好き避けか嫌い避けかを見極める方法。男性の態度で好意を見抜こう

最終更新日:2015年5月23日

こどもの頃意地悪する男の子は「好きだからこそ意地悪する」等と言われていました。

外国の映画などを見ていると「あんなに素直に伝えられれば」と思うほど、抱き合ったりキスしたりするシーンが出てきますが、シャイな日本人男性にとっては敷居が高いと言えます。

大人になっても変わらず好きな人だからこそ避けてしまったり、素直になれない人はまだまだ多いのではないでしょうか。

ここでは男性に避けられている様に感じる場合、好きだからこそ避けられているのか嫌いだから避けられているのかを見分ける方法をご紹介します。

1.話しかけた時の彼のしぐさに注目

例えば意中の彼が会社にいる場合、女性は好きな彼によく見られたいとメイクや服装に注意したり、少しでも注目してもらう努力をする人が多いのではないでしょうか。

しかし好きな男性は少し迷惑そうだったり、明らかに避けられている様に感じる時に「きっと嫌われている」と決めつける前に、本当に嫌い避けかどうかを判断するためには彼のしぐさに注目してみましょう。

彼が目を合わせてくれないし態度もそっけないけれどしきりに髪や顔のパーツに触れてる、又は服のしわを何度も直そうと洋服を何度も擦る様な仕草をしている場合は緊張を示す合図です。

人は緊張をしている時や不安な時には「自己接触」と言って自分の体のパーツに触れることで安心させようとするのです。

つまり彼も気になるあなたが目の前に現れ、声を掛けられたことであなたにどう見られているか緊張してしまい、自分を落ち着ける為に何度も自己接触を繰り返していると考えらえますので、「好き避け」という可能性が高いのです。

逆に自己接触が全く感じられず、むしろリラックスしている様にすら見える場合は嫌われている可能性の方が高い、嫌い避けであると言えるでしょう。


2.頼みごとをした場合

頼みごとをした時の彼の態度でも好き避けと嫌い避けが分かってしまいます。

例えば彼に頼み事をした時に彼が明らかに避けていたり嫌がっている様子である時、「無理に言わない方が良い」と感じて「無理なら大丈夫です」とこちらが引き下がってしまうかもしれません。

そんな時に彼の方が「難しいな~」や「無理かも~」と言いながらも、「いつまでなら大丈夫なの」等と詳細を聞こうとしたり、引き下がろうとした時に「いや、まったく無理ではないけど」と少し可能性をみせてくれる場合、「一回確認します」という様な自分は無理でも他の人ならと別の方法を探してくれる様であれば好き避けと考えられます。

本当に嫌われて避けられている場合にははっきりと「無理です」とは言わなくても、詳細を聞かずに「申し訳ないけれど他をあたってもらえますか」という様な言い方で自分ではかなえられないことを伝え、可能性を見せることはしないはずです。

頼みごとをしている時の彼の態度が目は合わないものの、体だけこっちを見ている場合は好き避けである可能性が高いでしょう。

逆に目も合わせず体も向けない様な避け方の場合は、嫌い避けと言えるでしょう。

3.会話中の冷たい態度に注目

彼と会話をしている時に、旅行を楽しみにしているという話題や今度2人でどこか行こうという話題の様なワクワクしていることを彼に伝えた時に急に冷たい態度を取られたり、きつい言い方をされたりすることもあります。

あるいは大勢で話している時に誰かにあなたの服装や持ち物を褒められた時に、彼だけ冷たい態度をとってあなたが傷ついてしまうこともあるかもしれません。

その時の彼の態度に注目すればそれが好き避けなのか、嫌い避けなのかが分かります。

例えば誰かに「今日の洋服かわいいね」と言われたのに、彼は「それほどでもない」とか「俺はかわいいと思わない」等と冷たいことを言うとします。

その後に「まぁ似合ってるけど」という様なカバーする様な発言や、その発言の後にあなたが悲しんでいないかちらちらと確認している様子があれば好き避けと言えるでしょう。

本当は自分もかわいいと思っているのに素直に言えず、照れ隠しで冷たいことを言ってしまう男性なのかもしれません。

逆にあなたの様子も気遣わずに「似合ってない」という様なはっきりした発言や、かわいいと言われているあなたを見ようともしない男性、話を全く違うものに変えようとしてしまう男性は嫌い避けをしているのかもしれません。

好きであればあなたの様子が気になりますし、傷つけてもきっと申し訳なく態度に出てしまうはずです。

しかし嫌いで避けている男性ははっきりと嫌いとは言わずともできるだけあなたを中心とした会話を避けたり、気遣う様子が見られるとは考えられません。

冷たい態度の彼には、その後の発言に注目してみてください。

好き避けと嫌い避けの違いを理解してコミュニケーションをとろう

男性の好き避けと嫌い避けの違いは意外に簡単に分かります。

日本人男性はシャイな人が多く、素直にかわいいとか好きといった感情を伝えるのが苦手なだけではなく、照れた結果避ける様な態度をとってしまう人もいます。

本人も素直になれず結果傷つけたことを後悔している恐れもありますので、好き避けかなと感じたらあなたが気にせずに続けて話しかけたり、笑顔を見せるのもいいでしょう。