人混みでおならをしたくなったらどうすれば良いか

最終更新日:2017年7月18日

外にいるとき、どうしてもおならがしたくなって我慢できなくなってしまった…ということは、誰にでもありますよね。

特に周りに人がたくさんいるような人混みでは、音も聞こえてしまうでしょうし、恥ずかしいことこの上ないです。

人混みの中でどうしてもおながらしたくなってしまったときは、どうすればいいのでしょうか。

その対処方法についてまとめました。

1.人の声がたくさんするところに紛れる

おならをするときにどうしても気になるのが、においと音です。

においに関しては自分のコントロールではどうしようもないところがあるので、なんとか抑えたい、ごまかしたいと思うのがおならの音でしょう。

大丈夫だと思っておならをしたら、予想以上に大きな音がしてしまって恥ずかしい思いをした経験がある人が多いのではないでしょうか。

できるものなら音を立てずにおならを済ませたいものですが、正直音に関しても抑えようと思ってうまく抑えられるものではありません。

そんなときはとにかく音をごまかすことが一番です。

音をごまかすために、他の音でなんとか周囲におならの音が聞こえないように努めましょう。

人混みですから、人の話し声や足音がうるさく聞こえる場所に素早く移動し、そこでこっそりできると良いでしょう。

人混みは隣同士で喋っていてもうまく声が聞き取れない場合もありますから、よほど大きな音でおならをしない限り、周囲に気づかれることはほとんどないはずです。

2.自分の咳などで音をごまかす

おならの音をごまかす方法として、自分であえて物音を立てておならの音をごまかすやり方もあります。

やりやすいのが、咳やくしゃみです。

くしゃみはわざと出すことは難しいかもしれませんが、風邪でもないのに咳を出すことがそこそこ簡単に誰でもできるでしょう。

おならをしたくなったら、少しむせたふりをして、咳をたくさん出します。

その間にうまくおならを済ませてしまいましょう。

咳の音というものは意外と大きいので、他の音を遮りやすいのです。

そのほか、買い物などでビニール袋を持っているときなどは、ビニールをがさがさといじる音も有効です。

荷物の中の物を探すふりをしながらビニールの音を立て、おならの音を遮りましょう。

おならをするときと、物音を立てるときのタイミングを間違えないようにすることだけは注意が必要です。

3.ゆっくり放屁して音を抑える

おならの音を抑えたいと思ったとき、ゆっくりとお尻の力を緩めながらおならをしたとき、意外と音がしなかったという経験はないでしょうか。

一度にガスを外へ出すのではなく、ゆっくりと少しずつ外へ出すことでおならの音は抑えられることが多いのです。

周りに人がいておならの音をごまかしたいけれど、意外と周りが静かでごまかせそうにないという時は、このように音を抑えることも試してみても良いでしょう。

しかし、お尻とお腹の筋肉をゆっくりと弛緩させていくという、少々コツと慣れがいることなので、失敗したときは大恥をかくことにもなりかねません。

コツがつかめるまでは、なんとか音をごまかすようにした方がいいかもしれませんね。

4.人が迷惑しないタイミングを見計い、そのあとは堂々としている

人混みでそこそこの賑わいがあるのであれば、特に気にせずおならをしてしまうことも悪くないでしょう。

その際は、最低限人の迷惑にならないように、後ろに人がいないときなどを見計らっておならをするようにすると良いです。

音は周囲に若干聞こえてしまうかもしれませんし、においも広がってしまうかもしれません。

しかし、人混みで人が多ければ、誰がおならをしたかなどなかなか分からないものです。

おならをしたからと言って妙に恥ずかしがらず、堂々として何もなかったかのようにしていれば「あの人がおならをした」などと悟られることはないでしょう。

人が迷惑しないタイミングを最低限見計らい、おならをしても堂々としていることが重要です。

5.我慢する

あまりオススメできることではありませんが、我慢することも一つの手段です。

どうしても周囲に悟られてしまうかもしれないことが堪えられないというのであれば、トイレや人気のないところまで急ぎ、我慢しましょう。

しかし、おならを我慢することは腸内にガスを溜めこむことになり、やがては便秘、貧血、動悸息切れなどの不調につながることもあります。

おならを我慢することも時と場合によっては必要になってくることもあるかもしれませんが、日常的になると非常に危険です。

どうしても我慢しなければいけないという時以外は、我慢はしないようにしましょう。

人混みでおならをしたくなった時の対処法を知ろう

女性であれば特におならの対策を気にする人も多いのではないでしょうか。

我慢しすぎることはせず、なるべく音を抑えたり、ごまかすようにしていきましょう。

ただ、おならは生理現象なので、あまり気にしすぎないことも大切です。

人混みであれば特に音に気付かれることも少ないでしょうし、おならをしても気にせず堂々としているくらいが一番良いでしょう。