疲れ顔を解消する方法。目元や乾燥、ほうれい線など疲れ顔の原因をケアしよう

最終更新日:2016年7月22日

若い頃には感じなかった体の変化や肌の変化を年々感じている人は多いと言えます。

肌の変化は10代から20代、それ以降と感じやすいですが、しっかり寝たはずなのにある日ふと鏡を見た瞬間に顔に疲れが出ていて驚くことはありませんか。

ここではそんな疲れ顔を改善する方法をご紹介します。

1.目の周りにスペシャルケアを

まず疲れ顔とは何かを知るにはテレビで実際の年齢よりも随分年上の役を演じる俳優の方や、分かりやすく老いた役を演じる芸人の方のメイクを観察するのが良いでしょう。

その様な役を演じている人は特に目元の小じわ、そして目の下のクマを書き足している場合がとても多いと言えます。

つまり目元の小じわやクマは年齢よりも年配に見えるということであり、疲れ顔を改善するためには目の周りのケアがとても大切であるということが言えます。

顔の皮膚は体の皮膚よりも薄いと言われていますが、顔の中でも最も皮膚が薄いのが目と口の周りです。

皮膚が薄いということは肌が乾燥しやすいということであり、目元の小じわはその乾燥が原因であるとも考えられます。

メイクを落とす時には目元のメイク専用リムーバーをコットンに湿らせ、目元のメイクになじませましょう。

そのままコットンを下に滑らせる様にメイクを落とすことで目元のしっかりメイクをごしごしせずに落とし、肌の乾燥を防ぐことができます。

又メイクの後は目元専用のクリームなどを利用して特に皮膚が薄い肌を守りましょう。

メイクをする時にはコンシーラーを使用するか、リキッドやクリームファンデーションを多めにとって目元に少しずつ叩き込む様になじませましょう。

この方法であれば顔全体にカバー力の強いファンデーションを使用して厚ぼったい雰囲気にならず、目元だけを明るく保つことができます。

目元はもっとも視線が集まる顔のパーツですので、この部分を若々しく保つことで疲れ顔を解消することができると言えます。


2.ほうれい線を隠す

次に疲れ顔を隠すためにはほうれい線を隠すことが大切です。

ほうれい線は笑しわとも呼ばれ、表情豊かなひとにはできやすい線です。

しかしこの線も年齢よりも老けて見えてしまい、疲れ顔に見られてしまいます。

ほうれい線を隠すためには顔のマッサージかまたは顔面体操を取り入れましょう。

まずマッサージですが、乾いた肌のまま強く擦ると肌に負担をかけ結果くすみの原因となってしまいます。

その為できるだけ専用のマッサージクリームを使用しましょう。

たっぷり目にクリームを取ったら少し擦り合わせてクリームを温め、肌に乗せます。

ほうれい線を消す様に下から上に円を描く様に指を動かします。

顔のたるみによってもほうれい線は発生しますので、下から上に顔の筋肉を動かすことでたるみを解消しほうれい線を解消することができます。

この時皮膚を擦るのではなく、皮膚の下の筋肉を動かすことを意識しましょう。

また顔面体操も続けると効果的です。

方法は口いっぱいに息を吸い込み、口と鼻の下の皮膚を伸ばす様に頬を膨らませましょう。

これを15秒間数回を1セットとして一日に繰り返すことでほうれい線を解消することができます。

マッサージは毎日は難しくても1週間に1回ほど、顔面体操はテレビを見ながら等空いた時間に数回、毎日続けることで疲れ顔を解消することができます。

3.顔のくすみを取る

最後に疲れ顔の原因となるくすみを解消しましょう。

肌は年齢を重ねるにつれて紫外線を浴びる時間が蓄積されシミが増えたり、新陳代謝が落ちることでくすみの原因となりえます。

生まれたての赤ん坊は肌がぷりぷりしていて、くすみとは縁遠い透明感のある肌をしています。

それは赤ん坊の肌は水分をたっぷりと含んでいるからなのです。

つまりくすみを解消して肌の透明感を取り戻すことで疲れ顔を解消できると言えるでしょう。

くすみは2でご紹介した顔のマッサージが効果的です。

ほうれい線の周りだけではなく、下から上に円を描く方法で顔全体の筋肉を動かしましょう。

顔のマッサージは全身でいう有酸素運動です。

マッサージ=有酸素運動の後は次に使う化粧水が浸透しやすくなりますので、透明感が増します。

フェイスマスクの使用もいいでしょう。

フェイスマスクは集中的に保湿が可能ですが、あまりに長時間使用すると逆に肌の水分がマスクの方に戻ってしまい肌の乾燥に繋がりますので15分程度を目安に使用しましょう。

外出中やオフィスにいる際も加湿器を使用したり化粧水のミストを持ち歩き、普段から水分を肌に補給しましょう。

顔のくすみは顔色を悪く見せ、結果疲れ顔に見えてしまいますので、肌の保湿を常に意識することをお勧めします。


4.凝りを取る

顔の疲れはマッサージで流し出しましょう。

洗顔後のキレイな肌に、滑りの良いローション(フェイスケア用)でマッサージしましょう。

眉間や目頭辺りにはツボもあります。

目元はあまり強くマッサージをすると充血やクマの原因になるので、目尻から下瞼、涙袋を通り目頭に流し、目頭から上瞼を通りこめかみまで流します。

口元は口を閉じたまま横に広げます。

つまり口を閉じたまま「い」の発音をしているような状態です。

その状態の時の横端が少しこんもりすると思いますが、その辺りにツボがあるので、ほうれい線を上から下までクルクルとマッサージしながら下へいき、その部分まで持ってきたら斜め上へ頬のお肉を持ち上げるように流します。

その後は耳の付け根辺りから首筋横を通り、鎖骨まで流しましょう。

顎の部分は、顎下に両親指を付けて顎下ラインに沿って耳の付け根後ろまで押し流します。

その後は首筋横を通り鎖骨へ。

意外と知られていないかもしれませんが、顔も凝るのでスキンケアをしながら毎日マッサージで凝りを取ってあげると翌朝の顔つきも少し違ってきます。

5.睡眠時間を多めに

疲れている時はお風呂に長くつかる、半身浴なども良いですが、やはりなんといっても睡眠。

睡眠時間はたっぷり取るべきです。

10時間などあまり長すぎても逆に疲れが残る場合もあるので8時間目安に取ってみましょう。

夜10時には就寝しましょう。

そこから8時間後は朝6時となります。

睡眠が足りない人に多いのはむくみやクマなどです。

これはうまく循環がおこなわれなかった証拠です。

人間は寝ている間でも循環機能が活発に働いています。

血の流れで色々なものを顔を含む身体中に届けたりしています。

その時間が短ければ中途半端に終わってしまい、機能がうまく働かなくなります。

睡眠不足は腸にも関係しているので、腸の動きも悪くなり便秘になります。

便秘になれば腸内環境が悪化して体調不良などにもなりえます。

こんな悪循環サイクルでは疲れが取れず身体や顔にも出てきますので、できるだけ早めに寝て睡眠時間を多めに取りましょう。


6.肩凝りも顔に影響する

肩凝りが起こると、偏頭痛を伴う人もいるのではないでしょうか?偏頭痛が起こるのはみなさん決まった場所、方向の人が多いでしょう。

そして肩凝りも頭痛も病気のサインの時もありますが、疲れている時も起こり得る事です。

肩凝りからの偏頭痛で、例えば前頭部右半分に痛みを感じる場合に鏡を見てみると、右半分の顔が下がってたりする事があります。

顔の歪みが起こった疲れ顔です。

この疲れ顔の場合は肩凝りなどを解消しないといけないのですが、肩凝りも揉みほぐして良い場合とダメな場合があります。

できれば、肩凝りは目の疲れや首の凝りから起こりやすいので目元を休める、温める、うなじ少し上辺りをマッサージするなどして和らげる事がおすずめです。

7.リラックスする時間を取る

疲れ顔は疲れた時だけでなく、ストレスをたくさん感じた時にも表れます。

ストレスは自分でも気づいていない時にでも感じている場合があり、それが蓄積されていくようです。

つまり、誰しもが毎日少なからず何等かのストレスを抱えているという事です。

ストレスを解消するだけで心が少し軽くなり、それも表情に表れてきます。

1トーンは明るい表情に変わると思いますので、1日の中でリラックスする時間を作ってみましょう。

リラックスするとは人によって異なりますので、自分の中で1番の癒しだと思う事をしばし時間に拘束されず楽しむ事。

時間の拘束は最大のストレスですので、時を忘れて、なにもしなくてもただボーッとしてみるのも良いでしょう。

8.蒸しタオル

水で湿らせたタオルをビニール袋に入れてレンジで20秒ほど温めて蒸しタオルを作ります。

熱いようであれば空気にふれさせて少し冷ましから、顔全体に覆います。

女性であれば、化粧をキレイに落として洗顔後におこないましょう。

程よい温度で温めると血行が良くなり、むくみも取れますし、目元などもスッキリしてきます。

蒸しタオルは顔の疲れを取りながらも、その後のスキンケアにも効果があり、蒸しタオルで温められた肌は化粧水なども浸透しやすいのでオススメです。

また家に絶対あるもので簡単にすぐできるので時間やお金もかからず一石二鳥です。

1度試してみてはいかがでしょうか?

疲れ顔の原因をケアして改善していこう

疲れ顔を解消する方法はお分かりいただけたでしょうか。

疲れ顔の原因は目元、乾燥、ほうれい線が大きな要素です。

一日で大きく変化するというよりも毎日続けることが大切であると言えます。