ゲームをやめる方法とは。ゲーム中毒から抜け出そう

最終更新日:2017年11月7日

スマートフォンひとつあれば、色んなゲームを楽しめます。

これまでコンシューマー機でソフトを提供していた会社が力作を作っていることもあり、面白いゲームが多くあります。

そのために一度始めると、なかなかやめられないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、どのようにすればやめることができるのかを挙げていきます。

1.外出する用事を作る

家に居ればついスマートフォンを手にゲームをしてしまうというパターンは多いでしょう。

そこで思い切って外出してみると良いかもしれません。

外を歩いていると色んな刺激がありますし、ゲームをしたいという欲求も抑えることができます。

用事がなければ作ってみましょう。

散歩をするだけでも良いですし、その場合には日頃考えていることや問題点について考えてみると良いかもしれません。

2.費やしてきた時間とお金を割り出してみる

これまでゲームにどれほどの時間とお金を費やしてきたのかを割り出してみることも、やめるための第一歩になります。

これは、その時間とお金を他に有効に活用できるのではないかと自問するために必要な作業になります。

他に興味を持てるものがないかもしれません。

けれども少なくとも、自分がどれほど不毛な時間とお金を費やしてきたのかを実感することになります。

その結果、その労力を他に費やした方が良いのではないかと思えるようになるわけです。

3.創造できることを探す

ゲームの魅力は、何かが積み重なることにあります。

アイテムを増やしたりキャラクターが強くなったり、あるいはストーリーが進むことに充実感を味わうことになります。

その積み重ねがあるからこそ、やめるのが難しいというわけです。

そこで、代わりに何か積み重ねることができること、創造できるようなものを探す必要があります。

できれば趣味に通じるものが良いのですが、趣味がなければ新たに探す必要もあります。

何かを生み出せるようなことを探し出せれば、ゲームから興味をうまくスライドさせることができます。

4.他に大切なものがないかを考えてみる

ゲームに時間とお金を費やすということは、その分の時間とお金を費やすべきことに割り当てることができないとも言えます。

例えば家族と過ごす時間が少なくなったり、子供に費やせるお金が少なくなるといったことです。

単身者の場合でも、その時間とお金がないことで何か大切なものを失っていないかを自問してみると良いでしょう。

ゲームをすることに、そのような犠牲を払うだけの価値があるのかどうかを自分に問いかけるわけです。

その結果、誰か他の人が悲しい思いをしていないかどうか、自分自身の将来に影響を及ぼしていないかどうかを考えることができます。

そのように天秤にかけることで、ゲームをすることの価値観というものを改めて考えるようになります。

5.ゲームの面白さを実生活に活かす

そもそもゲームがなぜ面白いのかを考えてみるのも、やめるためのひとつのアプローチになります。

アイテムを増やすことやキャラが成長することが、自分の実生活に置き換えるとどのようなことに結び付くのかを考えてみましょう。

例えば勉強や仕事の上で、同じような作業に該当するものがないかを考えてみるわけです。

すると、勉強や仕事でもゲームで得られるような楽しさを味わえることがわかってきます。

しかもリアルな生活で自分自身の成長を実感できるので、より楽しさは増すように感じるはずです。

6.ゲームの実況配信をしてみる

以上は全て昇華というスタンスで、ゲームから他に興味を移すアプローチとなっています。

けれどもそのような形ではどうしてもやめることができない人もいるでしょう。

もちろん、ゲームをアンインストールしても無駄でしょうし、新たに提供されるゲームを始めてしまうことになるでしょう。

そこで思い切って、今楽しんでいるゲームの実況配信をしてみると良いかもしれません。

プレイ動画を録画し、音声を入れる編集などを行って配信するわけです。

そのような作業を行うことで、必然的にゲームをする時間は少なくなっていきます。

さらにゲームをすることよりも、編集作業や配信に興味が移っていきます。

そのうちに、ゲームをすることに対して興味が薄れるようになるかもしれません。

必ずしも効果が期待できるわけではありませんが、少なくともゲームをする時間を減らすことによって、何かしらの効果は期待できます。

ゲーム中毒から抜け出そう

ゲームの依存性は相当に強いものです。

これはゲーム会社が研究して、のめり込めるようなシステムを構築していることも原因となります。

さらに次々と興味を引くようなゲームが生れていますし、今プレイしているものをやめたとしても、いずれ別のゲームにのめり込むことになるでしょう。

そのために根本的に、ゲームそのものに対する興味が薄れるような方法を探し出すことが必要になります。

また、費やしている時間やお金がどれほど無駄であるかを実感することも大切です。