脚をキレイに長く見せる方法。美脚に見せよう

最終更新日:2015年6月28日

夏が近づくにつれて女性の露出が増えてきますね。

女性にとって大事な脚ですが、モデルさんのように長くて細い脚に憧れますよね。

けれど物理的に長くはできないので「美脚に見せたい」と思ったこと誰しも一度はあると思います。

そこで脚を長くみせるためにできることをご紹介します。

1.美脚バランスを整える

脚を長く見せるためには、まず脚の形がきれいなことが条件にあがります。

身長はヒールでカバーするとして、まずは脚の形を美しくしましょう。

美脚バランスとは脚の長さの絶対値ではなく、太もも・ふくらはぎ・足首の太さのバランスの黄金比は5.3.2と言われているのですがその黄金比を整えることで背が小さくても足が美しく見えます。

この美脚の黄金比だけでなく、O脚やX脚などの場合、足が曲がっている分足の長さが短く見えてしまっています。

O脚やX脚は自宅エクササイズやヨガ・接骨院などで改善することができるためO脚・X脚の方は改善を試みることで足がまっすぐ長く見えます。

背が低くて足の長さがどうにもならないと思っている方でも、美脚(足の形)を整えることで足をまっすぐ美しい形にするとすらっと長い美脚に見えるでしょう。


2.脚にもメイクをする

脚のパーツモデルさんやファッションモデルさんなどメディアで足を出している方のほとんどが脚にもメイクをしています。

メイクと言っても痣や傷、虫刺されなどをコンシーラーで消したり、シェービングで陰影を出しハイライトで細く錯覚させ、仕上げはパウダーできめの細かいなめらかな肌に仕上げるそうです。

メイクをすればクレンジングが必要になりますので多少面倒になりますが、いざという時の奥の手で使用してみてはいかがでしょうか。

ハイライトやパウダーをはじめ使うものは顔メイクにご利用になっっているものですので今すぐに試すことができるのが最大の利点。

しかし弱点は座ってくつろいだりするとパウダーやファンデーションが椅子などについてしまったり、アパレル店などで試着もできないことです。

脚専用のBBクリームなども販売させているので、日焼け止めを塗る際に色のついているものを選んだり、気になった痣にはコンシーラーを、脚の中心(骨の上)にハイライトをうっすら塗ってあとはパウダーを軽く叩く。

素足を見せるファッションの時だけですので少し早起きして挑戦してみましょう。

夏のレジャーなどでモデルさんのようにきめ細やかな肌でメリハリのある脚をメイクでつくってみませんか?

3.ヒールのある靴を選ぶ

ハイヒールは脚をきれいに長く見せる手っ取り早い手段です。

少しでもヒールがあるだけでひざ下がすらっと長く見えますね。

一般的に美脚に見えるヒールの高さは7~8センチのものと言われています。

ヒールによって足に角度がつくと足首が伸びて脚を長く見せ、さらにそのハイヒールの色をヌーディ―カラーにするとさらに脚長効果があります。

ヒールは高いほど足が細く見え身長も高くなりますがナチュラルに脚を長く見せるにはストームと呼ばれる前のヒールの部分が高くなっているものなどは歩きやすくするために足の角度がなだらかになってします。

するとたとえ10センチでもふくらはぎの位置が高くならないことも…。

ですのでストーム部分があるヒールを選ぶときはかかとのヒールからストームを差し引いて6~7センチになるものを選びましょう。

ただし、ストームがついているヒールですと高いヒールの靴を履いているなとすぐにわかってしまうのでストームのついてないハイヒールをオススメします。


4.脚が細く・長く見える服を着る

ヒールだけでなく、ボトムス選びや着こなしによって脚を長く見せることができます。

例えば「ハイウエスト」。

ハイウエストのボトムスは文字通りウエストの位置を高く見せることができるので必然的に脚が長く見えます。

ハイウエストのボトムスに合わせるならショート丈のトップス。

胴を短く見せる演出をすることでさらに脚が長く見えます。

足が細くきれいな方はハイウエストのスキニーパンツやショートパンツ・ミニスカートなどに挑戦できますが、O脚やX脚に悩んでいたり、脚が太いのが気になる方は最近はやりの「ガウチョパンツ」やミモレ丈スカートでハイウエストな物を選び、ショート丈トップスをあわせてみましょう。

脚に自信がないのなら足の細い部分(足首)だけ見せあとはゆったりしたガウチョパンツやミモレ丈スカートなどで隠し想像させます。

ハイウエストのものだと脚が長いように錯覚するので、人間は隠れている部分も細くきれいな脚をイメージします。

より効果をアップさせるために5~7センチのヒール靴を合わせると良いでしょう。

キレイな脚に見せていこう

誰もが憧れるきれいな脚は努力の結晶のようですね。

美脚バランスを整えるために本格的に始動するも良し、簡単に服選びで脚長効果を使うも良し、みなさんも自分にあった方法で今年の夏は「脚を長く」見せて充実してすごしましょう。