医者の彼と上手く付き合っていくためのポイント

最終更新日:2016年9月29日

将来玉の輿に乗りたいと、医者と付き合いたいと願っている女性も多いのではないでしょうか。

ただ一般的な仕事とは違い、医者であるからこそ注意したい所やポイントが存在します。

医者と付き合う時はどのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。

1.予定通りにいかないデートに不満を持たない

デートをいつ、どこで何をするか決めていても、その予定通りに進むことが出来ないことがあります。

医者という存在は人の命を預かる仕事であり、呼び出されればすぐに駆けつけなければならないことも多々あります。

もちろん彼女とのデート中に電話が鳴り「すぐに来てください」と言われることもあるでしょう。

そんな時に「デート中なのにいくの?」「私のこと置いていくの?」など、彼を困らせるような発言はしないことです。

彼にとってもデートは大事なことの一つであるものの、他と比べることが出来ない人の命を守る仕事。

一刻も早い対応が求められる為、そこでケンカになったり、理由を述べている時間がないのです。

デートはいつでもできると思うこと、そして彼にしかその命を救えないと思うことが重要なポイントです。

いくらプライベートな時間であっても、医者に変わりはないのです。


2.医者の彼は疲れているので体力や精神のケアを

医者の仕事は激務であるため、彼自身が参ってしまうこともしばしあるでしょう。

長い時間での勤務や呼び出し、そして集中力が求められる為、体力だけではなく精神的にも追い詰められてしまう状況が多いです。

彼女といる時にまで、体力や精神を消耗するような付き合いだと、彼の体が持ちません。

出来れば、彼のサポートとして、健康を考えた食事や、デートプランを考えてあげるべきでしょう。

彼が彼女と居て「疲れる」と思わないことがポイント。

そう思われない為にも、彼のペースに合わせてあげたり、健康面で支えられるように食事や家事を手伝ってあげるなど、家庭的な一面を持つようにすると良いでしょう。


3.露骨にお金の話をしない

医者と付き合いたいという人の中には、お金目的であることも考えられます。

恋愛を楽しむというよりも、結婚を意識していて、給料が良いとされる医者を狙っているというケースです。

単純に恋愛を楽しんでいるだけなら、彼氏のお金事情はそこまで関心ないもの。

しかし将来的に結婚したいという気持ちから恋人になってしまうと、やはり気になるのがお金です。

だからといって「医者っていくらもらえてるの?」「贅沢出来るんでしょ?」と露骨にお金の話をしないこと。

不快な思いを抱くだけではなく「自分はお金だけの為に付き合われているのでは?」と不信感を抱くことに。

医者が高給取りなのは、それだけ激務であり、また誰でも簡単に出来る仕事ではないからです。

そこを理解する前に、お金ばかりの話にならないように、十分気を付けたい所です。


4.モテる彼に嫉妬しない

医者というだけで、寄ってくる女性は多くなり、仮に付き合っていたとしても、言い寄ってくる女性が絶えないかもしれません。

医者という職業は、女性にとって一種のブランドのようなもので、出来れば手に入れたいと願う人が多いからです。

そんな彼と付き合うと、嫉妬やヤキモチといった醜い気持ちが強くなり、束縛したり干渉したりと、彼に窮屈な思いをさせることもあるでしょう。

こうなってしまうと、ただでさえ仕事で自由を奪われている彼は苦しくなり、彼女といても安心や癒しを得られないと感じてしまいます。

医者と付き合う時は、常に心に余裕のある状態を作り出すこと。

そのために、例えば自分の趣味を充実させたり、友人との時間を満喫したりと、他のことにも意識を向けることが必要です。

彼に執着してしまうことで、モテることが気になり、常に嫉妬心を持った状態になってしまうでしょう。


5.甘えてくる時は受け入れること

医者という職業柄、人から頼られたりお願いされることが多いです。

そのため「自分がなんとかしないと」「やってあげないと」という責任感が常に自分を襲い、相当なプレッシャーの中で仕事をしています。

ただ医者であれど人間。

誰かに頼りたくなる時もあれば、甘えたい時もあるものです。

「男はしっかりしていてほしい」「頼りになる男でいてもらいたい」と願うばかりではなく、もし彼が甘えたい態度であれば、それも受け入れてあげることです。

頼られている日々を過ごしている医者は、どこかでリセットしたりリフレッシュが必要。

その役目を彼女として受け入れてあげることがポイントとなるでしょう。

理想ばかりを追い求めるのではなく、支えてあげること、提供してあげることも時に必要です。

医者の彼と上手く付き合っていこう

医者と付き合う場合、他の職業では考えられないポイントもあるでしょう。

誰でもがなれる訳ではない医者だからこそ、貴重な存在とされ、周りからも必要とされます。

そこを理解し、付き合う上で自分のわがままを出し過ぎないことが大切で、彼の支えになることや癒しとなることに重点をおくと良いかもしれません。