勘違いイケメンの特徴。鏡を常にチェックなナルシスト

最終更新日:2015年12月21日

せっかくイケメンなのに、中身を知ったり変な行動を見ると幻滅してしまう瞬間とも言えるでしょう。

イケメンであることを自覚している勘違いイケメンには、自分では気付いていない特徴がいくつかあります。

そこで今回は勘違いイケメンの特徴をご紹介します。

1.鏡のある所では必ずチェック

自宅から外出する時に、鏡を見て身だしなみを整えるのは一般的ですが、勘違いイケメンになってしまうと、外出先でもすべての鏡に反応してしまうことがあります。

特に女性とデート等で外をぶらぶら散歩したり、ウィンドウショッピングを楽しんでいる中、お店のガラスを鏡代わりにして自分を常にチェック。

髪型が乱れていないか、今日の自分は決まっているかどうかを、何度も確認しながら自分を見ることが大好きです。

基本、勘違いイケメンは自分の事が好きで、周りからもイケメンであると思っている為、自分に酔ってしまっている部分が見られます。

女性や友人と一緒にいて会話をしているのにも関わらず、聞いているのか分からない程、自分を見る時間が多い場合には、勘違いイケメンと言えるでしょう。

このような行動が多いと分かると、一緒にいる側も楽しいとも思うことが出来ず、また何度も鏡を見る男性の姿に、引いてしまうことがあります。


2.上から目線が多くなることも

勘違いイケメンは、過去にそれなりに女性から口説かれたり告白された経験を持っていることもあり、今でも女性は自分を好きになるものと勘違いしています。

確かに幼い時や学生時代にモテていたとしても、成長の過程で少し外見が変わってしまったり、性格重視の女性も出てくるため、今でもそれをキープ出来ているとは言えないものです。

ちやほやされた時期を持っていることで、女性は皆自分をイケメンだと思っていると勘違いし、女性に向かって上から目線の行動が目立つこともあります。

命令口調になることが多かったり、女性を見下したような発言をする場合、自分が気に入られている、もしくは好きになられているという自信がある為でしょう。

こんなイケメンの言うことであれば、きっと素直に聞いてくれるだろうという変な誤解をしているかもしれません。

もしこんな勘違いイケメンに上から目線で言われたら、興味がないことを告げたり、拒否したりといった反応を見せると、次第にこの自身も崩れるかもしれません。


3.ナルシストな言動が目立つ

勘違いイケメンは、ナルシストな言動が目立つ為、その場に一緒にいる場合不快に思うことも多いでしょう。

例えば髪を何度もかきあげる仕草を繰り返したり、唇を嘗め回すような仕草を強調したり「女とは」といった発言が随所に見られる言動です。

自分が女性に対する効果的なアプローチ法を伝授しようとする言動の背景には、女性の事なら自分に任せろといった意味が込められています。

そこまでの経験がなかったとしても、女性をすべて知っているかのような発言をする男性は、まさに勘違いしている男性と言えるでしょう。

イケメンだとしても女性経験が少ないこともあります。

このようなナルシストな言動が目立つタイプのイケメンには、幻滅してしまう女性が多いためです。

自分に過剰な自信があると、ナルシストな言動が増えてしまい、またそれがナルシストだと気付いていないことが多いのです。

自分の言動が当たり前であり、皆に受け入れてもらえているものだと勘違いしてしまっているイケメンは、なかなか彼女という存在が出来にくいものでしょう。


4.声や態度が大きい場合もある

勘違いイケメンは、何をしても人から許される、興味を持たれると思っていることも多く、態度や声自体も大きい場合があります。

これには自分をより大きく見せたいといった意識の他、他人からもっと自分を見てほしいという注目を浴びたい気持ちが込められているのです。

もっと自分を見て褒めてほしい、もっと自分をイケメンだと思って欲しいという気持ちから、目立とうとする行動が多くなります。

大勢いる場所で目立つためには、イケメンという特徴を持っていてもなかなか自分を意識してもらえないことに不満を持ち、大きな態度や声を出すことで、自分の存在をアピールします。

それによって自分を見てもらった時「またあの人もイケメンだと思ったに違いない」といった自意識過剰な発想が生まれてしまうのです。

注目を浴びたいという気持ちを持つことは、自分にある程度自信を持っていないと出来ないこと。

イケメンであると自覚しているからこそ、出来る行動であるとも言えるでしょう。

大きな態度や声を出すイケメンは、注目を浴びることに快感を覚えていて、見られることでイケメンをアピールしているのでしょう。

イケメンと呼ばれる人でも、中身にはかなりの差があります。

勘違いイケメンの特徴を知ろう

このような勘違いイケメンと言われてしまう人の特徴は、自分をイケメンだと認識していて、自己評価がかなり高い行動が目立つということです。

仮に顔が本当にイケメンだったとしても、自意識過剰な言動が目立ってしまっては、皆距離を置くようになってしまうことでしょう。

もっと中身を変えたり考え方を変えればモテるはずなのに、周囲からはもったいないとすら思われていることも少なくないのです。