キーボードが反応しない場合の対処法。動かない理由を探ろう

最終更新日:2016年3月2日

パソコンを使用することは今や日常となりました。

しかし昨日まで使っていたパソコンのキーボードが突然打てなくなったらどうしますか。

インターネットで原因を調べたくてもキーボードが使えないと検索する文字も打てません。

そんな時の対処法をご紹介します。

1.有線で接続している場合は線を辿る

キーボードが線でパソコンにつながれている場合はまず線を辿ります。

今のキーボードはUSB端子という細長く四角い端子でパソコンに接続されています。

マウスやディスプレイの接続されている普段見ることのないパソコンの裏面を見てキーボードの線がパソコンに刺さっていることを確認しましょう。

キーボードはほこりが溜まるので使い終わった後や、使わない時などは収納するためにキーボードを動かす方も多いもの。

また、使いながら位置を変えたりと意外とキーボードを動かす機会は多いです。

その際に線が抜けることがあるので、まずは線の確認をしましょう。


2.有線の接続を確認したら抜き差しを試す

キーボードがパソコンに線でつながっていることを確認したら、その線を抜き差ししましょう。

一時的にパソコンがキーボードを認識できず、抜き差しをすることでキーボードを再認識することがあります。

キーボードの不具合で一番簡単な対処がこの抜き差しになるので、必ず抜き差しはやりましょう。

無線キーボードの接続も、無線の受信機がUSBで接続されていることが多いので受信機を抜き差しすることが有効です。

注意する点としてUSB端子は表と裏があるので、抜いたらそのまま差し込むことです。

抜いてUSB端子から手を離したりするとクルクルと回転し差し込みの向きが分からなくなることがあります。

抜いたらすぐに差すようにしましょう。


3.無線で接続している場合は電池を確認

タブレット型パソコンやタブレット端末などが多く販売されて、キーボードを無線で接続している人も増えました。

無線の場合は有線での接続と違い線がないので見た目で接続されているか確認することはできません。

今までは使用できていたのに突然使用できなくなったという場合、主に考えられるのが電池切れです。

有線で接続されていない以上、電源が必要になりますので電池は必要不可欠なものです。

しかし無線キーボードを購入した時にはおまけの電池を入れるのですが、そのあとは電池の存在に案外気がつかないもの。

しかもおまけの電池は半年ほどで切れることが多いです。

まずは電池を交換して確認しましょう。


4.接続を見た後は、ランプを確認

有線で接続されていることが確認できたら(無線の場合は電池の確認ができたら)、キーボードの右上付近にあるNumLockボタンそばのランプの点灯を確認します。

NumLockボタンを押すとテンキーを数字として使うか、キーに表示している矢印などの機能として使うかの選択ができます。

ONの場合は数字、OFFの場合は矢印などになります。

その機能のON、OFFをNumLockキーで行いますがON、OFFをランプの点灯で表しているキーボードがほとんどです。

有線だと接続が確認出来て、無線だと電池を交換した後などは、NumLockキーを数回押しランプが点滅するか確認しましょう。

ランプがつけば電源は流れているということなので、ランプが点かなければキーボードの故障が考えられます。


5.キーボードが故障する原因は?

デスクトップ用のキーボードは文字の一つ一つが独立してキーになっています。

キーの間には隙間がありますのでほこりが入ったり、クリップが入り込んだり、一息ついて飲もうとしたコーヒーがこぼれたりと、キーの間に異物が入り込むことも多いです。

キーの中の構造はゴムのようなもので反発するものやバネのような構造でキーが戻る仕組みになっているものなど様々。

中に異物が入り込むと、その構造上のゴムやバネに絡まることでキーが押しても戻らなくなりキーが打てなくなることもあります。

キーボードには異物など入り込まないように注意しましょう。

キーボードが使えなくなった時に解決しよう

キーボードが突然、使えなくなると何もできなくなり困ります。

まずはパソコンに接続しているUSB端子の抜き差しをしてみる。

次に無線の場合は電池を疑ってみる。

そして接続が確認できたらランプを見て通電を確認する。

ここまでやってもダメな場合は他のキーボードを使ってみます。

パソコンにはキーボードを認識するためのドライバと呼ばれるプログラムが入っていますが、そのドライバが不良を起こしキーボードを認識できていない場合があります。

他のキーボードは問題なく接続できた場合はキーボードの故障を疑ってください。

故障の原因としてほこりや汚れ、水濡れなどがありますのでキーボードは日々のメンテナンスも重要です。

快適にパソコンを使用する為にも日々気をつけていきましょう。