派遣社員の彼氏と結婚をしない方が良い理由とは。5つのデメリットがあるので派遣社員彼とは結婚を考え直そう

恋愛最終更新日:2019年6月1日
派遣社員の彼氏

彼氏が派遣社員の場合、将来的にどうなってしまうんだろうと不安になりますよね。

基本的に派遣社員の彼氏との結婚はオススメできません。

結婚したい気持ちも分かりますが、現実的に結婚するのには安定がとても大切です。

付き合っているとあまり暗い現実的な事は考えませんよね。

しかし、現実を見据えて将来を考えることはとても重要なことです。

なぜ派遣社員との結婚があまりオススメ出来ないのか冷静に考えてみましょう。

1.派遣社員はボーナスや昇給が期待できず経済的に苦労する

正社員のメリットと言えば昇給やボーナスが出る事です。

一年に二度のボーナスで、旅行へ行ったり欲しかった物を買ったり、貯金したりするなど使い方はそれぞれですがボーナスが貰えます。

しかし派遣社員は基本的にボーナスが出ません。

結婚して子供が出来て周りの子供達は夏休みに旅行などへ行ったりするのに、自分立ちは安定しないしボーナスが無いので何も出来ないなんてこともあるでしょう。

それに会社によって福利厚生が違うので、会社が変わるたびに交通費が掛かったりします。

交通費も毎日ならばバカにならない金額ですよね。

若いときは好きだけの感情でも自分が頑張れば生活が成り立つかもしれませんが、妊娠、出産などのイベントでは思わぬ出費も増えてきます。

また計画的にそういった出産まではいっても、病気やけがで突如入院、手術もあります。

派遣社員だとその間は、働いていないのと同然なので当然会社から補填なんてあるわけありません。

正社員だと給与の何割かは支給されることが多いです。

そういった経済的な苦労や不安定さは、夫婦間の亀裂原因になる可能性が高いです。

さまざまな環境の変化ですれ違いが生じてしまい、離婚なんてこともあります。

2.派遣社員はいつ仕事がなくなるか分からない

毎回毎回派遣期間が終わったら次の仕事、次の仕事とやっていかなければなりません。

いつ途切れるかも分からないハラハラした状況になってしまうわけです。

それが自分が働いている共働き体制のときはまだ良いかもしれませんが、妊娠、出産、子育てなどしていたら働けなくなる期間がどうしてもありますよね。

どんなに育休を短くしたり出産のための産休を少なくしたとしても、働けない場合生活費が少なくなります。

また無理して出社したところで、肉体的な疲労の蓄積で体を壊しては元も子もないです。

それに女性の場合、産休や育休をしっかりとることで出産や子育てに好影響をもたらします。

お金のために大事な子供に関することを犠牲にしてしまうのはもったいないことです。

女性が働けないそんなときに派遣社員である旦那の収入が無くなるなんて事考えただけでもヒヤヒヤしますよね。

大事な時に余裕をもって暮らしたいなんて誰もが望むことですよね。

安定した暮らしがあっての幸せなのですから、いくら子供が出来て幸せだとしても、収入が安定しなければ手放しで幸せを感じることなんて出来ません。

経済的な心配だけでなく、ひいては精神的にも不安定になってしまう可能性があります。

3.派遣社員はコロコロ職や仕事内容が変わるので忍耐力が身についていないかも

短期間の良い給与で働き派遣期間が終われば、また違う環境で働くことはとても良いことです。

色々な環境も知ることができるのですから、勉強にもなりますよね。

今の会社は嫌だなと思ってもちょっとの間我慢すれば、すぐに次の仕事を見つけて変わることができるのです。

それはメリットとは言えますが、同じ会社に短期間しか働かない場合、辛い場所での忍耐力が付きません。

嫌だなと思ったらすぐにコロコロと仕事を変えてしまうなどの問題が出てくることもあります。

コロコロと仕事を転々として生活していれば、正社員になれたとしても辛かったら続かない可能性も高くなります。

自分の環境に合わなければすぐに会社を変えられるのは、若いうちだけです。

年を重ねるうちにだんだんと仕事も無くなっていってしまうかもしれません。

何十年後、周りの旦那が管理職になるなどして、安定した収入と地位を築き上げているのに、自分の旦那は安定せず派遣社員で転々としていたら悲しいですよね。

毎年のように新入社員として、新しい職種内容に向き合うことは誰だって考えただけで大変なことです。

仕事内容だけではなく、派遣社員として職替えをしたらそこでの人間関係もまた新しくなります。

人間関係を短いスパンで作り直さなければいけないのは、よほど友達づくりが上手な男性でない限り気苦労となり、旦那を支える女性ともども心身のバランスを崩す一因になりかねません。

4.周囲からも「派遣なのね」という目で見られる

派遣社員の彼氏と結婚して良いところもあるかもしれませんが、安定した将来を望むならばやめたほうが良さそうです。

それに、自分の親にも派遣社員の彼氏と結婚すると報告したら、心配される可能性もあることを忘れないでください。

その他にもママ友などとの付き合いでもし派遣社員ということがバレると「ああ、派遣なのね」と見下されてしまうかもしれません。

派遣だとしても中には高給取りの職種の場合もいます。

けれどテレビやニュースなどの影響で、派遣は低賃金、定職につくスキルがないといったネガティブイメージもついています。

また実際にその陰口がその通りだという家庭もあります。

ですから派遣だからという周りの状況に自分が本当に耐えられるのかということを考えて、結婚を考慮してみると良いでしょう。

派遣で何が悪いのと強い心でいられたり、周囲の目を気にしないのであれば問題はありません。

けれどあなただけが耐えればいいものではありません。

旦那自身が肩身の狭い中、近所づきあいをしてストレスを増加させるかもしれません。

また子供が、ママ友の子供から派遣だと揶揄されて傷つくかもしれません。

一人が辛抱すればいいわけではないです。

特に夫婦が同じ価値観をもっていないといけません。

ストレスが多くなると、どうしても食生活がおろそかになったり、不眠気味になったりと体のバランスを崩しやすくなります。

5.引っ越しや単身赴任などで居住場所を短期間で変えることが多く安定しない

派遣の場合新しい仕事を探して就職できたとしても、就職難の時代家から通いやすい通勤圏内の会社であるかはわかりません。

給与や仕事条件によっては、通勤圏内ではない会社も対象に入るでしょう。

もしそんな風に遠方の会社に派遣社員として入った場合、旦那とともに家族で引っ越ししなければいけないケースが出てきます。

これが正社員であれば、転勤年数が決まっていたり、またしばらくは転勤がなかったり予測しやすいのでライフプランを建てる材料になります。

けれど派遣だと、派遣切りにあえば一年だろうと半年だろうとすぐ職を失って、新たな職種探しに移らなければいけません。

その時にまた通勤圏外だと、再引っ越しになります。

あまりに引っ越し続きだと子供の転校や受験を考えて、旦那の単身赴任をすすめるケースの方が多いでしょう。

もちろん生涯において単身赴任がない社会人は、少なくはありません。

けれど派遣社員の場合、どこに仕事があるかわからない状態で日本中を転々とすることもあります。

となると、どこかに根を下ろすことがそうそうできません。

派遣社員の男性との結婚は難しい

派遣社員の男性との結婚は、職があまり安定しなかったり賃金が固定でなかったり生活する上で懸念材料を抱えやすくなります。

また結婚することで、子供や近所づきあいなど現状以外の問題点も見つかります。

それを想定していないと、こうじゃなかったと後悔することになってしまいます。

 

    「派遣社員の彼氏と結婚をしない方が良い理由とは。5つのデメリットがあるので派遣社員彼とは結婚を考え直そう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。