リップクリームの使用期限と適切な管理方法とは

日々の生活最終更新日:2015年1月18日

冬の唇ケアに必需品のリップクリーム。切らしてしまうと心配なグッズのひとつですよね。

ついつい多めに買いだめしてしまったり、一本開封したものをどこかにしまいこんで次の一本を開けたら、以前使っていたものが出てきたり。
まあ、いいやとそのまま放置して、あれこれいつ買ったっけ?なんてこと、ありませんか。
ところで、リップクリームの使用期限とはどれくらいなのでしょうか。

今回はそんなリップクリームの使用期限についてご紹介します。

1.一般的な化粧品の使用期限は製造から三年

化粧品の使用期限は、未開封の状態であれば三年ほど。
保存料が添加されていなかったり、不安定なものは期限が短いのでその旨表記されています。
化粧品は開封したら一年ほどで使い切るのが良いとされています。

何年も経ったものを使い続けると、皮膚トラブルのもと。使用期限は守るべきです。
ちなみに、リップクリームにはたいてい使用期限が書かれていませんが、これは薬事法で、適切な保存条件のもとで三年を超えても品質が変化しなければ期限を明記しなくてよいと定められているためです。

つまり使用期限が示されていなければ、そのリップクリームは作られてから三年はもつ可能性が高いと言えるでしょう。

2.どうしたらリップクリームの製造日がわかるの?

化粧品は製造日を知るのが難しいですが、化粧品ごとに製造番号が記されています。
一番手っ取り早く確実なのは、メーカーに電話やメールをして、製造番号から製造日を教えていただくことです。

ロット番号から製造日が推測できる、という話を聞きますが、ロット番号はメーカーごとに表記の方法が異なります。
市場にはさまざまなメーカーの製品が出回っているので、いちいち調べて推測するよりも、製造者に尋ねるのが確実で安心です。

3.リップクリームの保管、気をつけた方が良いことは?

リップクリームでも、製品に使われている材料により耐えうる温度も異なります。
大体は室温の25度程度には耐えるようには作られていますが、それも製品によりまちまち。

例えば、メントール系の固いリップクリームは多少温度が高くても溶けたりすることは稀ですが、ナチュラル素材で蜜蝋やココナツオイルなどを用いたものなどは温度により溶け出すこともあるので、夏場はなるべく涼しいところに保管しましょう。

持ち歩く際も、陽が当たって温度が上がるバッグの外側よりも、自分よりの内側のポケットなど、温度変化のあまりない場所にしまうのがベター。
まとめ買いして保管するのに冷蔵庫に入れたりする人がいますが、材料によっては低温で変質するものもあるので冷蔵庫で保管は避けた方が良いでしょう。

4.開封したら一年で使い切る。でも、本当にもつの?

リップクリームを使っているうちに、はじめは白かった色味が黄色味を帯びたりした経験はありませんか?
これって腐ってない?と心配になったりしますよね。

臭いをかいでみても、よくわからない。使ってよいか迷う。

一概にも言えませんが、夏場は雑菌の繁殖などで空気に触れている使用面が変質するようです。
これは、唇に塗ったあとティッシュで使用面をふき取る、あるいは清潔な紅筆で必要量をとり、使う、などのひと手間で防ぐことができます。

また、どこかにしまいそのまま放っておいたものも、時間があまり経過していないようならはじめに使用面を少し手などに擦り付けると変質した部分が除けるのでおすすめです。
空気に触れていない面は色も変わっていないので、少し繰り出して表面を削ってから使用するとよいでしょう。
ただし、温度変化の激しい場所や直射日光の当たる場所に長く放置しておいたものは使用するのをおすすめしません。

5.使っていないもう一本が出てきた!期限内に使い切るか分からない時

使いかけのリップが複数本になっちゃった。
そんなこともありますよね。

そんな時、使用期限が一年だと聞いたら、使い切る自信がなくなりませんか。
そういう時は、リップをお化粧直しに転用してみましょう。
実は、リップは目の周りのメイク直しにぴったり。

マスカラが落ちてパンダ目になったり、アイメイク直しはいちいちオイルを塗って、…となかなか面倒。
リップクリームがあれば、さっと塗ってティッシュオフでオーケーです。

液だれしないので、目をあけたままアイメイク落としにも使えます。
その場合、メントール系は落ちはよいものの、少し刺激があるので注意が必要です。
ワセリン系や天然オイル系がメイク落としに適しています。

リップクリームに限らず肌につけるものには使用期限がある

買いだめしたり、いくつも開封してしまったり、ついついたまりがちなリップクリーム。
使用期限があるのなら、安いからと言って適当に扱わずに、きっちり一本を最後まで使い切ってから次のものを購入しましょう。

リップクリームに限らず、肌につけるものは使用期限があることを忘れずに。
期限がきれたものをいつまでも使い続け、トラブルが起きても、自分が損するだけですよ。
温度や開封後の日数経過に気をつけて、つやつやの唇を守りたいですね。

 

    「リップクリームの使用期限と適切な管理方法とは」への感想コメント一覧

  1. 1. はな2018/05/26(土) 14:15

    リップクリームが目の周りのメイク直しに使えるとは考えもつきませんでした。確かに使いやすそうですよね。リップクリームに限らず化粧品の使用期限が3年というのも参考になりました。

  2. 2. nori2018/06/11(月) 10:56

    使用期限について考えたことがありませんでした。これから気を付けて使っていきたいと思います。3年以上たっているものもあるので、保管方法も見直したいと思います。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/06/12(火) 04:34

    直接口につけるものだから雑菌が繁殖するのはその通りだけど、気にした事がなかった。使用期限とかをちゃんと守ってる人って実際少ない気がする。

この記事への感想を書く