生理中のだるさを改善する方法。あの生理中のだるさを解消しよう

最終更新日:2016年7月16日

生理中にだるさのせいで、家事や仕事ができなくなったり、イライラしてしまったり、生理中のだるさは女性の大きな悩みですよね。

毎月の生理のだるさを解消する方法を知り、生理期間中も楽しく快適に過ごしましょう。

1.ストレッチやセルフマッサージを行う

生理中のお腹の痛み、眠気の他に辛いのがだるさですよね。

生理中の体は基礎代謝が低下したり、むくみやすくなったりして、体がだるくなってしまいます。

特に生理中は下半身のむくみが酷く気持ち悪い、という女性も多いことでしょう。

むくみを解消し、体の中の余分な水分を体の外に出してあげることで、だるさは多少解消できます。

そのためにはストレッチやセルフマッサージをしましょう。

痛みのある個所は無理伸ばさなくても、ボディクリームをつけて、さするようにします。

足を重点的につま先から足の付け根に向かってマッサージをします。

そのあとに、屈伸や開脚などのストレッチを丁寧に行っていきます。

生理中だけでなく、できれば生理になる1週間前からストレッチやマッサージを始めておくと、よりだるさが軽減できるはずです。


2.大豆製品や野菜をたくさん食べる

生理中は甘い物が食べたくなり、お菓子を食べてしまう人も多いでしょう。

けれど生理中のだるさを解消するためには、ホルモンバランスを整えてくれる大豆製品や野菜を摂取するようにしましょう。

大豆製品には女性ホルモンに似た働きをするイソフランボン成分が含まれています。

納豆、大豆をいれたサラダ、豆腐、豆乳飲料など好きなものを食生活に取り入れましょう。

また野菜にはビタミンや食物繊維が多く含まれていて、体が元気になり、胃腸の調子もよくなり、快適な体を作ってくれます。

食事には生理中だけでなく生理前から気を配りましょう。

普段の健康的な食生活が生理中のだるさを解消してくれるはずです。


3.入浴で体を温める

生理中のだるさは、体の血の循環が悪いために起こってしまいます。

血液が子宮に集中してしまいます。

体がだるく感じたら、体を温め血の循環が良くなるようにしましょう。

オススメなのは手軽にできる入浴です。

普段はシャワーで済ませている人も、生理中は入浴時間を確保するようにしましょう。

体を芯から温めるためには30分~1時間の半身浴も効果的です。

リラックスできる香りの入浴剤をお風呂に入れたり、アロマキャンドルを焚いたりしながら、入浴すれば生理の辛さも忘れられるはずです。

それから、入浴中に体を軽くマッサージすると、生理中のだるさ以外にも痛みも軽減でき一石二鳥です。


4.カフェインレスのハーブティーを飲む

実は、生理中にカフェインを取りすぎると体を冷やしてしまい、だるさを酷くしてしまいます。

カフェインが含まれている飲み物は、コーヒー、紅茶、緑茶以外にも、エナジードリンクなどいろいろあります。

とくに普段眠気覚ましに何杯もコーヒーを飲んでいる人は、そのせいで生理中のだるさを感じている可能性があります。

生理中のだるさを解消するためには、カフェインレスのハーブティーを飲みましょう。

オススメなのは、ビタミンが豊富に含まれ美容効果の高いローズヒップティーやミネラルが多く含まれるルイボスティーです。

どちらも温かくして飲めば、体も温まります。

生理中は会社にもハーブティーを常備しておけば、カフェインの含まれた飲み物に頼る必要もありません。

普段の飲み物を変えれば、生理中のだるさも解消できるはずです。


5.鉄分を補給する

生理中に不可欠な栄養素は鉄分です。

十分に鉄分を補給すると生理中のだるさやめまい、貧血が改善できます。

鉄分は、プラム、しじみ、あさり、レバー、赤身肉などです。

食事に上手く取り入れるためには、プラムはヨーグルトに入れて食べたり、あさりやしじみを使ったお味噌汁を作ったり、工夫しましょう。

ただ料理が苦手だったり、外食ではなかなか鉄分豊富な食材を食べられなかったりしますよね。

そんなときは、鉄分が豊富に含まれたドリンクやサプリメントを飲み鉄分補給をしましょう。

生理2~3日前から生理3日目あたりまでは意識して鉄分を摂りたいですね。


6.ピルを飲む

何をしても生理のだるさが改善しない、市販の生理薬にも頼っているのに治らない、そう悩んでいる女性も多いでしょう。

生理中のだるさには個人差があります。

そしてだるさが治らないために、市販の薬を飲みすぎたり、外出中にだるさで動けなくなったりしたら危険です。

そんな風にならないためには婦人科を受診し、ピルを処方してもらうようにするのもオススメです。

ピルには生理痛やだるさを改善する効果があり、体に合えば生理期間も快適に乗り切ることができます。

毎日ピルを忘れずに飲むのは面倒かもしれませんが、慣れてくればまったく苦にならないはずです。

生理中のだるさを解消しよう

生理中のだるさを解消する方法は、食生活に気を使ったり、適度に体を動かし体を温めたりすることが大切です。

また必要な時は鉄分補給やピルを飲むなどして、だるさを解決しましょう。

生理中のだるさが解消できれば、生理が来ても普段と変わらない生活ができるようになるはずです。

あきらめずに解決策を試してみましょう。