広い心を持つ方法。寛大な精神でいこう

最終更新日:2016年3月28日

心が広い人間になりたい…と思ったときにはどんなことをすればいいのでしょうか。

他人に好かれる寛大な広い心を持つ人物になりたいという人のために、広い心を持つ秘訣をご紹介します。

これを試して少しでも心の広い人間になりましょう。

1.許してあげる心を持つ

まず最初に大切なのが「許してあげる心」です。

広い心を持つ人というのはまず相手を許してあげなければいけません。

いつまでも同じことでピリピリと怒っている人物は心の狭い人間になってしまいます。

ですから許してあげようという気持ちを持って、相手のことを許してあげることが最も大事です。

「許してあげよう」と思うことは簡単かもしれませんが、心から相手を許してあげることは簡単なことではありません。

ですがこれができるようになると、相手に寛大な気持ちを持てるでしょう。


2.人に優しくいようとする

普段から人に冷たくきつい人というのは心が狭いです。

そうではなく、いつも人に優しくしようとすることが大事です。

人に優しくしようという気持ちを持っていれば、何事があったとしても優しい気持ちでいられます。

その優しい気持ちを持つことが広い心を持つことに繋がるのです。

人と人は鏡のようなもの…人に優しくされると自分も優しくしたいと思いませんか?

このようにして心やすらかになることによって、自然と寛大な心は育っていくでしょう。


3.物事を客観的に見ようとする

物事を主観的に見ている人は自分の感情を優先させてしまって、冷静な判断ができません。

そうしていると心の広い人間にはなれないのです。

もっと物事を客観的に見られるようになりましょう。

自分と相手の間で嫌な出来事があった場合も主観的に考えてカッとするのではなく、客観的に考えてみてください。

どうしてそうなったのか、どうして相手はそのようなことをしたのかというのを一歩離れて冷静な目で分析しましょう。

こうして落ち着いて客観的に物事を見るようにすれば、いちいちカッと怒ることなく、落ち着いた気持ちでいられるのです。

これが広い心を持つ秘訣といえるでしょう。


4.自分と他人を比べない

広い心を持ちたいのなら、自分と人を比べないことも大切です。

心の広い人は自分と他人を比べたりしません。

人は人、自分は自分としっかりと分けて考えているのです。

自分と人を比べてしまうと「この人に勝たなきゃ」とか「負けて悔しい」とか嫉妬の気持ちを持ってしまいます。

これでは広い心を持つことはできません。

相手と比べないことが寛大な心を育てる秘訣になります。

競争心を持つことは悪いことではありません。

しかしあまりに人と比較しすぎると負けてしまったときに心の余裕が失われて、心の狭い言動をしてしまう恐れがあります。

ですから寛大な心を持ちたいのなら「自分と他人を比べない」ことが大切です。


5.何事も他人のせいにしない

広い心を持ちたいのなら何事も他人のせいにしてはいけません。

どんなに相手が悪かろうとも、相手のせいにしてしまったら広い心は保てません。

広い心でいたいのなら、人のせいにする性格はやめましょう。

他人のせいにすると自分は楽になるかもしれませんが、自分の中で他人が悪者になってしまいます。

そうすると相手を許すことができずに心の狭い人間になってしまいます。

これが嫌なら何事も他人のせいにしない高尚な精神でいられるように自分を鍛えましょう。

このような気持ちでいられる人は寛大な心を持った人といえるのでしょう。

いつも心清らかにして、他人を悪く思わないようにしてくださいね。


6.自分を好きになる

実は心が広い人物になるのに最も大切なのが「自分を好きになること」です。

自分が好きではないのに他人に優しくすることはなかなかできません。

自分が好きだからこそ、相手に寛大な心を向けることができて、心の広い人間になることができます。

「自分のことが嫌い」という人は自分のことを好きになることから始めましょう。

自分が好きになれたら、色々な人と交流することができて相手をどんどん好きになっていくのです。

寛大な心で相手に接することができる人間は自分のことが大好きで、心に余裕がある人間です。

心に余裕があるから人を許すことも容易にできます。

自分が好きではないとどうしても心の余裕がなくなって、心の狭い言動をしてしまいます。

自分が嫌いだと他人に対してもいい感情で接することができません。

ですから自分を好きになってくださいね。

そうすることで寛大な心を育てましょう。

このような方法を行えば、少しでも心の広い人間に近づくことができるでしょう。

寛大な心を持とう

寛大な広い心を持つ人物になるためには6つの努力が必要です。

心の広い人というのはまず自分のことが好きで、そして他人を大切にできる人間です。

人はすぐにカリカリして怒ってしまいますが、寛大な人になりたければ怒りの気持ちを冷静に冷まして、相手を許してあげる心を持ちましょうね。