気配りができるようになるコツ。気配り上手になろう

最終更新日:2016年5月1日

男性に好きなタイプの女性を尋ねると、容姿以外には多くの場合に気配りや優しさ等、周囲をしっかりと見ている人が挙げられます。

これは男性よりも女性が脳の構造上でも、いくつかの事を同時に行う事に優れている為男性にはできない自分の事をやりながら周囲にも気を配る事ができるからでしょう。

ではそんな気配り上手になる為にはどうすればいいのでしょうか。

1.周囲に興味を持つ

では一体、気配りが上手な女性とは具体的にはどんな人を指すのでしょうか。

例えば仕事で忙しく遅くまで残業している人に温かい飲み物を差し入れする、明らかに忘れているなと思う書類を代わりに提出する、等自分では目がいかない所をさっとサポートしてもらった時こそ「この人は気配り上手だな」と思うはずです。

そんな気配り上手になる為には、まず相手の行動や周囲の行動を良く見る事です。

例えば一緒に働いている同僚を見て「この人は今日は元気がないな」「この人は今日はずっと席をはずしていて忙しそうだな」等、いつもと違う様子が分かれば、栄養ドリンクを差し入れしたり、元気がないけど大丈夫ですかと声をかけたりできますよね。

その為には普段から皆の様子や雰囲気等を何となくで良いので見ておくことが大切です。

つまり、周囲の様子に興味を持つ事です。

自分の仕事さえ終わればさっさと帰りたい、余計な事はしたくないという気持ちも分かりますが、それでは周囲の様子など全く見えない状態になってしまいます。

周囲にどんな人がいて、他の人はどんな仕事をしていて、なぜこの人は今日は機嫌が悪いのか、等何となく興味を持って見ていると、相手の変化に気付くことができその為に相手に自分は何ができるのかを考える事ができます。

それを実行することこそ、気配りです。

まずは周囲を興味を持って見て見ることから始めましょう。


2.人と違うところに目をやる

次に気配り上手になる為に必要なことは、相手が集中していたり目をやっている事以外に目を配る事です。

仕事で忙しい時や何かに集中している時には、周囲の事は見えずにいる場合が多くあります。

例えば自分が集中したい仕事をしている時に「その仕事手伝いましょうか」と声をかけられたとしても、自分一人でやりたかったり他の人の手が入ることでどこまで行ったか分からなくなる事もあるでしょう。

それならば相手が目が配れていない所に目をやることが良いですよね。

この場合ならば、その仕事以外に今日中にやらなければいけないルーチンの仕事や、席も立てない位忙しいのであれば飲み物の差し入れ、代わりに電話を取ったり電話の相手に「今席をはずしている」と伝えて折り返す事を伝えることで本人が手を止めなくても良い状態にすること等です。

食事の場でも同じ事です。

誰かが飲み物を勧めていたり、何が食べたいかを聞いている時に自分も同じ事をしても仕方ないですよね。

それならばおしぼりを配ったり、使用済のお皿を集めて取り換えたりとその人が目が配り切れていない場所にこそ目を配る事が、気配り上手になるこつです。

何をしていいか分からない、という場合も初めはあるかと思いますが、まずは周囲を良く見て、周りの人が集中している所以外に目を配ることがオススメです。


3.前向きにとらえる

周囲の様子や変化に気づいてはいるのに、なかなか行動に移せない人はどこかマイナスに捉えている所があるのかもしれません。

例えば「忙しそうだな。

~しておいてあげようかな」と思いながらも、もしかしたら迷惑かも知れない、余計なお世話かもしれない、とマイナスに考えてしまう事で気付いてはいるのに行動に移せないと言う事です。

その場合には、できるだけ周囲の気を使わない人から気配りを始めて見ましょう。

例えば友人や家族等、自分も気を使わない、また性格を良く知る人になら「~しておいたよ」と言っても、相手が迷惑だと思わない事が分かっているのでお互いに気持ち良く受け入れられるはずです。

そう言った習慣がつけば、気を配ることで相手に喜ばれることが分かり仕事場や知らない人でも自然に声をかける事ができる様になります。

たしかに気配りとお節介は紙一重と言えます。

しかしここで大切な事は、相手に声をかけて断られたりあまり感謝されなくても「声をかける事が気配りの1つ」である事です。

それ以上に何度も「でも~した方が良いですよ」等と自分の意見を押し付けてはお節介になりますが、断られたとしても「じゃあ、又何かあれば声をかけて下さい」と明るく伝えておくことで相手も感謝してくれるでしょう。

気配りをマイナスな事と捉えずに、気軽に声をかける事こそ大切な事です。

気配りができるようになろう

周囲の様子や変化に気づいてはいるのに、なかなか行動に移せない人はどこかマイナスに捉えている所があるのかもしれません。

例えば「忙しそうだな。~しておいてあげようかな」と思いながらも、もしかしたら迷惑かも知れない、余計なお世話かもしれない、とマイナスに考えてしまう事で気付いてはいるのに行動に移せないと言う事です。

その場合には、できるだけ周囲の気を使わない人から気配りを始めて見ましょう。

例えば友人や家族等、自分も気を使わない、また性格を良く知る人になら「~しておいたよ」と言っても、相手が迷惑だと思わない事が分かっているのでお互いに気持ち良く受け入れられるはずです。

そう言った習慣がつけば、気を配ることで相手に喜ばれることが分かり仕事場や知らない人でも自然に声をかける事ができる様になります。

たしかに気配りとお節介は紙一重と言えます。

しかしここで大切な事は、相手に声をかけて断られたりあまり感謝されなくても「声をかける事が気配りの1つ」である事です。

それ以上に何度も「でも~した方が良いですよ」等と自分の意見を押し付けてはお節介になりますが、断られたとしても「じゃあ、又何かあれば声をかけて下さい」と明るく伝えておくことで相手も感謝してくれるでしょう。

気配りをマイナスな事と捉えずに、気軽に声をかける事こそ大切な事です。
参照:気配り上手な人の見習いたい特徴4個