嫌われる覚悟も時には必要な理由とは

最終更新日:2017年5月23日

人間関係というのは難しく、いくらいい顔をしていても、うまくいかなかったりします。

本音でぶつかり合うことで、分かりあうこともできます。

時には嫌われる覚悟が必要な理由を知っていれば、表面だけの付き合いではなく、お互い支え合えるようになるでしょう。

1.自分の生き方を守るためには嫌われても信念を貫き通す

時には嫌われる覚悟が必要な理由は、色々あります。

その中に「自分の生き方」を守るためには、嫌われても信念を貫き通すという理由があり、生き方そのものに関わってくるほど重要です。

誰かに嫌われてしまうと、居心地は悪いし、場合によっては嫌がらせをされることもあります。

そういう状況に陥ることを恐れて、つい人はへらへらと嫌われないように迎合してしまったりします。

しかし、相手の言いなりになってばかりだと、本当は「自分はこう思う」ということを言い出せなくなってしまいます。

それを避けるためには、いくら嫌われてしまっても、決して自分の信念を曲げたりしない覚悟が必要です。

人に嫌われてしまうのは、きっと誰にとっても辛いことです。

しかし、自分の信念を曲げてしまうことはもっと苦しく、自分らしく生きていくことができなくなります。

それを避けるためには、嫌われる覚悟を持って、しっかりと信念を貫き通すようにしましょう。

2.本当に相手のためを思うなら嫌われる覚悟で注意をする

時には嫌われる覚悟が必要な理由の中に、相手をどのくらい思っているかというものがあります、本当に相手のためを思うなら、たとえ嫌われても、間違ったことを指摘してあげるべきです。

相手が間違っている時に、はっきりと「それは違う」と言える人はそれほど多くないでしょう。

相手のミスを指摘したり、悪いことを口に出してしまうと、当然相手は気分を害してしまうことがあります。

そういう時に、つい相手の顔色を見てしまい、間違っていると言い出せないと、結果的にはもっと困ったことが起こるはずです。

「本当に相手に幸せになってほしい」とか「絶対成功してほしい」と思う時には、たとえ嫌われても、はっきりと悪いところを伝えてあげましょう。

もしかしたらそれがきっかけで仲が悪くなってしまうことも考えられますが、結果的には本人が良い方向へ進むことができるようになるからです。

3.「絶対やり遂げるべきこと」があるなら嫌われることを気にしないでやるべきである

時には嫌われる覚悟が必要な理由、それは本当に様々です。

そして「絶対やり遂げるべきこと」があるなら「嫌われても気にしない」というくらいの覚悟をしていないと、達成できないこともあるということを、知っておく必要があります。

何かをやり遂げるためには、ともかく無我夢中で頑張らなくてはならないこともあります。

そんな時は、いちいち周囲の人間の顔色を窺っている暇などなくなります。

ともかくそれを頑張るそう思っていると、もう相手に嫌われようがどう思われようが、どうでもよくなってきて、物事に集中することができるでしょう。

仕事が本当に忙しくて、何とか納期に間に合わせることができそうなら、たとえ恋人としばらく全く会えなくなって嫌われてしまっても、精一杯頑張りたいと思うことでしょう。

周りの同僚や恋人は「どうしてそこまでやるの?」と思ってうんざりされてしまうかもしれませんが、本気でやり遂げたいことがあるなら、ともかくそれに集中しましょう。

4.子供のためには親は嫌われてでもベストを尽くす必要がある

子供がいると、時には嫌われる覚悟が必要となることがあります。

子供は親が思っている以上に、とんでもないことをしでかしてしまいます。

子供を立派に育て上げるためには、心を鬼にして叱ったり注意しなくてはならないのです。

子供というのは、親の思う通りに動いてはくれません。

注意したそばから失敗をしたリ、人に迷惑をかけることもあります。

子供を無事に大人になるまで見守るためには、時には嫌われたとしても、きちんと指導してあげることが必要です。

子供に嫌われたくないばかりに「なあなあ」ですませてしまうと、どうしようもない大人になってしまいます。

子供が本当にかわいいと思うなら、時には嫌われてでも、ベストを尽くして育てていく覚悟が必要です。

5.相手がこちらを軽んじるなら「尊厳」を大切にするために嫌われる覚悟をする

時には嫌われる覚悟が必要な理由の一つに、自分の「尊厳」を大切にするという理由があります。

相手がこちらを軽んじているなら、そんな相手には嫌われてもいいので、毅然とした態度で接する必要があります。

人によっては、自分のことをバカにしてくる人がもいます。

そういう態度を取られてしまうと、何だか卑屈な気持ちになってしまいます。

それなのに、何も言い返さないでいると、どんどん相手は調子に乗ってしまい、ますますひどい態度を取ってくるかもしれません。

相手がこちらを軽んじてくるなら、はっきりと拒否するようにしましょう。

そうしないと、時分自身の尊厳を守ることができなくなります。

そんな人間には嫌われる覚悟を持って、そういう態度は不愉快だということを示すようにしましょう。

嫌われる覚悟を持とう

時には嫌われる覚悟をしていると、何が起きても動じなくなるはずです。

それは、自分の中で大切なものは何かということを、把握することができるからです。

相手の機嫌を損ねることよりも、もっと大事なものがあるのですから、それを守るためにも嫌われることを恐れないようにしてみましょう。