年下男性へ効果的なアプローチ方法6つ

最終更新日:2015年2月15日

好きな人には自分のほうを振り向いてほしいと思ってしまうのが恋心ですよね。しかし思いに任せてただガムシャラにアピールすればいいというものではありません。
どんなアプローチ方法が効果的なのかは相手がどんな男性であるかによって変わってきます。
ここでは年下の男性に恋をしてしまった時にどんなアプローチをするのが効果的なのかをご紹介します。

1.年の差を感じさせない親しみやすさをアピール

年上慣れしていなくて年上相手だとそれだけで緊張してしまうタイプの男性や、かしこまってしまう男性など、女性が年上であることをプラスに捉えない男性相手には親しみやすさをアピールしましょう。

例えば一緒にいる時に男性が面白いことを言った時や楽しい時は思いきり笑ってはしゃいでみたりと無邪気な面を見せるのです。
ポジティブな感情は多少オーバーに表現しても悪い印象は与えません。

メールでのやりとりにかわいらしい顔文字を使ってみるのもいいですね。

年上に苦手意識を持っている男性の場合「実際は年上だけど、いい意味で年上らしくない」「一緒にいると年の差を忘れてしまう」と思わせることで一気に親近感が湧いてくるのです。

2.男性の頼もしさを引き出す

こちらも年下であることに引け目を感じている男性に効果的な方法です。
こういったタイプの男性は年下=頼りない、情けないといった固定観念を持っているため引け目感じている場合があります。

そこを逆手にとって、男性の頼もしさを引き出してあげるのが有効です。
例えばふと荷物を持ってくれた時、目的地までスマートに連れていってくれた時、車道側を歩いてくれた時など特別なことでなくても紳士的な振る舞いをしてくれた時は少しオーバー目にお礼を言うのです。

「あなたってとても頼りになる」「頼もしいね」などとストレートに言葉にして伝えるとより良いですね。

次第に男性は、自分のことを頼りにしてくれてるという自信が持てるようになり固定観念による引け目も解消されるのです。

3.弱い一面を見せる

こちらは普段他人から「しっかりしてそうだね」とよく言われる方にオススメしたい方法です。
年上だとどうしてもお姉さんポジションになってしまいがちです。

しっかりした年上のお姉さんも魅力的ですが、そんなあなたが弱い一面を見せることで年下の男性をドキっとさせることが出来るのです。
いわゆる「ギャップ萌え」ですね。

例えば男性にこっそり悩みを相談してみたり、落ち込むようなことがあった時にポロリと弱音を吐いて見たり…少しだけ弱い面を見せてみましょう。重くなり過ぎないようにさりげなく、その男性だけに見せるのがポイントです。

普段とのギャップがあるからこそ男性の印象に強く残りますし、自分だけに弱いところを見せてくれたあなたの姿を見て男性は守ってあげたくなるです。

4.悩みを聞いてあげるなど大人なお姉さんアピールをする

これまで挙げてきたアプローチ法とは反対に、年上であることを強みにしてアピールするのがこちらの方法です。
男性が年上好きな場合や年上慣れしている場合、または甘えん坊タイプの場合に有効です。

男性が仕事などで疲れている様子が見られた時にコーヒーや、チョコレートなど疲労回復効果のあるちょっとしたものを差し入れをしたり、男性がふと愚痴をこぼした時に流したり馬鹿にしたりすることなく、うんうんと話を聞いてあげるなどです。

年下や同年代とは違った年上の包容力に男性は心地よさを覚えることでしょう。

5.料理上手で家庭的な一面をアピールする

胃袋を掴む、という言葉があるように男性は手料理や家庭の味にグッとくるものです。
仕事が忙しかったり、一人暮らしの男性は自分で料理をする時間がなかなか取れないので、どうしても外食やコンビニなどで買ったごはんに頼ってしまいがちです。

最近では外食やコンビニ弁当もおいしくなってきていますが、やはりいつもそればかりでは飽きてしまいます。
手料理が食べたいな…とひそかに思っている男性も少なくないはずです。

そんな多忙な男性に効果的なのがこちらの方法です。

お花見などのイベントごとがあった時にちょっとした差し入れを持っていくなどさりげなく料理上手な面をアピールしましょう。「この人の手料理を食べてみたいな」と思ってくれることでしょう。

年上の落ち着きとおいしそうな手料理は家庭や帰る場所を求める男性の目にとても魅力的にうつります。

6.一緒にいて落ち着く存在であることをアピールする

男性は女性の前で「かっこよくいたい」「強く思われたい」という気持ちが強いものです。
また「男なんだからしっかりしなきゃ」と自らを奮い立たせている男性もいることでしょう。

しかし男性だって同じ人間ですから、そんな風に肩肘を張っていては疲れてしまう時もあります。
頑張りすぎてしまうタイプや「男だから」と無理をしてしまいがちなタイプの年下男性には、頑張らなくてもいい、落ち着ける場所を作ってあげましょう。

例えば男性が壁にぶつかって苦戦している時や上手くいかずに苦労している時に「あなたが頑張っているの知ってるよ」とねぎらいの声をかけてあげたり、「無理しすぎないでね」「頑張りすぎないでね」と気遣う声をかけてあげるといいでしょう。あくまでも見守っている立場でいながらも、彼が弱音を口にした時は「そういう時があってもいいよ」と認めてあげるます。年上
の女性だからこそ、普段は意地を張ってしまいがちな男性の心にもすっと入っていきます。次第にあなたは男性にとって弱い面も見せられる、一緒にいて落ち着く存在になっていくのです。

男性のタイプに合わせたアプローチをしよう

男性のタイプ別に6つのアプローチ法をご紹介しました。あなたの意中の年下男性はどんなタイプでしょうか。

どのアプローチ方法にも共通するのは、相手の立場になって考えること、相手を思いやる気持ちを持つことです。
このことを忘れずに男性にぴったりなアプローチ方法を試して、是非恋を叶えて下さいね。