低い声がコンプレックスな時の対処法。低い声を逆に活かそう

最終更新日:2016年3月5日

人と接するとき、声の低さを気にする人も多いのではないでしょうか。

声が低いことにより、やる気がない、性格が暗いのではないかと、本当の自分とは異なる受け止められ方をすることも少なくありません。

そこで、声が低いことがコンプレックスな時の対処法をご紹介します。

1.相槌を打つことで共感を示す

声が低いと、相手の話に興味がないなど、実際とは異なるネガティブな印象を持たれがちです。

人間は、会話をするとき、相手に共感されていると感じることで、楽しい気持ちになり、もっと話したいと思うようになります。

しかし、声が低いことで「もしかすると自分の話に興味がないのでは?」と相手を不安にさせてしまいます。

そこで、声の低さが気になる人は、ぜひ、会話をするときに、相手の話に相槌を打つことをオススメします。

相槌を打つことで、共感の姿勢を示すことができます。

それにより、相手が持つであろう「興味がないのでは?」という不安感を解消することができます。

結果として、声質から来るネガティブなイメージが払拭され、いろいろな人と楽しくコミュニケーションをとることができるようになります。


2.表情を豊かにすることで明るさを出す

声の低さは、不機嫌である、やる気がない、元気がないなど、その人の性格をネガティブに印象づけてしまうことがあります。

もちろん、声が低いからといって、必ずしもそのような性格であるとは限りません。

そこで、あらぬ誤解を避けるために、会話をする際に、表情を豊かにするように心がけましょう。

具体的には、笑顔で歯を見せる「なるほど」と驚いた表情をする「面白いね」と目をぱっちりさせるなど、会話の内容に応じて自分の気持ちを表情であらわしてください。

そうすることにより、会話のなかに抑揚が生まれ、会話を楽しんでいる、積極的に聴いているという、ポジティブな印象を相手に与えることができます。

3.身振り手振りで視覚的なインパクト

声が低いと、会話の内容が相手に上手く伝わらず「もう一回いい?」と聞き返されることも多いのではないでしょうか。

そこで、身振りや手振りを入れながら、視覚的な情報を付与してみましょう。

視覚的な情報が加わることで、あなたが伝えたいことが相手に的確に伝わりやすくなります。

また、身振り手振りは、視覚的にもインパクトがあるため、あなたが話している内容が、さらに興味深いものになるという利点もあります。

それにより相手は、あなたと「もっと話をしてみたい」と思うようになるかもしれません。

とはいえ、あまり大袈裟に身振り手振りを入れたことで、相手が気疲れする、気が散って話に集中できないとなっては本末転倒です。

そのため、身振り手振りを入れると言っても、会話の内容に応じて、ほどよく取り入れることが大切になります。


4.低い声により信頼を作る

もちろん、声が低いことは、悪いことではありません。

声の低さをメリットと捉えることも重要です。

良好な人間関係を築くうえで、明るさや元気さだけが求められるわけではありません。

声が低いことで「落ち着きがある」「安心感がある」「知性がなる」など、その人に対する信頼感が増すことがあるという一面があります。

とくに、長く付き合っていきたいと思う相手の場合、信頼感はとても重要なポイントになります。

声が低いことにより、相手は、お父さんやお母さんと接しているような安心感を抱くこともできます。

そのため、低い声に自信をもって、相手と誠実に接していくことも大切です。

5.低い声を魅力に変える

声が低いことにコンプレックスを感じる人も多いと思いますが、実は、声の低さはその人の魅力でもあります。

低い声は「神秘的である」という印象を抱かせ、その人のことを「もっと知りたい」と思わせる要素ともなります。

日頃に接するだけでは分からない、本当の彼彼女の姿を知りたい、そう思わせることも低い声の魅力です。

また、カラオケなどで曲を歌うとき、低い声でしっとりと歌い上げれば、みんなうっとりと聞き惚れることでしょう。

カラオケでは、みんなで元気に盛り上がる曲だけではなく、じっくりと聴きたい曲、気持ちを投影したい曲など、さまざまな曲が歌われます。

そこで、自分の声質にあった楽曲を見つけることで、みんなに喜んでもらえることはもちろんのこと、声の低さをコンプレックスと感じることを少なくするきっかけにもなります。

低い声を逆に活かそう

人間の声は、その人の個性のひとつです。

仕事の内容や相手の感じ方によって、声の低さがマイナスに働くこともありますが、少しの気遣いや工夫によって解決することができます。

自分がどのような印象を持たれがちなのか、客観的にとらえることで、必要のない誤解やネガティブな印象を避けることができます。

信頼できる家族や友人に「自分はどのように見える?」と聞いてみても良いでしょう。

とはいえ、声の低さをコンプレックスと決めつけるのではなく、自分の個性であると前向きに捉え、その声質を活かして信頼関係を気づいたり、相手を楽しませたりすることが、長期的に人間関係を保っていくうえで一番の大事なポイントとなります。