キャラ作りに疲れた時の対処法。猫を被り演じることをやめてみよう

最終更新日:2015年12月29日

人から自分はこう思われたいと思ったり、人間関係を壊したくないので自分ではやりたくないのに、人前ではキャラを作って毎日なんとか暮らしている人も多々いるでしょう。

特に女性に多いキャラ作りですが、そんなキャラ作りをしていることに疲れた時の対処法としては、どういった方法があるのでしょうか。

1.一人になってみる

人間関係を壊したくないので、自分では演じたくもないキャラを演じていることもあるでしょう。

また出会った時に自分の印象を良くしようと思って、キャラ作りをしてしまったので、そのままキャラを作らなければならなくなって疲れることもあります。

女性には特に表と裏の顔を持っている人が多いですが、人間関係を築く時にはキャラ作りも必要な時があるのも事実です。

しかしいつまでもキャラ作りをしていては、うわべだけの関係性になってしまうこともありますよね。

人間関係を気にすることなく、キャラ作りをしなくていい方法は一人になることが一番です。

キャラ作りをしてできた人間関係は、所詮キャラ作りをしなければ関係性を続けることができません。

できれば素の自分として人間関係を築きたいと思うはずです。

キャラ作りに疲れたならば一人になって人間関係を絶ってみましょう。


2.人の目を気にしない

人に良く思われたいと思ったり、人間関係を良好にしたいと思っているのでキャラを作っていたのでしょう。

素の自分を見られると友達にはなってくれないかもしれないなど、マイナスな考えが作用したのかもしれませんが、決してそんなことはありません。

誰にでも個性がありますし、自分の嫌な部分もそれぞれ持っているものです。

それでも人とは繋がることができますし、自分に自信を持つことは大切です。

キャラを作ってまで人によく見られたいと思っていたのでしたら、素の自分をもっと磨く努力をすればいいのです。

毎日人の目を気にして生きていくのはとても疲れることなので、キャラ作りをしないで人の目を気にしないで生活することができれば、こんなに毎日が楽しいんだと気づくことができるでしょう。

人の目は所詮色眼鏡でしか人を判断しないので、本当の自分の魅力には気づいてくれないものです。

3.自分自身に素直になってみる

キャラ作りが疲れたと思えたのは、そのキャラを演じている自分が嫌になったからでしょう。

自分に素直になることができれば、嫌なことはしないでありのままの自分を出すことができるようになります。

自分がやりたいこと、自分がやってみたいことに挑戦したり、または感じたことを素直に表現することはとても大切なことです。

キャラを作ったことは自分の意思で始めたことなので、その時はそれがいいと自分で判断したのでしょう。

しかし考えが変わってきたことでキャラを演じるのが嫌になれば、素直にそのキャラを止めれば済みます。

周りの目を気にすることなく、自分に素直になって生きていれば、毎日に疲れることなく楽しく生活することができるでしょう。


4.素の自分になれる場所を見つける

キャラ作りをしていることに疲れたら、素の自分に戻れる場所を見つけましょう。

一人の時間、趣味の時間、親友との時間、彼氏との時間など、自分が素に戻れる時間を上手く活用してストレスを発散されることも大切です。

キャラ作りは職場では往々にしてみんなやっていることです。

特に女性は多いですし、上司に一度睨まれると仕事がやりにくくなるのでキャラを演じ続けなければなりません。

職場でのキャラはなかなか変えることができないので、自分なりのストレス発散法で乗り切りましょう。

また友達付き合いにもキャラを作っていることが多いです。

特に学生時代とは違って社会人になってからの友人はキャラを作って知り合った人が多いのでなかなか大変な部分もあります。

いつでも自分が素に戻れる場所があれば、精神的にも楽になるので自分に戻れる場所を探しておきましょう。


5.思い切って素の自分を出してみる

キャラを続けていくのに疲れたら、思い切ってカミングアウトしてみましょう。

案外自分が思っているよりも、周りは受けいれてくれるものです。

キャラを作っていてもいずれはバレるものだと思っていますし、キャラがいつまでも続くはすありません。

大抵は年齢と共に性格も変わっていったりしますから、キャラが変わったとしてもほとんど影響はないでしょう。

キャラ作りを止めた時には少しは周りに何か言われるかもしれませんが、よっぽど素の自分でいた方が楽だと感じるはずです。

素の自分を出す方が自分にとっても大きなメリットが多いので、キャラを作ることに疲れたら、思い切ってキャラをやめてみましょう。

キャラ作りに疲れたら立ち止まろう

キャラ作りをしている人の多くは、周りの目を気にしている人が多いでしょう。

女性は見られることにも慣れていますが、やはり自分を偽るのはとても疲れるものです。

キャラを作ることに疲れたらそのキャラになりたくないと思っている自分がいるはずですから、思い切ってキャラ作りを止めてみてもいいのかもしれませんね。

自分が思っているよりも周りの人は自分のことを気にしていないものです。