水耕栽培でのハーブの育て方。自宅でハーブを育ててみよう

最終更新日:2015年9月10日

一人暮らしの女性でも手軽にできて経済的、しかもいつもの料理がちょっと美味しくなるということで水耕栽培でハーブを育てる方が増えています。

そこで、そんな水耕栽培でハーブを育てる方法についてご紹介します。

1.水耕栽培の基本

水耕栽培のいいところは、土を一切使わないので部屋の中でも衛生的に植物を育てることができることです。

しかも、栽培するために必要な物は簡単に手に入るものばかりで水やりもそんなにしなくてもいいので、気軽に育てることができます。

収穫量も多いので、お給料日前で困ったときに水耕栽培のハーブに助けられたという方はとても多いです。

水耕栽培キットもありますが、基本的に自作で作るとかなり節約ができる上に色んな種類のハーブをたくさん作ることができるのでオススメです。

その作り方について紹介します。

必要な物は基本的にちょっと大きめの容器、お茶パックやコーヒーフィルター、ハーブの種にパーライトの4つです。

まずはお茶パックかコーヒーフィルターにパーライトを入れ、その上から種を入れます。

そしたらその中に水を入れて完成です。

これだけでも育ちますが、少し芽が出たら栄養剤を入れることでますますハーブが育ちやすくなります。

栄養剤はホームセンター等で安く手に入れることができます。

作った水耕栽培キットは日当たりのいい場所に置いておくことで光合成をするのでさらに早く大きく育つようになります。

逆に日当たりの悪い場所に置くと育ちにくくなってしまうので、できれば日当たりのいい場所に置いておきましょう。


2.ペットボトルや100均のもので節約できます

水耕栽培はペットボトルを使っても上手に作ることができます。

ペットボトルの大きさは500mlのもので十分です。

まずはペットボトルを半分に切って、その中にネットかお茶パック、コーヒーパックを入れます。

その後は1の方法と一緒です。

栄養剤でもいいですが、最初から水の中に液体肥料を入れることでペットボトルでもしっかりと育てることができます。

ペットボトルは飲んで終わったものを使えばいいですし、色々なハーブの種等他のものも全て100均一で購入することができるので、かなり節約して作ることができます。

また、パーライトを使う代わりにスポンジを使う方法もあります。

ペットボトルの中に少し切ったスポンジを入れてハーブの種を入れることでさらに簡単に、節約してハーブを作ることができます。

今まで土でハーブを作っていて失敗してしまったという方もこの方法で上手に作ることができたという方は多いです。

3.なかなか日が当たらない場所に住んでいる方はキットがオススメです

自宅で水耕栽培をしたいけど、なかなか日が当たらない場所に住んでいる方は水耕栽培キットがオススメです。

LEDで育てるタイプのものだと、日当たりの悪い場所でもたくさんのハーブを育てることができます。

最初こそ費用がかかってしまいますが、たくさん育てることですぐに費用を取り戻すことができます。

パセリやハーブ、ミントやルッコラ等かなりたくさんのハーブ等を一度に育てることができます。

見た目もオシャレですのでインテリアにもなりますしそれほど電気代もかかりません。

しかも自分で作ったものですので安心して食べることができるのが嬉しいです。

今まで育てるのに失敗してしまった難しいハーブもこの水耕栽培キットで育てて初めて上手に育てることができたという声も多いです。


4.オススメのハーブ

水耕栽培で育てるのにオススメのハーブをご紹介します。

まずはバジルです。

バジルは少々放置していてもしっかりと、しかも大量に育つので初心者向けです。

しかもバジルはパスタや肉料理、魚料理等たくさんの使い道がありますので料理の幅を広げることができます。

レモンバームもオススメです。

こちらも育てやすい上にレモンバームティにして飲むことができます。

レモンバームティは爽やかでスッキリしますので、ちょっと一息つきたい時にピッタリです。

また、サラダに入れても美味しいです。

ミントは特にオススメです。

部屋の中がミントの爽やかな香りでいっぱいになります。

この爽やかな香りには様々な害虫を近づけさせない効果があります。

デザートの上に少しのせると可愛いですし、ミントティにすることもできます。

ちょっとエスニックな料理も作ることもできる万能のハーブです。

イタリアンパセリは、普通のパセリに比べてクセがなくて食べやすい上に保存が簡単なので水耕栽培初心者に人気があります。

パセリバターもこのイタリアンパセリを使うことで簡単に作ることができます。

水耕栽培でハーブを育ててみよう

水耕栽培でハーブを育てる方法についてご紹介しました。

全く難しくない上に安く作ることができるので、どなたでも簡単に挑戦することができます。

ですのでハーブを育てることに興味がある方は是非一度チャレンジしてください。

自分で育てたハーブを使って作った料理はいつもよりもより美味しく感じることができます。