メガネをかけると目が小さく見えてしまうのはなぜ?レンズの特徴を知ろう

最終更新日:2016年6月11日

あなたはメガネをかけた時、ご自分の目が実際よりも小さく見えることを気にしていらっしゃいますか?

もしそうであれば、あなたは比較的強めの近視の方ではないでしょうか。

近視が強い=度の強いメガネを使用しなければならない、というのは事実ではあるのですが、ある程度、目が小さく見えるという現象を緩和することは可能です。

1.レンズの特徴について.凸レンズ

メガネを作る際に説明を受けた方も多いかもしれませんが、メガネレンズの基本的な部分をご紹介します。

レンズには大きく凸レンズと凹レンズあります。

凸レンズは虫眼鏡のようなもので、真ん中が膨らんでいて、ものを大きく見せます。

若い頃視力に特別苦労しなかった方が新聞や本を読むための、いわゆる老眼鏡を使用する際に使うのがこの凸レンズです。

そのほか、遠視の方もこの凸レンズで視力の調整を行います。

この場合、少し目が大きく見えます。


2.レンズの特徴について.凹レンズ

凹レンズは前述の凸レンズとは異なり、真ん中が凹んだレンズです。

真ん中が凹んだレンズなのになぜよく見えるのか、そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この形状によって、近視の方にとって一番適したところで見たものが像を結びはっきりとみることができます。


3.なぜ目が小さく見えるのか

上記でお伝えしたように遠視の方は凸レンズ、近視の方は凹レンズを使用します。

つまり、遠視の方が使用する凹レンズの反対で、禁止の方が使用する凸レンズはものを小さく見せる効果を持ちます。

近視が強い方の斜め前から、その方の顔の輪郭を見ると、メガネのレンズを通してみる部分だけが少し他よりも縮んで見えます。

目元が他より中に入り込んだように見えるのです。

これがメガネをかけた時に目が小さく見得る原因と同じものとなります。


3.目が小さく見えないようにするためには

女性の方は特に、目が小さく見える、という事実はあまり歓迎できるものではないかもしれません。

では、メガネをかけてもそそれほど目が小さく見えないようにするための方法はあるのでしょうか。

今現在、レンズの種類は各メーカーさんそれぞれ多様なレンズを取り揃えています。

そして、よりゆがみの少ない、同じ度数の凹レンズであってもカーブが緩やかで今までのレンズより目が小さく見えたりすることのないレンズを開発しようとしています。

ですので、メガネ屋さんで新しくメガネをつくろうという時に、様々なレンズの選択が可能かどうか、というのが焦点になってきます。


4.メガネを作る時に注意すること

一昔前に比べて、メガネ屋さん、それも気軽に入ってフレームをいろいろと自らかけてみることができる、どちらかというとセルフサービスタイプのメガネ屋さんが非常に増えています。

しかし、セルフとはいえメガネをかける方の顔形に合ったフレームの種類やその方に似合ったカラーなどのアドバイスはもちろん受けることができます。

そして日本国内だけでなく海外産のオシャレなブランドフレームを集めたメガネ屋さんではずいぶんと個性的なフレームを選ぶことも可能です。

しかし、一番足を運びやすく、店員さんに気兼ねせずあれこれと自分の好みでフレームを選ぶことができるお店、というのはセットになるレンズが決まっていることがほとんどです。

よく、3,000円、5,000円、8,000円などの値段でセット価格を打ち出しているお店ですね。

近視の方でもそれほど度数の高いレンズが必要でない方は、こういったお店で販売されているレンズでもそれほど厚みが出ることはありません。

そのためさほどゆがみなどの心配がなく、そして目元が小さく見える、という現象もほぼ起こりません。

しかし、度数の強い方が同じようにセットになっている比較的安価なレンズを選ぼうとした場合、店員さんに「こちらの方がより薄く、キレイに仕上がりますよ」といった提案を受けたことはありませんか?もちろん、その分追加の値段が発生してしまうのですが。

もしそのような経験があれば、あなたはいい店員さんに当たった、と言っていいでしょう。

度数が上がれば、厚みが出るのはもちろん、それにより視界のゆがみも発生してしまうからです。

そして、この厚みとゆがみが目を小さく見せてしまう原因となります。

もし、実用性重視でメガネを作るのであれば、どういった用途に使うのか(例えば、主に運転用など)をメガネ屋さんの店員の方に伝えましょう。

もし、ファッション性を高めたい、あまり目が小さく見えないようなメガネを作りたい、とお伝えすればその希望に合わせたレンズがどのようなものか、またある程度経験がある方ならメガネの淵野レンズの厚みはだいたい何ミリになります、といった計算もその場ですぐに行ってくれるはずです。

メガネで目が小さく見えてしまう原因はレンズにある

近視が強い方にとってはメガネによって「目が小さく見える」というのは当人しかわからない、しかし深刻な悩みでもあります。

華やかなフレーム、個性的なフレームでメガネのファッション性を強調し、目の大きさから他人の目をそらすことも可能です。

また、コンタクトレンズも多様になり、ケアが不要で使いやすいワンデータイプも種類が豊富になってきています。

特別な機会にはこのようなコンタクトを利用する、ということを考えてみるのも一つの策ではないでしょうか。

自分は視力があまりよくないからと諦める必要はありません。