モテないのにモテるための努力もしない人の心理とは

最終更新日:2017年6月3日

モテない人は何とか努力してモテたいと思うものですが、モテるための努力をしない人もいます。

努力するからこそモテる可能性も出てくるのに、なぜ努力しようとしないのでしょうか。

そこでモテなくてモテるための努力もしない人の心理についてご紹介します。

1.初めから諦めている

モテないのにモテるための努力をしない人の心理としては、初めからモテることができないと諦めているのです。

モテる人は元々のスペックが良いので、何もしなくてもモテると思っています。

自分がモテないのはスペックが悪いので、いくら努力してもモテないと思い込んでいるのです。

モテるためには努力することは大切ですし、何もしなければいくらスペックが良くてもモテません。

いくら頑張ってモテる努力をしても、結局はスペックの良い人には敵わないと初めから諦めているのです。

結局は素材が良い人がモテると思っているので、自分を見て自己嫌悪に陥ってしまうことで、努力をしても無駄だという心理が働いてしまいます。

2.どこから手をつければいいか分からない

モテなくてモテるための努力もしない人は、モテたいという心理はあるのにどこから手を付ければいいか分からないのです。

モテるためにはいろいろな部分で努力しなければなりませんが、自分はどこから手を付ければいいのか分からないので、結局は何もできないという状態になります。

スタイルや見た目の雰囲気が良いだけではなく、性格が良ければモテますし、ファッションセンスも磨かなければなりません。

モテる人はすべてを同時進行で自分磨きができますが、モテない人は初めのきっかけをどこからやればいいかも分からないのです。

スタイルを良くするにはダイエットや筋トレなどの運動は必須ですが、成果が出るまでは長い年月が掛かります。

自分に自信がないのですぐにでも効果が出ないと諦めてしまい、結果として元の状態に戻ってしまうことが多いです。

人からアドバイスを受けて頑張ればできますが、自分一人では何をすればいいか分からないと開き直ってしまいます。

3.こんな自分を気に入ってくれる人がいると思っている

自分の理想的な体型を維持するのは、結局は他の人から素敵だと思われやすい体形だと思っています。

自分が例え理想的な体型ではなくかなり太っていても、これが自分の本来の姿だと自分に言い聞かせています。

こんな自分を素敵だと思ってくれる人が必ず現れると思っているので、モテる努力はしなくても大丈夫だという心理が働くのです。

確かに人によっては自分の好みの体型がありますが、万人受けするのは健康的な体をしている人でしょう。

どんな体型であれありのままの自分を受け入れてくれる人が現れると信じているので、無理にダイエットをしようとも思いません。

自分に嘘をついて無理をしてダイエットしても、結局は本来の自分の姿ではないので罪悪感を抱くようにもなります。

本当の自分の姿はこれなんだと自分自身にも言い聞かせて、モテる努力も何もしないでいつか現れる人を待ち続けています。

4.自分に甘いので努力できない

モテなくてモテるための努力もしない人の心理としては、自分に厳しくすることができないので諦めてしまいます。

モテるために自分が思い描く理想的な体型になりたいと思えば、努力すればなることができます。

しかし自分に甘い人はちょっとくらいなら大丈夫だろうという気持ちがあるので、自分に厳しくすることができません。

結果として理想的な体型にもなれませんし、自分なりに頑張ったと納得してしまいます。

モテるためには相当な努力が必要ですし、かなり厳しく自分を戒めることも必要でしょう。

しかしいくら自分に厳しくしてもどうせ結果は同じだという甘えた考えが頭にチラつき、最後まで自分に厳しくモテるための努力を続けることができません。

5.現実逃避をしてしまう

モテないのでモテるための努力をしたいのに、結局は努力しても無駄だと初めから諦めてしまうことで現実逃避をしてしまいます。

モテる努力をしない人の心理としては、現実ではモテないのを知っているので、自分がモテる場所を求めたいという心理が働きます。

現実逃避をすることによって、自分が主役でいられる場所を探しています。

男性ならばアニメの世界で可愛らしいヒロインと一緒にいることができますし、女性もアニメのキャストに恋をすることができます。

自分がお気に入りの相手といられることが幸せだと感じ、自分がモテているという感覚を味わうことができます。

そのためモテない人がモテるための努力をしないで、アニメなどの世界観に入り込んでしまうことはよくあります。

また自分の妄想の中ではモテているので、自分の思い通りになる妄想の世界が好きになり現実逃避をしてしまいます。

モテるための努力をしない人の心理を知ろう

モテたくてモテるための努力をしたいとは思っているのに、現実ではなかなか結果が出ないことで余計焦ってしまいます。

ちょっと何かを頑張っただけでモテることはないので、普段からの努力の積み重ねが大切です。

気持ち的にはモテたいという思いが強いのに、そこまで努力しているとは思えないことが多いので、気持ちと行動が噛み合っていないことが多くなります。