うざいアプローチを上手くあしらう方法

最終更新日:2017年5月17日

アプローチは、してもらうととても嬉しい事ですよね。

ですが、中にはしてもらってもありがたくない、うざいアプローチもあります。

ここではうざいアプローチの上手なあしらい方についてご紹介します。

1.まずはそれとなくと断る

うざいアプローチをされた時はまずは「ちょっと今は忙しいので」等それとなくと断る事から始めましょう。

確かにうざいかもしれませんが、アプローチをしてくる人はあなたの事を思って、好意を持ってくれているのです。

そこは忘れないようにして相手に敬意を払い、なおかつそれとなく断りましょう。

やんわりと断る方法ですが、相手がアプローチを始めたら「すみません、これから用事があるので」等すぐにその場から離れるようにしましょう。

それを何度も続ける事で、うざいアプローチをしてくる人も脈が無いと段々察するようになります。

2.徐々に会う頻度や会話をする頻度を減らす

それとなくと断っても尚諦めずにうざいアプローチを続ける人を相手にしている場合、できるだけ徐々に会う頻度を減らし、会話をする回数を減らす事でうざいアプローチをかわしましょう。

相手も会う頻度が減り、会話の回数が減る事でどんどんあなたへの気持ちが無くなってくるでしょう。

また、周りにこの状況を知っている人がいるなら困っている事を相談をしてあなたの味方になってもらいましょう。

うざいアプローチをしてくる人の中にはストーカー化するとても危険な人もいます。

そういう人だった場合、周りに予め相談をしておく事であなたを守ってくれます。

3.気になる人がいる事を伝える。

彼氏がいる場合はハッキリと言う

うざいアプローチをしてくる人がいる時、彼氏がいる場合はハッキリとその事を言うようにしましょう。

彼氏がいるのにアプローチをしている人にハッキリとその事を言わないのは彼氏に対しても、うざいアプローチをしてくる人に対しても失礼な行為になってしまいます。

また、うざいアプローチをしてくる人もあなたに彼氏がいる事が分かる事で早く諦めて次の恋愛に向かう事ができるようになります。

この時、彼氏の事を大好きで、この世界に彼氏以上の人はいないという事もきちんと伝えましょう。

そうする事でほとんどの場合諦めてくれます。

お互いの素敵な恋愛をするために、早く彼氏がいる事を伝えるようにしましょう。

また、気になる人がいる場合もその事をそれとなく伝えましょう。

そうする事でほとんどの場合は諦めてくれます。

ですが、問題はそれでも諦めず「そんな人よりも自分と付き合った方がいい」とうざいアプローチを続ける人です。

この場合は、もうかわすのでは無くハッキリと言う、もしくは避ける段階まできています。

キッパリと断りましょう。

4.今は付き合うとか考えられないと言う

うざいアプローチの上手なかわし方で、好きな人もいなければ彼氏もいない場合は「今は仕事に集中したいので、彼氏とか考えられない」と言いましょう。

こう言う事で多くの場合相手は「それなら仕方ない」と諦めます。

この時大切な事は余計な情報を相手に与えない事です。

「今は趣味に集中したい」と言うと、どんな趣味なのかを聞いてきてあなたのプライベートまで邪魔してくる可能性が高くなってしまいます。

ですので、仕事に集中したい、もっと仕事ができるようになりたいという事がベストです。

うざいアプローチを上手にあしらう事ができますし、仕事ができるようになる事でもっと自分自身を高める事ができます。

もちろん、口だけではなく本当に仕事に集中する事が大切です。

また、プライベートで何をしているのか聞いてきても「仕事のための資格の勉強をしている」と言いましょう。

相手に仕事に集中している事を伝え、自分の情報をしっかりシャットアウトする事が大切です。

そうする事で脈や隙が全く無いと相手は諦めるでしょう。

5.嫌な女を演じる

何をしてもうざいアプローチを相手がやめない場合、最終手段は嫌な女を演じるようにしましょう。

この時、万が一その現場を見られてしまった時のために周りにこの事を伝えておく事も大切です。

いつもツンとしている、うざいアプローチをしてくる人が話しかけても無視をする、笑顔無く冷たい言葉で話す等その人がいる前でだけは嫌な女を演じる事で「本性はこういうひとだったのか」とうざいアプローチをする人は諦めます。

この時大切な事は「可哀想かな」と思わない事です。

うざいアプローチをする人は一瞬の隙をついてくる人が多いです。

ですので、嫌な女を演じると決めた時はそれを徹底するようにしましょう。

うざいアプローチを上手にあしらおう

うざいアプローチの上手なあしらい方についてご紹介しました。

やんわりと断ったり、彼氏がいる事、もしくは気になる人がいる事を伝える等上記のようなあしらい方をする事で多くの場合、うざいアプローチをしてくる人は諦めます。

ですが、それでも諦めずにうざいアプローチを続ける人もいます。

あまりにうざい場合は自分一人で抱え込まず、誰か頼りになる人に相談をしましょう。

また、何をしてもダメという場合はもうあしらう段階を超えています。

そういう時はハッキリと言う事も大切です。