見返りを求めない様にする方法。価値ある行動をしよう

最終更新日:2015年12月29日

人は誰かに何かをした時に、無意識の内に見返りを求めていることがありますよね。

何かをしたら自分に帰ってくるからという考えは、あまり期待しすぎると自分が辛い思いをすることもあります。

見返りを求めないようにする方法とはどういったものがあるのでしょうか。

1.自分の価値を高める

誰かに何かをすれば、その人にとってはとても感謝されたり、または何も感じないで当たり前のように捉えられることもあるでしょう。

自分が何かをしたからといって、必ずしも他の誰かが感謝してくれるとは限りませんし、それが嬉しいと思っているとは限りません。

それは自分自身が納得をしてやった行動なので、相手の気持ちとは関係ないからです。

相手にどう思われようとも自分がした行動は、自分自身も納得しているはずですし、満足もできることでしょう。

そしていつしかしてもらったことを感謝されるかもしれません。

それが今なのか、後日なのかは分かりませんが、少なくともあなたがしてくれた行動は、心のどこかに残っているはずです。

人は自分が何かをしたことは覚えていても、されたことはあまり記憶に残っていないことが多いものです。

しかしふとした瞬間に思い出されることもありますし、その時に感謝されるでしょう。

自分自身の価値を高めることは、人に認められたいと願うことも大切ですが、人から自然と感謝されることが重要です。


2.自分の好意でやっていると認識する

人に何かをすることは、全てが自分の意思でやっている行動です。

もし誰かに言われたとしても、最終的には自分自身で決断をして行動しているので、自分の意思で決めているのです。

自分の意思で行動しているので、好意をもってやっていると考えられます。

好きでやっている行動に対して見返るを求めるということはないでしょう。

もし自分が誰かに何かをされた時に、感謝の気持ちを持ちますが、それ以外には何もしないことが多いでしょう。

見返りとは感謝の言葉がもらえればいいと思っている人も多いですが、それ以上のものを要求することが多いです。

自分がこれだけやったのに、言葉だけという考えにならないようにしなければなりません。

自分自身で決断した行動なので、相手には何も求めないようにしましょう。

3.自分の心が満たされると考える

人に何かをした時に、自分の心が満たされることがあります。

やって良かったと思えることが、自分の心が満たされるということでしょう。

感謝されたり見返りを求めてやっているのではなく、自分がしてあげたいと思った行動なのでそれは自分自身が納得すればいいのです。

もしその場面でやるかやらないかを考えた時に、やらない方法を選んだとしたら後で後悔するかもしれません。

見返りがないから止めようと思うかもしれませんが、それも一つの考え方です。

しかりその時に自分の気持ちに素直になって、自分から率先してやることで自分の心が満たされるでしょう。

後でなんでやらなかったのかと後悔するよりも、やってみて自分の気持ちが満たされたほうが自分のためにもなります。

相手のためにしたことが、結果として自分の心を満たすことにも繋がるのです。


4.自分がされた親切に恩返しと考える

人は持ちつ持たれつという言葉がありますが、一人では生きてはいけないものです。

そして過去には自分自身も多くの人からたくさん支えてもらったり、親切を受けたことがあるでしょう。

その中には自分が忘れていることもあるでしょうし、気づかなかったものも当然あるはずです。

それでもそれぞれの人生を歩むことで、だんだんと成長して自然と他人に優しくなれるようにもなります。

過去に自分が受けた親切はもう返すことができませんが、その代わりに未来へ自分に関わった人に対して親切をすることで恩返しすることができます。

誰かに何かをしたから見返りを求めるのではなく、今まで受けた親切をこれから恩返ししていくという考え方です。

5.いずれは返ってくると思う

人に親切にすることは自分の心を満たすことにもなりますし、スッキリするでしょう。

人に見返りを求めたとしてもその親切が本当にその人にとって良かったかは分かりません。

自分自身が勝手に良いことをしたと思っている独りよがりかもしれません。

それでも自分は人のために何かをしたという気持ちは、自分の心を満たすのには充分なことでしょう。

その行いはいつしか誰かが見ていてくれるものです。

親切にされた相手が覚えていてくれるのか、それを見た人があなたのことを素敵だと思ったのか分かりませんが、いずれにしてもあなたの価値は上がるでしょう。

そしていつしか自分が困った時にはその人たちが助けてくれるかもしれません。

それは自分が助けを望まなくても、自然と手を差し伸べてくれる人のことです。

自分が何かをしたからといってすぐに見返りを求めなくても、その行いや行動は誰かが覚えていてくれるものですし、いずれは自分に帰ってくると思っていれば誰にでも見返りを求めないで接することができるでしょう。

人に見返りを求めない様になろう

人に見返りを求めないということは、その人のことを心から助けたいと思っているか、自分の心を満たすためにすることでしょう。

後で後悔するよりも自分の心に従ってした行動は、人の見返りを求めるよりも自分の気持ちに正直になることが大切です。

それでもいずれは自分に見返りが返ってくると思っていれば、誰に対しても見返りを求めることなく自分の徳を積むために行動していきましょう。