彼氏のプレゼントが安かった時の対処法。安くても大切にしよう

最終更新日:2015年12月20日

クリスマスプレゼントや誕生日のプレゼントなど恋人に想いを表す手段となっているプレゼントの値段がいつもより安くなっているかもと思ってしまったことってありませんか?

付き合い始めの時はハイブランドの小物や海外旅行だったのに、最近ではデパ地下のケーキやプチプラの小物になっている。

そんなプレゼントの変化をどう受け止めたらいいのでしょうか。

そこで今回は彼氏からのプレゼントが安いものだった時の対処法をご紹介します。

1.仕方なかったのだと理解してあげる

彼氏と言っても、イベントや記念日に高価なプレゼントを用意できるとは限りません。

両親や家族に支援しなければならなかったとか、学生であれば体調を崩してアルバイトを出来なかったとか様々な理由があるでしょう。

なので、今回のプレゼントが安いものだったとして彼の都合や状況を理解してあげて、気持ちだけでもプレゼントをもらえることが幸せだと割り切って考えるようにするとイライラせずに彼と過ごせるかもしれません。

自分がもしも彼へのプレゼントを買いたいのにたまたま持ち合わせがなく手作りの料理にしたり、安いものになってしまうことも長い付き合いの中や結婚した後になれば多々出会うことでしょう。

そんな時のために安いものを買うしかなかった相手の気持ちを思いやって同じように喜んであげることがカップルにとっては大事なのかもしれません。


2.高いものをもらって当たり前という考えを捨てる

女性は、食事や旅行もすべて男性が奢って当たり前、車を出して当たり前…などと男性がお金を持つことを当たり前だと思ってしまっている場合があります。

というのも、日本では男性が甲斐性を見せて女性を落とすようなことが昔から行われていたので女性にお金を払わせるなんて恥ずかしいと教育されている男性が多いからです。

なので、誕生日やクリスマスなどの一大イベントとなれば何万円もする高価なものをくれても当たり前だと思ってしまうのです。

それでも、経済的に裕福な彼氏ならいいですが、学生や安月給の彼氏だと毎回毎回ボーナスをつぎ込むようなプレゼントを渡すというのは難しいのかもしれません。

実際に、デートや食事なども毎回男性が負担しているようであれば、安いものだったとしても普段のデートや食事でいろいろプレゼントしてもらっているわけですから高いものを毎回もらって当たり前という感覚をなくしていく必要があります。

同棲をした・結婚をした・子供ができたなど、その彼が相当裕福でない限りかなりの確率で高価なプレゼントをイベントごとにもらえるというのはいつかなくなってしまいます。

「高いものが当たり前」と女性側が思ってしまっているとケンカや別れの原因になってしまうかもしれません。

彼のプレゼントが安いものになったときに「高いものをもらって当たり前」という考えを捨ててみてもいいかもしれません。

3.信頼されているととらえる

男性は甲斐性を見せることで女性を落としたりつなぎ留めたりするそうです。

確かに女性も経済力のある男性になびきやすいですよね。

そのため、付き合ってすぐのイベントや付き合う前などは高いものや女性が男性に対して甲斐性を感じるものなどを女性にプレゼントすることで女性の気持ちを自分へと向けさせようとします。

純粋に彼女が喜ぶ姿が見たい・彼女のために頑張っている自分が好き…などの理由も付き合ってすぐは起こりやすいものだそうです。

ですが、付き合って長くなってくると高いものをプレゼントして彼女の気をつなぎ留めなくても彼女が自分のことを嫌いにはならないだろうと感じるようです。

確かに、プレゼントだけでなく女性は男性の人間性や相性などを含めて彼氏を好きになりますし、プレゼントをもらわなくても構わないと考えている女性の方が多いでしょう。

彼のプレゼントが手作りになったり、プレゼントよりもデート内容を重視するようなものになって来たら「高いもので釣らなくても自分のことを好きでいてくれる」と信頼してくれている証拠なのかもしれないと考えるともやもやせずに済むのではないでしょうか。


4.浮気や借金を疑う

彼のプレゼントがパチンコの景品になった・クリスマスなのにデートもない…などの場合、浮気や借金などの負の可能性があるそうです。

確かに、かけ事などでお金が無くなってしまえばプレゼントは買えませんし、他の女性に貢いでいれば彼女へのプレゼントが安価になるのも納得できるでしょう。

あまりにも酷い場合は、浮気をしているような兆候はないか・借金やギャンブル依存などの症状がないかどうか疑ってみるというのもいいかもしれません。

彼氏のプレゼントが安くても大切にしよう

彼氏のプレゼントが安くなってしまったとき彼氏の様子や気持ち次第ではぐっと次の段階に進めるきっかけになるかもしれませんね。

高価なものよりも彼のお祝いしてくれる気持ちを大切にしましょう。