指輪が抜けなくなった。指輪をスルリと外す方法

最終更新日:2015年7月27日

なんとなく指輪が気になって指から外そうとしたら「抜けない」という事を体験した事はありませんか?

抜けない瞬間かなりあせるものですが、こういう時は無理に外そうとせず一旦冷静になる事が大事です。

無理に外そうとすると体力も消耗するし、指も痛くなってなに一つ良い事はありません。

今回はそんな困った時に指輪がスルッと外せる方法をご紹介します。

1.抜けないのがむくみかどうか判断する

「何日か前まではスポッと外せたのに」という場合は指がむくんでいる可能性が高いです。

そういう場合は無理をせずにむくみが解消されるのを待つのが一番でしょう。

しかしそれでも急いで外さないといけない場合は、むくみを軽減する必要があります。

そういう時は手を上にしばらく挙げているとむくみが軽減する事がありますので試してみると良いでしょう。

時間がある場合は暖かいお湯に指を付けて血行を促進しむくみを取るという方法もあります。


2.クリームや石鹸などを使用する

昔から良く言われている王道中の王道の指輪の外し方です。

これはクリームや石鹸の成分が指と指輪の間に入り込み、滑りを良くしてくれる事で外れるという仕組みです。

短時間でとれる可能性の高い簡単で指にも負担が少ない指輪の外し方です。

まだはめたばかりの指輪が外れない場合はこの方法だとスルッと外れる可能性が大です。

どちらも身近にあるものですので困っている方は早速試してみましょう。

クリームがない場合はサラダ油やマッサージオイルなどの油でも代用可能です。


3.指輪を回しながら上へ上げてみる

指輪がとれない場合に、力だけでただ上に引っ張ったところで抜く事はできません。

無理にひっぱると指自体が傷つくこともありますので注意してください。

そういう時は指輪を左右に動かしながら上にあげていくと、少しずつですが指輪が上へ動く事があります。

少しずつ左右に動かすのがポイントです。

この方法は上記で紹介した、石鹸やクリームと併用すると更に効果がアップします。

ぜひ試してみてください。

しかし抜けないものを無理に動かしてる事自体、指には負担になっていますので決して無理のないようにしてください。


4.糸類を使う

この方法はかなり指輪が外せる確率が高いですが、その分手間と時間もかかりますので、まずは簡単な方法から試してみてダメならこれで試してみるという順番の方が良いかもしれません。

用意するものは糸です。

糸を指輪に通し、その通した糸を第1関節位まで巻きます。

ポイントは丁寧にきつく巻く事です。

巻き終わったら下の方の糸から引っ張り、巻いた糸を指からほどいていきます。

すると驚くほどスムーズに抜けなかった指輪が抜けていきます。

この時に使用する糸ですが、できるだけ細いものの方が成功率が高いです。

タコ糸でも可能です。

またきつく巻く為に、指も血がとまってうっ血しやすい状態になります。

そういうリスクを軽減するためにも素早く巻いて素早くとる事が必要になってきます。

またこの時にも糸にクリームを塗るとさらに滑りが良くなり、抜けるスピードが上がります。

クリームは指輪が取れなくなった時の万能選手です。


5.どうしてもダメなら他人の力を借りる

「これらの方法を試しても抜けない」という場合は、おそらく時間をかけて頑張ったとしても自分でどうにかするのはほぼ不可能でしょう。

そういう場合は他人の力を借りましょう。

少しためらわれる方法ではありますが、指輪を切断するという方法です。

高い指輪や思い出のたくさんつまった指輪ほど切断するというのは苦渋の決断になります。

しかし、とれない指輪をそのままはめ続けると、うっ血し痛みや指に深刻な支障をきたす可能性もあります。

指輪は修理すればまた使用できる可能性もありますので、ここは自分の指を優先しましょう。

指輪の切断は主に「病院」「消防署」などで行っています。

切断方法はリングカッターという器具で切断します。

消防署での切断は、事前に連絡を入れて時間を決めた後行くと無料で切ってくれます。

この際、ケガをしたり指輪に対する弁償請求などは行わないという内容の同意書の記入が必要となります。

病院ではリングカッターを置いているところと置いていない所があります。

その為病院で切断を希望の場合はまず一度確認をしてみましょう。

抜けない指輪

実は抜けない指輪を外すための方法はこんなにもあるのです。

指に負担の少ないものから順番に紹介していますので、まずは始めに紹介した方法から試してみましょう。

指輪よりもまずは自分の指が大事です。

最悪指輪を切断することになっても、今の技術であれば修理することは可能です。

しかし、指は支障が出た場合なかなか元の通りには戻りません。

指輪が外れないと気づいたら放っておかないですぐに対処する事が、一番指にも指輪にも負担なく大事にならずに済む方法ですので気をつけましょう。