アヒル口は男ウケしない!なぜアヒル口がダメかを知ろう

最終更新日:2015年11月13日

一昔前までカワイイとされてきた「アヒル口」。

最近では、このアヒル口を好まない、むしろ嫌がる男性が増えてきています。

どうしてアヒル口が男ウケしなくなったのでしょうか、まだアヒル口を利用している人はその理由を知っておくべきでしょう。

1.自分がカワイイと勘違いしているという認識から

女性は自分がカワイイと思われたい為に、ファッションやメイクにも日頃から気を遣っています。

しかし、仕草に関して計算が見えてしまうアヒル口は、カワイイと思われる所か、自分がカワイイと思っている自意識過剰なタイプだと思われてしまうのです。

テレビや雑誌でアヒル口を目にして、カワイイと思った女性がやったり、鏡の前で自分が良く見える表情を練習している人に多く見られます。

男ウケしないのは、この自意識過剰さを感じ取られてしまう為。

自意識過剰であるということは、ちょっとした勘違いした女性という認識をされてしまうのです。

自分がカワイイと思っていても、それを表現するには方法が他にあります。

アヒル口という方法で表に出してしまうことで、変な勘違いをしている女性と思われるのです。

自意識過剰であることを逆にアピールしてしまうアヒル口は、男ウケしない理由になっているのです。


2.計算高い女性だと思われる

アヒル口を故意的に用いる人は、自分を良く見せたいという人や、女性として意識されたいという意識が強い人です。

こうした気持ちがアヒル口を介して、男性は察知するようになったのです。

少し前までは、アヒル口を故意的にやっていても、それが計算によるものだと気付く男性が少なかったですが、現在は様々なメディア等で取り上げられることが多くなり、そこには女性の計算が隠されていることを知っている男性が多くなったのです。

計算高いということは、もし恋愛に発展しても自分の利益しか考えないタイプであったり、わがままな女性というイメージを持たれてしまうのです。

頭が良い、頭の回転が早いといったような計算ではなくて、生きる上で自分が得する生き方を心得ている計算の仕方に、男性は恐怖すら感じてしまうのです。

あまりに計算高い女性は、何を考えているか分からないといったイメージを持たれ、同時に本当の姿を見ることが出来ないという印象を与えてしまっているのです。

アヒル口は自分が意識しないと出来ない形。

だからこそ、計算の高さが伺えるのでしょう。


3.そもそもカワイイと思えない

アヒル口は一時期女性らしさを強調するものとして人気を集めましたが、その時点からそもそもカワイイと思えないという男性もいたのです。

男性が好む女性のタイプは一つだけではありません。

サバサバしたタイプや、あまり着飾らないタイプ、少し男っぽい所がある女性といったように、男性にも好みが分かれます。

女性らしさや女の子のようなイメージを好む人にとっては、このアヒル口の評判が良かったですが、他の男性にとってはそもそも好みではないのです。

アイドル好きや、若い女の子が好きなタイプをターゲットにしたこの表情。

男性すべてがアヒル口を好む訳ではなかったということです。

口を前につき出す形、顔に力を入れている形が嫌いという男性も結構多く、それに加えてブームが去ったことから男ウケしなくなったのでしょう。

いまだにアヒル口を用いて男性を誘惑している人は、痛い女性だという印象を受けてしまうこともありますので、注意が必要です。


4.無理している印象を受ける為

アヒル口をするには、自分で意識をして常にその形をキープしなければなりません。

長い時間一緒にいたり、話しながらキープをすることは結構大変なものです。

その大変さが表情に出てしまったり、形が崩れることによって、無理していることを男性に悟られてしまうのです。

内心「無理しなくても良いのに」「頑張ってアヒル口にしている」と思ってても、女性が良かれと思ってしている為に指摘することが出来ません。

また、無理していることで必死さが表れてしまうのです。

力を抜いた時、疲れてしまった時に自然と素に戻る瞬間があり、その表情を目にすることで男性は嫌なギャップを見てしまったと思うことでしょう。

良い意味でのギャップであれば好印象ですが、無理を保つことが出来ずに崩れてしまうギャップにはあまり良い印象を与えないのです。

自然体でいること、ナチュラルさを出すことが男ウケするものになりつつあります。

無理したり必死になることで、逆に引かれてしまうこともあります。

アヒル口は男ウケしないことを知ろう

アヒル口はアイドルが決めの表情としたり、流行として一時期人気が高くなりました。

しかし、元からのアヒル口の人と比べると、そこには計算が隠されていることや不自然さを感じる男性が多くなったのです。

人気を高めたアヒル口はメディアに取り上げられることが多くなった為に、かえって本性を見抜く材料にもなってしまったのです。

計算の高さや自意識過剰さといった面を、自ら発信してしまうアヒル口は、男ウケしない特徴になってしまったのです。