけます。

ポットサービスこそありませんが、ティーラテには4種類の茶葉が選べます。

ただ普通にオーダーすると、ティーラテにはシロップが入っていますので、オーダーする時にシロップなしと言いましょう。

茶葉はイングリッシュブレックファースト、ラベンダーアールグレイ、フルリーフチャイ、ほうじ茶です。

それぞれに個性的な香りと味でリピーターになりますよ。

さらにおいしく飲んでいただくアドバイスで、オーダーする時に、オールミルクでと付け加えて下さい。

そうすると、お湯を入れて茶葉を煮出すところ、ミルクで作ってくれます。

さっぱりと飲みたい場合は、ミルクの味が濃くなるので、基本の量で作ってもらうのがよいと思います。


5.ティー

前項では、ティーラテを紹介しました。

こちらでは、ミルクを入れずに、お茶を楽しむドリンクを紹介します。

ティーラテでは茶葉4種類でしたが、ホットのストレートティーでは、6種類の茶葉を選ぶことができます。

イングリッシュブレックファースト、アールグレイ、チャイ、ほうじ茶、スペアミントグリーン、ハイビスカスブレンドです。

ティーバッグではありますが、スターバックスオリジナルの茶葉、それぞれのお茶の香り、味、そして色も茶葉によって特徴があり、ストレートで楽しむには十分といえると思います。

スターバックスには甘くないドリンクが沢山ある

スターバックスと言えばラテやフラペチーノと思われる方も多いかと思いますが、甘みのないドリンクだけでもこんなに奥が深いんです。

これに、フードペアリングや、豆の種類、ミルクの量、泡の加減等、考えていくと、スターバックスでの過ごし方もどんどん広がっていきそうですね。

あなたオリジナルのドリンクを見つけて楽しんでみて下さい。