ヤキモチをやいていることを彼に伝える方法

最終更新日:2017年4月7日

付き合っていると、どうしても恋人のことが気になってしまったり、ヤキモチをやいてしまうことがあります。

そういう時、あからさまに不機嫌な様子を見せてしまうと、相手も嫌になってしまうでしょう。

ヤキモチをやいていることを上手に伝える方法を知っていれば、二人の関係を悪くすることなく、自分の本当の気持ちを伝えられるでしょう。

1.LINEのスタンプを利用してみる

ヤキモチをやいていることを上手に伝える方法に、LINEのスタンプを利用してみるという方法があります。

ちょっと怒った感じのスタンプと「何だかヤキモチ焼いちゃったよ」と、短いメッセージを送ってみましょう。

ヤキモチをやいてしまった時、やけに不機嫌になって黙り込んでしまったりすると、相手は困惑しますし、もしかしたら幻滅されてしまうかもしれません。

そういう時に便利なのが、LINEのスタンプです。

本当はかなり怒っていても、ポンと怒った顔のスタンプを送れば、こちらのネガティブな感じは伝わらないでしょう。

LINEのメッセージを読んだ恋人から「ごめんごめん」なんて言いながら、ヤキモチをやかせたことのお詫びの電話が入るかもしれません。

ヤキモチをやいていることを伝えたい、ただあまりシリアスにはなりたくないそういう時には、LINEのスタンプを使って、こちらの気持ちを伝えましょう。

そうすれば、きっと恋人はあなたの気持ちを分かってくれて、謝りの電話やメールがくることでしょう。

2.「ヤキモチやけるな~」とかわいらしく言ってみる

ヤキモチをやいていることを上手に伝えるなら、かわいらしく「ヤキモチやけるな~」と言ってみるのも、オススメな方法です。

ちょっと口を尖らせたりして、少しだけ怒った雰囲気を演出してみましょう。

そうすれば、きっと恋人は「まずい」と思って、あなたにちゃんと向き合ってくれるはずです。

恋人が他の女性と盛り上がっていたりすると、何だかモヤモヤしてしまいます。

「私よりも、他の人の方がいいのね」なんて言葉を思わず口に出したくなることでしょう。

そういう時、無理に我慢してしまうと、いつまでもネガティブな気持ちを引きずってしまいます。

恋人の肩をトントンと叩いて「私、ヤキモチやいているんだけど」と、言ってみるだけで、自分自身がスッキリするはずです。

言われた恋人も、うかつだったことを反省してくれるはずです。

そしてそれ以上他の女性と話し続けたりすることはないでしょう。

ヤキモチをやいている時は、素直にそのことを恋人に伝えてみましょう。

ちょっとかわいい感じで口にすれば、彼氏は迷惑どころか、彼女の愛情を感じて幸せな気分になります。

気持ちをため込まずに、ストレートに言ってみることも大切です。

3.恋人の腕を引っ張ってヤキモチをやいていることを知らせる

ヤキモチを焼いていることを上手に伝える方法として、ちょっと恋人の腕を引っ張ってみましょう。

そうすれば、きっと「どうしたの?」と言いながら、こちらの様子に気が付いてくれるでしょう。

恋人に向かって、はっきりと「ヤキモチをやいている」と言えないこともあります。

周りに人がいたりすると、その人達に気兼ねをして、何にも言えずに黙ったままになることもあるでしょう。

そして帰る時に、恋人に不満をぶちまけても、相手は戸惑ってしまいます。

「なぜその場で言ってくれなかったの」という気持ちになって、思わぬケンカを始めてしまうことでしょう。

恋人の様子を見てヤキモチをやいてしまったら、その場でちょっと腕を引っ張ってみましょう。

そして自分に注意を向けて、ヤキモチをやいていることに気が付いてもらうのです。

いくら鈍くても、彼女が何だか浮かない顔をしていたら「今の状態が嫌なんだ」ということは分かるはずです。

恋人にヤキモチをやいているとメッセージを送るには、相手の腕をそっと引っ張ってみましょう。

また、他にも軽くつねってみてもいいですね。

そうすれば、それが彼女からの「ヤキモチやいていますよ」というメッセージであると、きっと気が付くはずです。

4.一日の終わりにさりげなく伝えるようにする

ヤキモチを焼いていることを上手に伝えるには、相手にも冷静になってもらわなくてはなりません。

一日が終わって別れる時に「実は、今日はヤキモチをやいてしまったの」と、そっと伝えてみましょう。

二人であちこち出かけて、色々な人と会った日は、最期に「楽しかったね~」という言葉を言いたくなります。

しかし、もし自分がヤキモチをやいていたりすると、なかなかそういう気持ちにはならないでしょう。

恋人が「楽しかったね?」と、こちらに聞いてきた時が、本音を伝えるチャンスです。

落ち着いた様子で「実はね」と、ヤキモチをやいてしまったことを恋人に伝えましょう。

自分の気持ちを冷静に話すことで、恋人もちゃんと真面目にあなたの言葉を受け止めてくれます。

今日は終わってしまったけれど、次から同じ思いはさせないように、配慮してくれることでしょう。

ヤキモチをやいていることを伝えよう

ヤキモチをやいていることを上手に伝えることができたら、無用なケンカをすることがなくなり、二人はもっと仲の良いカップルになれます。

付き合っているのですから、ちょっとしたことでヤキモチをやくことはあるはずです。

そういう時こそ、感じが悪くならないようにして、うまく自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

そうすることが、一番大切な対処法となります。