人が好きなものを否定してくる人の心理とは

最終更新日:2017年4月20日

人の好きなものを否定してくる人に対しては、嫌な印象しかありませんよね。

自分が好きなものを否定されると、誰でも嫌な気持ちになるのは当然です。

なぜ人が嫌だと思うのに否定するのか、人の好きなものを否定する人の心理についてご紹介します。

1.相手のことを嫌っている

人の好きなものを否定する人の心理としては、相手のことが嫌いだと思っているので、嫌な気持ちにさせてやりたいと思っています。

他人から自分が好きなものを否定されると、誰でも嫌な気持ちになります。

自分が嫌いな人の好きなものを否定することによって、相手を嫌な気持ちにさせることができます。

相手のことが嫌いだからこそワザと好きなものを否定するので、相手から嫌われても平気だと思っています。

相手とトラブルになろうとも、嫌いな相手に嫌な思いをさせたいと思っているので、あからさまに嫌いな態度をとります。

好きなものを否定されれば誰でも嫌な気持ちになることを知っているので、あえて好きなものを否定して攻撃しようと考えているのです。

2.相手を羨ましいと思っている

人の好きなものを否定する人の心理としては、相手のことが素直に羨ましいと思っているので、否定的なことをつい言ってしまいます。

自分よりも下だと思っていた人が自分よりも幸せだと、それだけで相手のことを何とか否定したくなるものです。

根本的には相手のことが純粋に羨ましいと思っているので、相手の好きなものに関しても羨ましいと思う気持ちがあるでしょう。

しかし自分が相手の好きなものを肯定してしまうと、すべてが自分よりも上になって幸せになってしまうので、自分のプライドとしてウソでも相手のことを否定したいと思ってしまいます。

相手のことを直接できに否定できないので、せめて相手の好きなものを否定することで、自分のプライドを守ろうとしているのかもしれません。

相手のことが羨ましいという気持ちを素直に口に出せずに、否定的な言葉を言ってしまいます。

3.自分の方が優位に立ちたいと思っている

人は相手のことを知らぬ間に上か下かで判断することがあります。

例え友達だったとしても自然と自分より下だと判断すれば、相手への扱いもそれなりになるでしょう。

人の好きなものを否定する人の心理としては、自分の方が相手よりも優位な立場に立ちたいという心理が働くことで、相手の好きなものを否定しようとします。

相手の好きなものを否定すれば「そんなものが好きなのか」と言うことができます。

自分はもっとグレードの高いものが好きだと言えば、相手よりも上の立場にいるという優越感を得ることができます。

自分よりも下の人間ならば好きなものを否定する必要もないので、素直に素敵だと言うことができるでしょう。

しかし自分よりも優位な立場の人だと判断すれば、自分の方が優位に立つためにあえて相手の好きなものを否定するという行動に出るのです。

4.相手を嫌な気分にさせてストレス発散

人の好きなものを否定すれば相手を嫌な気持ちにさせることができるので、単純に自分のストレス発散をすることができます。

人の好きなものを否定する人の心理としては、自分のストレス発散のために相手を嫌な気持ちにさせようとします。

相手が不快に思ったり嫌な気持ちになっている時は、不安そうな表情をするものです。

自分が嫌な思いやをしていたりストレスが溜まっているのに、幸せそうな人を見ると余計ストレスが溜まってしまうと考えます。

そこで幸せそうな人に対して自分のストレス発散のために、相手の好きなものを否定して嫌な気持ちにさせるのです。

ストレス発散にもなりますし相手の幸せな気持ちも壊すことができるので、自分だけが嫌な思いをしていたくないという心理が働いているのです。

5.相手の気持ちを考えられない人

人の好きなものを平気で否定できるのは、相手の気持ちを考えることができないからできることです。

相手の好きなものには興味がなく、自分が好きなものを知って欲しいという心理が働きます。

そのため自分と好きなものが違えば、相手の好きなものを平気で否定することができます。

それよりも自分が好きなものの方が断然良いと思っていますし、好意で相手の自分の好きなものを勧めようともします。

相手の好きなものを否定すること自体に悪気はなく、相手が好きなものを否定された時の気持を考えることができません。

自分が好きなものを否定された経験がないと、他人の気持ちを考えることもできないので、悪気はないが無意識のうちに他人の好きなものを否定してしまいます。

否定してくる人とは距離を置こう

人の好きなものを否定する人の心理を紹介しましたが、基本的には否定する人とは距離を置いた方がいいでしょう。

好きなものを否定された時の嫌な気持ちを知っているのに、あえて否定してくる人は相手の気持ちを考えていない証拠です。

相手の気持ちを考えない人とは良い付き合いをすることができないので、できるだけ避けるようにした方がいいでしょう。