バツイチであることを上手に打ち明ける方法4つ

最終更新日:2017年2月11日

好きな人や付き合っている人に、自分がバツイチであることを告げるのは勇気が必要です。

もしかしたらそれがきっかけで、距離を置かれてしまうかもしれないなどと、色々考えてしまいます。

バツイチであることの上手な打ち明け方を学んで、相手に自分のことを受け入れてもらいましょう。

1.告白された時に本当は「バツイチ」であると伝える

バツイチであることの上手な打ち明け方に、告白された時に伝えるというものがあります。

一番最初に伝えてしまうことで、相手はもちろん自分自身も気持ちを軽くすることができるでしょう。

相手が自分に対して告白してきた時に「私はバツイチだけど、それでもいい?」と聞いてみましょう。

そうすれば、万が一相手が「バツイチはダメだ」という人であっても、相手を騙すことにはなりません。

一番最初に大切なことを相手に伝えるのは、とても誠実な態度です。

嘘偽りのないあなたに対して、相手はますます好感を持つことでしょう。

最初に告白された時に、きちんと「バツイチ」であることを伝えれば、その後交際が始まってもスムーズに進みます。

言いにくいことほど、一番最初に伝えてしまうようにしましょう。

その方が、相手にも誠実であり、揉める原因となりません。

一番最初に告白された時に、バツイチの事実を伝えることが、上手な打ち明け方となるでしょう。

2.相手の気持ちが落ち着いている時を狙って話してみる

バツイチであることの上手な打ち明け方には、色々なパターンがあります。

大切なことを伝えるなら、相手の気持ちが落ち着いている時を狙って話してみる必要があります。

恋人の様子をよく見ていて、今感情的に落ち着いているなと思えたら、そっと打ち明けてみましょう。

何か心配事がある時や、忙しくて疲れている時は、心のキャパシティーも小さくなってしまい、相手の言うことを受け入れられなくなってしまいます。

そういう時に「バツイチである」などと大切な話をするのはNGです。

ここ最近精神的に落ち着いていて、心配事がなさそうな時を狙って、実はバツイチなのと伝えてみましょう。

ポジティブな思考をしている時は、バツイチであることを「悪い」とは考えないはずです。

悲しい思いをしただろうから、今度は自分と一緒に幸せになろうそういう風に、前向きに考えることができるでしょう。

相手が落ち着いてリラックスしている時はいつか、相手の気持ちをよく考えて、そしてバツイチであることを打ち明けるのです。

落ち着いた気持ちでいるなら、相手も冷静に受け止めてくれるでしょう。

3.将来の話が出た時に打ち明ける

将来の話が出た時に、実は「バツイチなんだ」と打ち明けてみましょう。

それがバツイチであることの、上手な打ち明け方となるでしょう。

「いつかは一緒に住みたいね」とか「将来こういう結婚生活を送りたい」なんて話が出た時に、そっとバツイチであることを伝えてみましょう。

将来の話をしてくるということは、あなたとの交際が真剣であるということです。

いつかは二人で家庭を築きたいという気持ちがあるはずです。

だからわざわざ将来をの話を振ってくるのです。

そういう話は、二人の未来を考えるきっかけとなります。

そんな大事な話をする時には、自分自身が抱えている秘密を打ち明けることができる、ベストなタイミングです。

二人の未来を考えているからこそ、将来の話を恋人は口にしてくるのです。

その時こそ、自分がバツイチということをきちんと伝えましょう。

そうすればきっと、相手との関係をもう一度作り上げることができます。

そしてその関係を、揺るぎないものものにすることができるでしょう。

4.テレビなどでバツイチの話題が出た時に告げてみる

バツイチであることの上手な打ち明け方にの一つに、テレビなどでバツイチの話題が出た時に、伝えてみるという方法があります。

突然何の脈絡もなく「バツイチなの」と打ち明けるより、はるかにスマートな伝え方となるでしょう。

たまたまテレビ番組の特集などで、バツイチの話が出ていたら、軽い感じで「実は私も」と、告げてみましょう。

そうすれば、重苦しい雰囲気にならないで、相手に打ち明けることができます。

もしかしたら「えっ本当に?」なんて驚かれてしまうかもしれませんが、ちょうどテレビでバツイチの話題が出ていた時ですから、まだ普段に比べて心構えができているはずです。

テレビや雑誌などで「バツイチ」という言葉が出てきたら、さりげなく恋人に、自分もバツイチなことを言ってみるのです。

テレビのおかげで、重苦しい雰囲気にならずに、相手に伝えることができるでしょう。

バツイチであることを打ち明けよう

バツイチであること、その事実も、今のあなたを作るために必要なことだったと言えます。

もし相手が自分のことを真剣に考えていてくれるなら、バツイチである事実をポジティブに受け止めて、一緒にいようと言ってくれるはずです。

相手の精神状態を見極めながら、バツイチであることを伝えましょう。

よりお互い分かり合えるようになって、素敵なカップルになることができるでしょう。