整形顔かどうか見極める方法。女性の目や鼻が整形かを確認しよう

最終更新日:2016年3月26日

なんだか顔が急に変わったような…そんな人が身のまわりにいませんか?

自然には見えていても、整形ではないのかなと気にはなります。

やはり、はっきり見分けたくなりますよね。

女性の顔が整形かどうかを見分けるコツはあるのでしょうか。

1.蒙古ひだがあるのにくっきり二重

蒙古ひだとは目頭のピンクの肉部分を覆うひだのことをいいます。

黄色人種のみに見られる特徴なのですが、これがある方は一重あるいは奥二重のことが多いのです。

また、日本人など黄色人種の二重は、目頭部分から自然に目尻へと広がっていく形となっていますね。

目と並行に二重のラインがある場合は、整形の確率が高いでしょう。

失敗例としては目頭のほうが広いなんてこともあるほどです。

目尻は自然になじんでいる二重整形も、目頭をチェックしてみると不自然なことが多いのではないでしょうか。

泣いてしまったり二日酔いしてしまったりして、まぶたが腫れているのに、二重のラインが残るといった失敗も起こりやすいです。


2.筋肉の動きに表情がついていかない

整形していると、顔の筋肉を動かしても、自然に表情がついて行かないのです。

「整形していると、目が笑っていない」なんて言われますが、表情が乏しくなってしまっていることも多いですね。

ハリウッド女優でも、動かないおでこがコワイ、なんていわれてしまうこともあります。

また、二重のラインが筋肉や脂肪のラインとかけ離れてしまっているケースも整形の可能性が高いでしょう。

二重のラインがガタガタしている、目の上の脂肪はたっぷりなのに二重のラインはくっきりしたまま、などは整形を疑ってしまうケースの代表的なものでしょう。

目を閉じた時に二重のラインが残ったままというのも、整形をよく疑われますね。

伏し目がちにしている時に、あごを上げると分かりやすいともいわれています。

ただし自然な二重の方も、うっすらとラインが残ることもあるので、この場合は100%整形と断定できないこともあります。


3.鼻の穴が不自然

鼻をプロテーゼなどで整形している人は、本人は自然なつもりでも、鼻の穴の形があり得ないものになっていることが多いです。

鼻筋を通すことや、鼻の高さ自体に気持ちが向くために「呼吸は大丈夫?」と不安になるような鼻の穴に仕上がっていることがありますね。

また目と目の間の骨から高い場合も、整形かもしれません。

よく言われる不自然な場所から鼻が生えているような状態です。

これは、横顔になった時などにはっきりとわかるでしょう。

通常日本人の鼻は、段差なく鼻のてっぺんまでラインを作ります。

ナチュラルでない急カーブを描いている場合などは、何かが入っていることが疑われますね。

鼻はメンテナンスが必要になるパーツなので、整形なら時々ラインが変わっている可能性があります。


4.通常あるべき鼻のへこみがない

小鼻部分と頬の境目には通常へこみのようなものがあります。

整形した鼻は、このへこみがないあるいはバランスがおかしいケースが多いのです。

鼻を整形する時のシリコンは、鼻の上の部分を切開して入れます。

シリコンを入れることで、自然な鼻から頬へのラインは崩れてしまうことが多いのです。

またシリコンは鼻筋をキレイに見せることに特化しています。

自然な鼻の凹凸感を一切無視したラインとなるため、鼻の整形をしていると付けた鼻のような印象を抱かれてしまうことがあります。

鼻筋だけが、細く高すぎる場合は、やはり整形が多いに疑われるでしょう。


5.アンバランスな違和感やツッパリ感

年齢がわかっている女性なら、それに比べてシワが少なすぎる場合なども、整形が疑わしいでしょう。

年の割にはつやつやしているという場合と、整形の不自然な肌の仕上がりは、やはり見ると分かってしまうことが多いのです。

ただ、メスを入れた整形ではなく、ボトックス注射などのプチ整形という場合もあります。

芸能人が整形だと分かってしまうのも、はっきりと根拠がなくても違和感やアンバランスさが理由となっていることも多いですよね。

メイクとはまた違う、引っ張っている不自然さを感じたら、整形であります。

女性の場合は、シワの整形のために皮膚をひっぱった場合の傷なども、髪などによって隠しやすいのです。

ただ、切って塗っている傷は完璧にはなくなりません。


6.あごのラインがなめらかすぎる

欧米人の中では、とがったあごの女性も珍しくありません。

しかし日本では、あご先が細いフェイスラインというのはやはり少ないです。

整形する人は、あごと同時にエラのラインも整えることが多く、このラインが不自然なほどつるんとなめらかなことがありますね。

斜め横から見た時に、程度の差はあれエラの出っ張った部分は誰でもあるはずです。

これがまったくない、カーブであご先まで進んでいる時は、やはり怪しい…ということになるでしょう。

また、あごも横から見ると不自然な仕上がりのことが多いです。

あご先から首までのラインが、尋常でないならこれも整形の確率が高いでしょう。

整形かどうかを見極めよう

顔の悩みを解決するのが整形です。

ですが整形した本人は誰にも気づかれていないと自信を持っていても、周りはみんなわかっているといったこともありますよね。

バレバレでは悩みの解決にはなっていないのでは?と疑ってしまいます。

また過剰に人工的な雰囲気は、見る人に不安な気持ちを抱かせてしまうかもしれません。

キレイになるための整形ですが「ここまでならOK」という暗黙の了解があるのではないでしょうか。