好きだと気づいても認めたくない理由とは

最終更新日:2017年7月28日

あるとき自分が、誰かのことを好きかもしれないと自覚したとき、それを素直に喜べるときと、なんだか複雑な気持ちになって好きと言う気持ちを認められない時があります。

好きかもしれないのに、その気持ちを認めることができないのは、なぜなのでしょうか。

そのような気持ちになる理由を以下にまとめました。

1.相手が自分のタイプではない人で戸惑っているから

誰でも自分の理想とする人を好きになれば、この人が好きだと素直に認められるはずですし、好きになることも至極当然のことです。

しかし、人の気持ちは思ったほど簡単なものではありません。

好きになる人全てが、自分のタイプとする人とは限らないことも結構あるものです。

自分のタイプではない人を意識していることに気づいたとき「こんなはずではないはず」と戸惑ってしまうことでしょう。

特に、ただタイプではないならまだしも、むしろ苦手だと思っている人や嫌いな人がその相手だったときは、絶対に好きとは認めたくないはずです。

ですが、苦手意識を持っていた人が相手でも、何かちょっとしたきっかけでその人のことを好きになってしまうことがあることを、経験したことがある人も意外と多いのではないでしょうか。

自分の理想の人ではないとはいえ、自分の気持ちを素直に受け止めてみましょう。

不必要な感情を取り払うことで、恋愛が成就する可能性がアップします。

2.相手に負けたような気持になるから

プライドの高い女性は、自分に見合う男性でなければ認めたくないという気持ちが強いです。

男性と肩を並べてバリバリ仕事をするキャリアウーマンの女性や、周りが遠巻きに見てしまうほどの美貌を持っている女性は、それだけ自分に自信があります。

自分に自信があるということは、そのあたりにいる平凡な男性よりも何より自分が好きだということが多いです。

人を好きになるということは、その人を慕うということと同義です。

そのため、自分が相手に負けた、屈服したような感覚になり、プライドの高い女性はなかなか相手のことを好きになったことを認めようとはしないのです。

好きという感情の前では、しおらしくなってしまう自分を見せたくないという気持ちもあります。

3.恋愛感情を抱くことで一喜一憂したくないから

誰かのことを好きだと意識した段階から、恋が始まるといいます。

恋愛を楽しむことが好きな人は、好きな人を自覚することで恋愛に一喜一憂する毎日に充実感を感じることができるでしょう。

しかし、恋愛に臆病な人や、あまり過去にいい恋愛経験がない人は、恋愛を始めることを嫌ってしまいます。

恋愛は楽しいものではありますが、嫉妬や寂しさなど、つらい気持ちなることもたくさんあります。

そのつらさばかりを感じてしまう人は、恋愛を始めたくないと思い、この人のことを自分は好きになっているかもと思ってもなるべく認めようとはしないのです。

恋愛感情を持つことで、その人の一挙一動に感情を揺さぶられたくないと思ってしまうことが多いです。

4.彼氏がいるのに違う人のことを好きになってしまっているから

好きだという気持ちを認めたくない理由には、さまざまな事情が絡む場合があります。

その一例として、自分にそもそも彼氏がいるのに、他の男性のことを好きになってしまっている状況があげられます。

自分にもともと相手がいるのですから、当然、別の男性のことを好きかもと思っても素直にそれを認めたくはないですよね。

恋愛感情が彼氏以外に向いてしまうなんてとんでもない、と罪悪感を覚え、必死でその気持ちを否定しようとするはずです。

しかし、好きになってしまったものは仕方がありません。

気づいたときにはその気持ちに蓋をできないくらい、好きという気持ちが大きくなってしまっていることもありますから、このような場合は、彼への気持ちと、別の男性への気持ちの間で悩むことになってしまうでしょう。

5.仲の良い異性の友達という関係性を壊したくないから

異性で、非常に仲良くしている友達というものは、近年では珍しいものではありません。

男女の友達同士でルームシェアをする人もいるほどですし、親友というもののあり方も、必ずしも同性同士ということではなく変質してきています。

しかし、その友達という間柄でありながら、そこに恋愛感情が絡むと少し厄介なことになってしまいます。

好きという感情は素晴らしいものですが、時として人の関係性を壊してしまいます。

もし、仲の良い友達から、異性として好きという気持ちを伝えてしまったら、前のような関係性に戻ることはなかなか難しいでしょう。

また、自分たちだけではなく、複数の男女がいるグループに自分がいて、その中の一人を好きになってしまったら、周りの仲間のことも考えてしまいますよね。

今の良い関係性を壊したくないという思いから、恋愛感情に気づいても認めたくないという気持ちが生まれることもあります。

好きだと認めたくない時もある

好きだという気持ちに気づいても、それを認めたくない気持ちが芽生えるのには、それぞれ何かしら事情がある場合が多いです。

しかし、好きという感情を抑えようとしても、それは誰もが苦労することです。

自分の気持ちに素直になれるように、一度落ち着いて、感情の整理をする時間の持ることができると良いでしょう。